パワーレンジャーの作品情報・感想・評価

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

misuzu

misuzuの感想・評価

3.5
私もニチアサの戦隊ヒーローを観て育った1人なので、戦闘シーンでは観ていて懐かしさを覚えました。
ゴーゴー!パワーレンジャー!という「わかっている」テーマソングもとても好き!
戦闘シーンまでは確かに長いけれど、5人の個性がしっかり描かれ、青春ドラマとしても楽しめました。
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/7/17鑑賞。エンジェル・グローブに住む学生のジェイソンら5人は、山で発見した不思議なコインによって超人的な能力を手に入れ、新たなパワーレンジャーに任命される。戸惑う彼らの前に、地球を滅ぼすべく悪の戦士リタが復活し…という話。確かにアクションパートは短いですが、初めから続編ありきの作品なので、導入部はこれくらいしっかりやった方が良いと思います。ただそれ故に「対象:子供」からは外れてしまい、中高学年以上でないと面白くないかと。向こう産なので仕方無いですが、どうしても自閉症やLGBTを無理矢理絡めて来るのは減点。 75点。
アメリカでトレーラーがリリースされてから
待ちに待ちまくって、
日本公開後楽しみに劇場で鑑賞した作品。

評価は国内外でもイマイチ?
なようなんですが、
私はもうめっちゃくちゃ楽しめました!

子供のとき、戦隊物が大好きだった人は
きっと楽しめると思います。
仲間を思いやる気持ちとか
強大な敵に立ち向かう勇気に胸熱です!

やはりハリウッド!日本の戦隊物との
圧倒的な予算の違いを見せ付けてくれます!
アクションがド派手!
敵がいっぱい出てくる!
五人の高校生がレンジャーなわけなんですが、
いかにもアメリカって感じで
スター選手がいたり、オタクがいたり
なじめない転校生がいたり・・・
よくある組み合わせです。

あと良かったのが敵役を演じた
エリザベス・バンクスです。
この人がもう「わっかりやすい悪役」を
見事に演じています。
ちっちゃい子供たちが街中で彼女を
見かけたら小石投げつけられそうな・・・。

戦隊物なんて今さら・・・
と思う大人でも大迫力なので
アクションは申し分なく堪能できると
思います。
ShunArai

ShunAraiの感想・評価

3.5
バトルシーンはなかなか見ものだった。
Ken

Kenの感想・評価

3.3
画的に面白いシーンはいくつかあったものの、キャラ描写が弱いので共感しづらいストーリー。悪役の設定にもう少し捻りが欲しいところだが、戦隊モノにはこの軽さがちょうど良いのかもしれない。
★ クリスピー・クリームの前で君と握手!

いわゆる逆輸入版スーパーヒーロー。
大元となる日曜朝の番組も低年齢層向けですし、本作についても芳しくない評判を耳にしていたので、期待値低目で臨んだのですが…え?けっこう面白いですよ。

これはヒーロー映画の皮をかぶった青春の物語。大人と子供の真ん中の年頃…つまり、足元が不安定な思春期を見事に切り取り、暗いトンネルから抜け出る様を描いた作品なのです。

だから、物語の大半は特訓などに費やします。
確かに我が身を振り返ってみれば、大人になることは簡単ではなく(というか未だに自信がありません)。青春の苦悩を真正面に据えれば、爽快な場面が減るのも当然の話。しかも、心情描写だけは戦隊モノのフォーマットに沿って“淡泊”なのです。

また、アクション映画として考えても。
夜の戦闘場面は状況を把握しづらいし、その他の演出もあっさり気味(戦隊モノ恒例の名乗り場面が無いのはファンからすると微妙なところ)。他のヒーロー映画と比べると物足りなく感じることでしょう。

しかし、それらは本質ではなく。
手を伸ばした先にいる仲間。
そして、自分たちが住む世界を守ること。
それさえ見誤ることなく捉えれば、血が滾る物語に“変身”するのです。

まあ、そんなわけで。
対象年齢が日本とアメリカでは違うからか、中途半端な立ち位置を求められる物語。大人の包容力を発揮しながら、自分の中に棲む“子供心”に寄り添うことが出来れば…楽しめると思います。

僭越ながら僕は大いに楽しめたので、かなり本気で続編を希望しているのですが…巷の評判は悪いので無理なのでしょうかね…。本作は「序章」だったので、次回こそが本番なのですけども。

やはり、ここはプロデューサーに宇都宮さん、脚本は小林康子さん…という黄金コンビを抜擢し、立て直してもらいたいところ。何しろ二人が手掛けた『トッキュウジャー』と『シンケンジャー』は大人が観ても十二分に楽しめる傑作ですからね!
akn

aknの感想・評価

3.0
ゴレンジャーの流れを
忠実にしてあって
あーあるある!って言いながら
楽しめました!
CPUの熱

CPUの熱の感想・評価

3.8
日本の戦隊ヒーローをコンセプトとした映画でした。メインの戦闘シーンはほぼロボでの戦いとなっていてやっと変身できたのに...と少し残念な感じがしました。作品のコンセプトはとても面白いので次回作にも期待。
感想川柳「戦隊もの 必殺技で 締めて欲しい」

レンタル店でパッケージ借りでした。。φ(..)

紀元前の地球。世界の運命を決める戦いが起こり、地球はある5人の戦士によって危機を脱した。そして現代、小さな町“エンジェル・グローブ”に暮らす5人の平凡な高校生たちは、運命に導かれるように出会い、驚異的な力を身に付ける。やがて彼らは、地球に迫る脅威に立ち向かうことになるのだった…というお話。

いわゆる日本の『戦隊もの』ですね。(^ー^)『恐竜戦隊ジュウレンジャー』を基にしたTVドラマ『マイティ・モーフィン・パワーレンジャー』を映画化したらしいです。日本ではあまり知られてないけど、向こうではかなり人気らしいですね。( ̄▽ ̄;)

いじめられてたり、問題を起こしたり色んな事情を抱えた5人がメダルを見つけるところから始まるので、超人的な身体能力は得られますが、変身できるのは後半(;・∀・)


ゾード(ゾイドに似てる?)と呼ばれる動物型のロボットで出撃する時の歌が『戦隊ものだ〜』( ´∀`)と思わせる。でも日本では定番の『とどめの必殺技』的なものはないんだよね。(・・;)どのヒーローものもそうだけど。

敵のボスであるリタは『マイティーソー・バトルロイヤル』のヘラに似てるのは気のせい?・・・(;´Д`)エリザベス・バンクスとケイト・ブランシェットは似てないけど。


ラストはなんかありそうでしたけど、作中では出てこない名前だった(-。-;)でもあの名前はマイティ・モーフィン・パワーレンジャーに出てくるんだよなf(^_^;やっぱり続編?

気になるセリフ
『人として最低になるな なりたいものになれ』


んでまず(^_^)/~~
mahiharu

mahiharuの感想・評価

3.0
gyaoで鑑賞。
2018.9.4
>|