パワーレンジャーの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

草枕

草枕の感想・評価

4.4
開演当初映画館にて鑑賞

レンジャーフォロワーでは無いのですが学園物視点からも楽しめる良作でした。

あくまで今回は変身できる様になるまで、どういった世界観の設定かを説明するための序章といった感じでした。

5人の選定は人種等かなり気を遣っているなぁといった印象。
ただそれが意味のない気遣いでは無くだからこそ生まれる切なさや優しさ等とレンジャーとしての成長とを上手く絡み合わせて話を進めてくれるので気持ちを掴まれたまま最後まで楽しませてもらいました。

変身が中々出来ないまでの修行話も映画クロニクルの力を持て余した子供感を思い出す描写に飽きることは無かったです。

次回作の出てくるであろう新キャラが非常に楽しみですね。
R

Rの感想・評価

2.9
もう少しアクションシーンを見たかった。友情を丁寧に描いたのは好印象。
ハマ

ハマの感想・評価

3.5
レンタル
まずまずの出来
ただもう少しテンポよく
青春映画なのに全然青春してる感が感じられなかった。特にレッドがなぜ非行に走るのか全然わからんし。他にも不満点はいっぱいある
NaoOza

NaoOzaの感想・評価

4.0
しょうもないイタズラで一生を棒に振ったレッド、自閉症のブルー、友達のニャンニャン写真を拡散してハブられたピンク、母の介護をするブラック、登校拒否のイエロー、という五人のティーンエイジャーが、生きにくさを感じさせ、自分たちを阻害した、あんなに嫌いだった「街」を救う、、という、書いてるだけで泣ける展開。こう書くとくだらないメタ的パロディみたいだけど、全然真逆の超王道な戦隊モノであり、アメリカ青春学園モノだった。
なかなか変身しないのだが日本の特撮が金かけるとちゃんとした映画になるんだと感心してしまった。
確かに変身までが長いものの、人間ドラマの作りがとても丁寧だし彼らのキャラクターが立っているので、そこのパートで彼らを好きになる事が出来た。それに個人的には変身こそしないものの、超能力をもったティーンエイジャーものとして面白いパートだと思うし、テンポの良い訓練シーンも楽しかった。
だからこそ1時間半経ってからの変身シーン(変身の代わりのIt’s Morphin’ Time!が最高)やパワーレンジャーの主題歌がかかりながらのゾード出撃シーンはめちゃめちゃ熱かった。その後も些細な描写でヒーローの格好良さ、人を助ける素晴らしさを照れる事なく描いてくれたのが嬉しかった。
メガゾードもどうやって5人が動かしてくるのかがよく伝わる重量感があって、バカ丁寧に伏線を拾った決着のつけ方も好みだった。

このレビューはネタバレを含みます

展開も読めるし、中だるみもちょっとあったけど、個人的にはすごい好き。
テンポの良い修行シーンがよかった!
えぇ…ってなったとこもあるけど、なんか好き。
リタが美味しそうにクリスピークリームドーナツを食べるから、帰りに思わず食べてしまった。美味しかったです。
ヒーローものっていうよりは、青春もの感が強いかな。

いろいろ悩みや問題を抱える少年少女が、ヒーローになるまでを主に描いてる。

音楽とか、見た目とか、機械に乗って戦うシーンは、日本のヒーローって感じ。

映像は、ハリウッドらしく凄い迫力。

面白かったです!



いつもなら字幕で観るのですが、近くの映画館では吹替版しかやっておらず…。


ファンの方には申し訳ないけど、広瀬アリスさんかな?ピンクの女の子が棒読みで、セリフが全然入ってきませんでした。

日本には声優っていう職業があるのに、なぜわざわざ俳優やタレントを使うのでしょう。

話題作りなのでしょうが、それならオーディションでもして、もっと上手なタレントさんを起用するべきではないかと、いつも思います。

棒読みのタレントを使って、演じている俳優さんが下手クソみたいで失礼じゃないですか。

棒読みが気になって、全然内容も入ってこないし、正直棒読みされるのは不快です。
悪胡瓜

悪胡瓜の感想・評価

3.9
ちょっと言い方が悪いけど、戦隊モノに思い入れがないから逆に楽しめたかも。
主役メカ(メガゾード)は操作方法の設定がうまくてもっさりしがちな動きに説得力があったのに感心。
改善というか「あれが見たい!」的なものはいっぱいあるけど、続編に期待。

声に関しては見たのが吹替だった(見る前にキャストも調べず)けど、どうしてもキンバリー=ピンク(広瀬アリス)が浮いてた感が否めず。アルファ5はむしろ山ちゃん自身がアルファ5だと想像すれば問題ないんだけども。あと「この声、落合福嗣だ!」って一発で分かれば声オタに認定したい。