パワーレンジャーのネタバレレビュー・内容・結末 - 15ページ目

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

「パワーレンジャー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

日本の「スーパー戦隊シリーズ」を元に海外で展開される「パワーレンジャーシリーズ」。それを更に元にした新しい映画版「パワーレンジャー」ということでどんな感じになるのか楽しみにしつつ鑑賞。

印象としてはスーパー戦隊シリーズというよりはアメコミヒーロー+トランスフォーマーといった感じ。メインの5人が力を手に入れてその力を楽しむ辺りまでは丁寧に描かれていて楽しめたけど、その後の訓練や実戦に関しては雑な部分(妙に駆け足気味に感じたりとか)が多かった印象。唐突な場面転換(心情の変化があっさりだったり)や無駄な行動(リタが目的のクリスタルの場所を知った後でまたパワーレンジャーの基地?に向かっていったり)があったり、肝心のパワーレンジャーに変身しての戦闘もあまり描かれず、どちらかというとロボット対決がメインだったりと、見せ所も微妙だったり。なので評価としては正直高くはつけられない。

ただ序盤から中盤までの力を手に入れて楽しむ場面と、基地を発見する辺りのワクワク感、それに各キャラクターには好感を持てて心から楽しめたので、好みな場面も多くてなかなか良かった。特に崖から飛び降りるシーンのカメラワークがエキサイティングで素晴らしかったのと、メインキャラの1人であるトリニーがとても可愛いくて好き。
とても楽しかった!でかくて悪い敵!でかいロボット!かっこいい戦闘!
今回は危機は世界レベルだけど戦い自体は一つの街で収まっていて続編フラグもビンビンで次回も楽しみ!

ただ普段からニチアサどっぷりなのでスタイリッシュさが逆に寂しかった…。
マスクはずっとつけてて欲しかったしもっとゴーゴーパワーレンジャーのテーマみたいな曲も欲しかった…。
あとオモチャみたいな武器とか五人揃って見得を切るとか五人揃ったコクピットで必殺技の掛け声〜みたいな、いかにも子供向けな「お約束」感が薄くて(仕方ないけど)寂しかった…アベンジャーズ的な映画の戦隊フレーバー版的な印象?

(追記)
「パワーレンジャー第1話」だと思えば物足りなさも納得いくかも
こんにちは✨😃❗
ここ数ヶ月お母さんから借金しまくりの
金欠だったローンレンジャー状態も今や過去の話。
ついに私は大富豪の力持ちの賢者になりました!
パワーケンジャーに昇格したんです!!

だから、もうそろそろ大人にならないといけません
オカマちゃん達が結束して戦隊を組んだら
カマーレンジャーになるとか、
そういうフザケタ事も書かないよう気をつけます!
だからこれをレビューします😌💖

アメリカンティーン物の雰囲気で軽いノリでした。
本作の絶賛評はそう多くないでしょうが
軽く見るには丁度よい出来ばえで憎めない映画😌

最初は好きになれなかった5人の登場人物も
見終わったときには大好きに変わってました💖

この映画を簡単に例えるならば
サマージャンボ宝くじを購入して
夏に神社で願掛けしサマージンジャ状態になったら
炭酸がきいたサワージンジャーを飲み干す!
それが、このパワーレンジャーだと思います!
もっと頭を空っぽにして観られる映画になってれば良かったのに。
前半の平凡なティーンエイジャーが特別な力に目覚める展開の描写は面白かった。既に指摘があったけど、ライミ版の『スパイダーマン』みたいでワクワクした。後半の力と力が正面からぶつかる真昼の決戦シーンはまずまず。もっと『パシフィック・リム』みたいにスケール感を感じさせて欲しかった。例外的に、テーマソングが流れる展開だけ異常に最高で最大瞬間風速をマーク。ここはマジで最高だった。問題は人間ドラマの部分で、私生活や学校生活に問題を抱えた男女5人がお互いに心を許し合いつつ、巨大な敵に立ち向かう構図は『ブレックファストクラブ』×スーパーヒーロー映画な感じで新しいかもと思って観てたけど、やっぱり本家には見劣りする。そもそも、スーパー戦隊ものの肝はいかにばらばらでそれぞれ全く違う個性を持った5人を用意できるかって所じゃないかと思う。その点、人種、片親やセクシャルマイノリティーっていう設定がこの映画では個性にあたる部分の要素として大きく描かれていた。それが個性じゃないと言いたいわけじゃないけど、この手の映画でそのバカバカしさに欠けたナイーブな設定は場違いとしか言いようがない。そんな感じで乗りたいのになんだか乗り切れないまま終わってしまった印象だ。ただ、乗りたいと思わせてくれたのも事実なので、2作目が作られるなら観たいと思う。
たいして面白くなかったです。
多分特撮の楽しみ方がわかる人なら楽しめるのかな。
スパイダーマンとトランスフォーマーの無難な箇所をつまんでる感じ?笑
子供の頃に見てたものが実写でしかもCGで、めちゃくちゃかっこよかった。やっぱりこの手の映画はコメディー要素があるからこそもっと楽しめるというか、時たまマーベルを対抗するようなセリフも出てきてものすごく楽しめました。しかし、11日を2時間弱に詰め込むのはものすごく無理があるんじゃないかなって思ったけど、結果オーライで楽しい映画でした。
ジャパンプレミアにて、字幕版を鑑賞しました。
大人になってからは久しく触れていなかった戦隊モノ。予想以上のスケールで迫力満点なのはハリウッド映画ならではだと実感しました。戦隊モノがマニアなレベルでお好きな方にはもしかしたら少々思う部分もあるのかもしれませんが、どなたにでも何かしら心に響くのでは?と思います。個人的には、吹替版で日本語ならではのよさも感じられるのではないかと楽しみです。
テレビサイズ同様、オチとしてはあまり膨らませることなくただ大団円で、問題解決してさくっと終わってしまったことが若干悔やまれますが、中盤の互いの絆を深めるシーンは、大人社会においても心の内を吐露する大切さを気づかせられ、非常に胸を打たれました。洋画ですが、ユーモアも多く、戦隊モノが好きな日本のお子さんも楽しめる作品だと思います。
総制作費120億円かかってるだけあって映像美と迫力はすごかった!
ストーリーはやはり戦隊モノという感じですが、アメリカのテイストが入っていてよかったです
クロニクルを彷彿させる力を手に入れた時の
演出。パワーレンジャーの導入を描きたかったのか変身までに時間をかけているため退屈な時間が続く。変身後もキメがなく、つまらなくなはないが絶賛はできない。追加戦士が出る次回作に期待したい。

戦闘中の音楽、ギャグをマーベルから学んで次回作よろしくお願いします。
試写会にて鑑賞してきました。ヒーロー映画が好きなので、楽しみにしていました。しかし、期待しすぎてしまったのか、あまり面白いと感じませんでしたし、途中で飽きてしまいました。ただ終盤は話の進みが早かったので、あっさりとしていた気がします。ヒーロー物は正義が勝ち、悪が滅びるという大半がこのお決まりのパターンです。結末が推測できてしまう分、物語の中盤でも楽しませて欲しかったなと感じています。