パワーレンジャーの作品情報・感想・評価

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.4

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
赤青黄ピンク黒!
レンジャーものは子供の頃よく観てたなぁ。ジュウレンジャー!
映画も観ていて所々懐かしさを感じた。
ものっ


すごっく
…イイっ!

戦隊モノは子供の頃、普通に見てましたが、パワーレンジャーに関してはよく分かってません。
コレは…映画だからこういう作りなのでしょうか?とにかく人間ドラマが秀逸!
5人のレンジャーは…
⚫︎スポーツエリートから一転、やり過ぎなイタズラから事故。警察の世話になりスポーツも出来ない身体に。
⚫︎最愛の父を亡くした自閉症のいじめられっ子。
⚫︎利己的な行動で人を傷付け、スクールカーストのトップを追われた元チア。
⚫︎トレーラーで病気の母と暮らすアジア人。
⚫︎両親から問題児として疎まれるレズビアン(?)の少女。
皆それぞれの問題を抱えて、落ちこぼれ/変わり者コースを生きていました。たまたま居合わせた採掘場(!)での、共通のある出来事によってヒーロー(候補)になった5人は時に反発しあい、そして助け合い、心の傷を晒しながら心身共に成長していきます。彼等はそもそも精神の未熟さ故に変身すら出来ず、物語の七割ぐらいは人間的な成長を描く事に費やされます。この辺りが退屈に感じた方には全く合わないかもしれません。個人的には寧ろこのパートが好きで堪らなかった。共通の秘密を持つという事は、お互いの一番弱い部分を見せ合うという事は、なんと魅力的な事なのでしょう。もうおまえら、バンドやっちゃえよ!
さて、パワーレンジャーたるヒーロー&メカ活躍のクライマックスですが、コレもバッチリです。雷おこしみたいなザコ敵をバリバリ砕く肉弾戦も、『パシリム』を更にバカっぽくしたようなロボット操縦も最高です!ロボ獣たちが並んで駆けるシーンで流れる「♪power ranger~♪」はテレビ版のファン大盛り上がりなんでしょうね。ズルイ!
いくらなんでも待たされ過ぎた、という気持ちも分かりますが、例えば『GTO』とか見てたら最終回だけ巨体メカのバトルになった!…とすれば、コレは超お得じゃないですか⁇好みの問題?…おお、ダイバーシティ!

なんかラストに、凄く布石ぽいのが打たれてましたし、もう完全に次回作を待っちゃいますね。いや、寧ろ自分が採掘場に行くべきか?…自分にヒーローが勤まるだろうか?(哀れな最期を遂げる自警団ヒーローの誕生である!)
SEINA

SEINAの感想・評価

4.0
元ネタ知らなかったけど好き!!
スーパーパワーをいきなり得る様子とか観てるとほんと羨ましくなるw
戦隊ものがアメリカ行くとこうなります(笑)比較しちゃいけないんだろうけど個人的には日曜の朝より好きです。
現代の高校生レンジャーらしさがしっかり表れててよかったです。
ヒーロー映画の小ネタがちょいちょいあって面白かった。
戦ってる最中はマスクオフなのがちょっと気になりましたが…
cinema

cinemaの感想・評価

3.3
最近の日本の戦隊ものは観てないけど、スーツのカラーリング凝ってたなぁ。
ロボの合体シーンはよくわからず。
M少佐

M少佐の感想・評価

4.0
 「ごめんよ!バンブルビー!」

粗筋はパワーコインと供に…⬆

まさかの出だしは東宝(笑)
これは特撮とか、アメリカのパワーレンジャーの枠を越えた作品。
全ての戦隊もの、本国のパワーレンジャーとも、一線を画す作品。

何故なら、描かれていないものが詰まっているから。
確かにオールドファンも、特撮好きな若い人からも支持は得られない。
見たくないストーリーが延々と続き、スーツ、ロボットすら後半の活躍まで待たねばならない。
我慢できない人には冗長怠惰に映るし、アメリカのティーンエイジャーの片寄った青春なんて興味ないだろう。
ようは面白さの捉え方になってしまう。

でも…私は凄く面白く感じてしまった。
上に書いた期待や不満も全て内包できるほど特撮を愛しているからだ。
「は?バカなの?」と言われるかもしれない。
ハイ、バカです。
オタクです。
たぶん、背世羅笑っている貴方よりも多く特撮を見ている。
選民思想的なバカ野郎と言われたら返す言葉もないが、そうなのである。

新しいものを貪欲に求める特撮マニアはガキのまんまですから。

見る価値しかない。
motcha

motchaの感想・評価

-
戦隊ものをお約束通りのセオリーで描く。
この過不足のなさ、てっきり三池監督かと思ったら違ってた。

とにかく何もかもがお約束どおりで、ここまでお約束どおりならもう観なくてもいいんじゃないかって思うくらいのレベル。
水戸黄門新シリーズがあればぜひこの監督さんにお願いしたいね。
(180706レンタルBD)
リョウ

リョウの感想・評価

3.5
感想としては「戦隊モノの第5話くらいまで?」といった感じ。
必然的に集まってパワーを得るまで〜1回目の戦いを終えるまで。

日本人にはとても馴染みある展開というか。
そこにアメリカの高校生くらいの感情を付け足したような。
近年日本のレンジャーやライダーも負の感情を題材にしたりしてますね。
それに近い感じなのかな?

先が楽しみでもある作品。
聖

聖の感想・評価

3.5
日本の特撮は好き。けれどパワーレンジャーシリーズは今回が初めて。ヒーロー映画というより青春映画だなと強く感じ、とても惹かれた。

一方スーツ(とCG)のバトルやロボットのバトルシーンにはイマイチ乗れず。敵キャラの造形が没個性的で、なんの魅力も感じなかったことも要因だろう。

唯一合体シーンには興奮。この辺は特撮というより永井豪・石川賢のテンションに近いものを感じた。

今回はヒーロー誕生譚ということで、とかく人間ドラマに寄っていた。自分は大満足だが、物足りなく感じる人もきっと多かっただろうと思う。もし続編ができれば、説明的なシーンは減らせるし、エンタメに振った娯楽作品を作ることもできるはず。雲行きは怪しいが、実現してくれたら嬉しい。
Ryusei

Ryuseiの感想・評価

4.0
映画館で見た以来、ひさびさ。

普通に最高に面白いやっぱ!
子供が見る戦隊系ではなくて

若者の葛藤とかの描き方が最高

監督の青春ムービーへのこだわりがすごくいい

プロジェクトアルマナック見ないとな!!
>|