パワーレンジャーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

Haru

Haruの感想・評価

3.5

#77

念願の!!!
日本で公開された時から見たくて
見たくてしょうがなかった!!
北米ではドラマで公開されてたらしくて
その話題から映画を見ることに!
カナダのホストファミリー宅で鑑賞😳

個性バラバラな高校生たちが
力を手にしたことをきっかけに
パワーレンジャーとして団結していくって話。

高校生がメインだったから会話の
テンポが良くて、ギャグも多くて
面白かった!若いな~~こういう色々
気にしてる感じ懐かしいなと見てた!

パワーレンジャーがなかったら
決して友達になんてならなかったであろうメンバーのまとまりが好き!

まあ日本の戦闘物がモデルだから
大体の予想はついたかなという感じ
やはり最後は合体するのね…(笑)

吹き替え版も見たい!
かもこ

かもこの感想・評価

2.8
変身するまで時間掛かりすぎ。2017年度「DVDレンタルで観たら良かった」優秀賞受賞作
makmt

makmtの感想・評価

3.7
最後のシンボルマークイラストがかわいい あと合体は鉄板
笹流

笹流の感想・評価

2.8
チョーふつー。
最初の牛盗むとこが意味不明でちょっと減点。
アメリカのティーンズドラマでよくある良い話を映画の中に織り込んで、
その上でパワーレンジャーもやって一般層にもまあまあ楽しめる感じに
仕上げてるのはまあ頑張ったほうだとは思うけど、
だからあまり振り切ってる感じがなくて、
「変身まだすか?」「敵、まだすか?」
「うん、まあもうどうでもいいか」
みたいな感じになっていっちゃう。
作品として最終的には良いけど、
パワーレンジャー見たかったんじゃ、だとちょっと違うかも
Kubric

Kubricの感想・評価

2.2
やっぱりティーンエイジャーに世界を救うのは重過ぎる。GoGoパワーレンジャーできてない少し残念な作品だった。この映画はオリジナリティーが皆無な、感覚的には最近の「ファンタスティック・フォー」に近い。ハリウッドの方針、エージェントの関係もあるがパワーレンジャーなのに常にマスクオープンで俳優の顔が晒されまくりなので実質戦隊の登場時間は15分ぐらいである。皆なにか問題を抱えるティーン5人なんかステレオタイプ過ぎて笑ってしまうが、この問題を抱えた若者たちの克服と成長がこの映画では全く描かれない。しかも少し変人な若者たち=パワーレンジャーになるという構図もゲンナリ。
ハリウッドで初めて作られたパワーレンジャーはホワイトウォッシュが本当にひどかった。白人俳優のマッチョがレッドで、黒人はブラック、国際性もゼロで問題だらけだった。しかし時代の変化に伴い、国際性が豊かになったのがこのパワーレンジャーの成長とも言える。今回よく分からないなんちゃってジャスティン・ビーバー率いる5人の友情は実にチンケで、会話も全然面白くない。ついでにいうとキャラクターもバックグラウンドも酷い。こんな奴らが世界を救うのかと思うと恐ろしい。脚本が問題だらけの点もあるが、撮影もほぼ海外ドラマ並みのクオリティなのでとにかく残念。劇場公開作品としてはしっかりパワーレンジャーを格好よく、この際マイケル・ベイぐらいにやってもらわないと。
これも問題点だが、エリザベス・バンクスの悪役がかなりしんどい。何アレもうヤバいおばちゃんにしか見えない。
総評として、新しいスタートを狙った「パワーレンジャー」とコンセプトは評価したいが、ティーンエイジャーをヒーローにするのが非常に難しいし面白みもない事がわかる一本となっている。そういう点でも最近の「スパイダーマン ホームカミング」とか上手かった。だってね…もうこのパワーレンジャーたち罪人ですもん。簡単な話DQN5人がヒーローやってても応援したくならないし…ロボットのデザインは何となくB級感あって好みだったが何だかなぁという映画である。これを機にフランチャイズ化をライオンズゲートは狙っているそうだが、これまた白紙になってもおかしくない。
わくわくします♪


別に青春パートが長いとは思わなかったけど、
やっぱり変身シーンの決めポーズは欲しかったな。
hikaru

hikaruの感想・評価

3.0
日本のレンジャーもののハリウッド版。
トランスフォーマーがリメイクされた時を思い出した。
面白かった!ロボコップの頃のバーホーベンがブレックファストクラブをリメイクしたような青春映画パートの気持ち良さ!採石場がティーンムービーに接続された時に感じる、自分の幼年時代と高校時代がつながったような感覚。
ロボットが恐竜タイプのものだったのもジュウレンジャー世代としては感じ入るものあり。正直に言うと変身してからは普通寄りのアクション映画になった感はあるけれど、それでも満足。
Garu

Garuの感想・評価

3.4
スーパー戦隊シリーズ感もちゃんとあった。

メンバーに女性がいるのは日本でも当たり前だが、人種もバラバラだしLGBTも含まれていたりと流石ハリウッド。

なかなか変身しないと言う所には驚いたが、そんな個性と悩める年頃のメンバーの物語の方にテーマをもたせてあり、敵のシステムや、まさかの守る場所、逆にすごいと思ったスタンドバイミーも含め、考えると色々と深いような気がした。

ただほとんどの人がマーベル映画のように変身して悪を成敗するのを期待してる分肩透かしをくらう人もいると思う。
個人的にはこれはこれでいいのではないかと思った。

期待していた「名乗り」こそなかったが、大人映画にしてみれば「必要?」と思われるスーパー戦隊シリーズお馴染みのシーンはいくつかあり、そこはやはり不思議と興奮してしまった。
パワーレンジャーである意味ないよね、、、うん