パワーレンジャーの作品情報・感想・評価

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.0
赤青黄ピンク黒!
レンジャーものは子供の頃よく観てたなぁ。ジュウレンジャー!
映画も観ていて所々懐かしさを感じた。
chiaki

chiakiの感想・評価

2.5
期待外れ
早く戦え
吹替鑑賞
アメリカ版戦隊ヒーロー物
仲間が一致団結するまでが、ちょい長い。
jojima

jojimaの感想・評価

3.5
アメリカ版戦隊モノ!

日本の戦隊を意識して、採掘場とか出てきたのは笑った。

変身するまでが長いので、それはどうかと思う。

このレビューはネタバレを含みます

アメリカでもお母さんと子供たちのヒーローなんだろうなぁっ!るんっ♪と思って見に行ったらいきなりド下ネタから始まって唖然としてしまった。評価する。

しかし、アメリカにもあの『日曜日の朝』の感覚があるのかなと思うと不思議な気持ちだなあ。あの、平和でそわそわした時間....プライスレス!!

お馴染みのアクションとか採掘場の爆発風景とか合体ロボとか、私のような門外漢にも製作陣のリスペクトが伝わってくるんだけど、ここぞという時に流れるゴーゴーパワーレンジャー!っていう曲とかめっちゃ泣いちゃうよねー。愛だ。
過渡期の若人たちを励ます、各人の背景と成長の描き方にも愛があった。

日本版も時代に合わせてじわじわアップデートしてるとのこと、東映さん、尊敬します。
Yui

Yuiの感想・評価

3.5
主題歌から伝わる日本の戦隊モノへのリスペクト感…!これは続編楽しみ!!
ハリウッドが戦隊ものを作る。もうそれだけで「どんなものになるんだろう?」とワクワク。
ただ元ネタとなるテレビドラマ版パワーレンジャーは知らず。
一応パワーレンジャー自体が日本のスーパー戦隊をイメージしたもので、その映画版がこの作品なので、原点はやはり日本のスーパー戦隊。元ネタと比べてどうかという点も大切だけども・・・自分は日本のスーパー戦隊に対するリスペクトが感じられるかどうかに注視していました。


のっけから握ったのは牛の乳かチ〇コかの下ネタからスタート。子供は好きだからねこういうの。
自分はくだらねぇと思いました。はい(※貶してはいません)。
そんなコミカルな感じの前の冒頭は、人類誕生前の世界で初代パワーレンジャーたちが命をかけ、犠牲になり、次代に任せたシリアスな話という・・・初代さん御免なさい。人類は今乳かチ〇コかで揉めています。

出だしからまるで「おい、そんな難しく観るな」と言ってるかのようなこの温度差。実際作品全体から漂うのはコミカルな青春物語。パワーレンジャーとなる5人は皆少し外れた学生生活をおくっており、常に不平不満を抱えている状態。
そんな矢先に手に入れた美しい色のクリスタル(勿論5色)。それから5人は並外れた超人的肉体能力が身に付き、それぞれの運命を知っていきます。
面白いのはお約束のスーツに変身するには5人皆が同じ意志の下で願わなければ変身出来ないという点。欲求不満の塊な思春期でこれはなかなか難しい。おまけに5人全員人種が違うというのが今っぽい(そもそものパワーレンジャーがそうだからなのかもしれませんが)。
だからなかなか変身出来ない。変身出来ないと「お前がアカンからや」みたいな空気になっちゃって余計に変身出来ない。もうここまでくるとまるでウォーターボーイズみたいな学生らの団結の話みたいに感じられます。違うのは、世界の命運がかかってるとこ。

悪役となる女の狙いはクリスタル(だったかな?)。初代パワーレンジャーによって封じられていたが、現代に目を覚まし、ついに侵攻を開始する。
ここで思わず感心&笑ったのは、彼女が金で出来た怪物を呼び出す際に訪れたのが採石場であること。古いスーパー戦隊もののクライマックスで怪物が巨大化する時や、爆発シーン撮る時のお約束の場所。
彼女が呼び出した金の怪物も採石場で巨大化。このお約束感!!
そんな危機的状況になりつつあるというのに、当の5人はまだ変身出来ない。
しかし眼前に敵を目の前にして四の五の言ってられない状況と仲間の負傷で、5人はようやく団結する。


はい。変身できました。ここまで約一時間半ぐらい。
長い。長過ぎる。しかもようやくカッコよく変身出来たと思ってカッコいいチームワークかつ肉弾戦をやったのかと思ったら・・・えっ、殴り合いはもう終わり?5分あった?
その後はスーパー戦隊ものではお馴染み獣型ロボットに乗り込み、巨大化した怪物に戦いを挑む・・・が、コクピット内で5人全員素顔を見せてる・・・変身した意味が更に無くなってる!!
だけどチームで侵攻食い止める様は非常に燃える。そしてついに5人が乗ってるロボの合体が・・・!
が・・・合体シーンが無い・・・!?しかもなんだこのトランスフォーマーみたいなデザインは・・・!?
いや、5人のコクピットが近くにある構造とか笑ってしまったけど、ちょっとこれは・・・もうちょっと馬鹿馬鹿しく思いきってやってくれたらなぁ・・・。
最終的に「やったぜ!!」な終わり方で後味スッキリなのは良かったけども・・・うーん・・・。


あと個人的には、ヒーローもので他作品のヒーローの名前を出すなと思いました。
「アイアンマンとかスパイダーマンみたいになれる!?」とか、ふざけんな。お前らがこの世界で唯一のヒーローなんだヒーロー映画ならそこらへんちゃんと描けきなさいよ!
12.25.17 Netflix
映像を楽しむ為に吹替で見た。作品自体は、日本の戦隊モノをスタイリッシュにリスペクトしつつ、わざとらしさが無い感じで、全てが完璧に進まない感じが良かった。選曲も良かった。
>|