gengeng

パワーレンジャーのgengengのレビュー・感想・評価

パワーレンジャー(2017年製作の映画)
3.5
例えば「クソカッコよくて滾るアクションとド派手な演出だけ」の映画があったら最高!!と自分は思うんですけど、それだけじゃ物足りないっていうのが普通で、当然ストーリーやドラマとか背景を求めると思うんです。だからどんな映画にも起承転結ドラマがある。が、この「ドラマはマスト」って風潮(?)が足引っ張っちゃって、アクションはいいんだけどストーリーがね〜とか言われちゃう映画もあったりして。極端なこと言うと、下手にドラマドラマするよりぶっ飛んで支離滅裂な方がいっそ清々しいと思っている。

で、何がパワーレンジャー繋がるんだって話ですが。パワーレンジャーみたいなビッグタイトルにはもちろんドラマ要素が入っている。入っているんだけど、これが取って付けたような物になっていなくて無駄がない!!という話。

パワーレンジャー、映画の後半開始辺りまで変身しない。ヒーローものなのに、ヒーローになれるのは終盤になってから。だけどその演出が良い。変身しないんじゃなくて、できないのである。その「変身できない理由」をドラマチックに見せている。変身できなきゃ、話が進まないよね、ならば思い切り丁寧に描いても問題ないし、なんならそれがドラマだしっていう、良いことづくめ。ドラマ要素は欠かせないけど単なる上乗せにはせず、作品の必然性にしてしまった、このミニマルさ。

ドラマを十分見せたら、あとは思う存分ド派手で滾るアクションをぶっ放せばTHE ENDってことよ。午前中に家の掃除をし終わった休日みたいなな自由さを持ってる。

黒人のやつが最高のキャラクターすぎて永久に存在してほしい。