パワーレンジャーの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パワーレンジャー2017年製作の映画)

Power Rangers

上映日:2017年07月15日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼ら…

遡ること時は紀元前。古代の地球で世界の運命を決する、大きな闘いが終焉を迎えていた。ある5人の戦士たちによって守られた地球。そこにはやがて新しい命が芽生え、物語は現代に還ってくる。小さな町、エンジェル・グローブでありふれた日々を過ごす5人の若者がいた。しかし、5人は運命に導かれるように出会い、やがて訪れる脅威に立ち向かう為、超人的な”パワーレンジャーの力”を手にする。果たして普通の高校生である彼らは、自らの力と運命を受け入れ、世界を救うことができるのか?

「パワーレンジャー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

展開も読めるし、中だるみもちょっとあったけど、個人的にはすごい好き。
テンポの良い修行シーンがよかった!
えぇ…ってなったとこもあるけど、なんか好き。
リタが美味しそうにクリスピークリームドーナツを食べるから、帰りに思わず食べてしまった。美味しかったです。
ヒーローものっていうよりは、青春もの感が強いかな。

いろいろ悩みや問題を抱える少年少女が、ヒーローになるまでを主に描いてる。

音楽とか、見た目とか、機械に乗って戦うシーンは、日本のヒーローって感じ。

映像は、ハリウッドらしく凄い迫力。

面白かったです!



いつもなら字幕で観るのですが、近くの映画館では吹替版しかやっておらず…。


ファンの方には申し訳ないけど、広瀬アリスさんかな?ピンクの女の子が棒読みで、セリフが全然入ってきませんでした。

日本には声優っていう職業があるのに、なぜわざわざ俳優やタレントを使うのでしょう。

話題作りなのでしょうが、それならオーディションでもして、もっと上手なタレントさんを起用するべきではないかと、いつも思います。

棒読みのタレントを使って、演じている俳優さんが下手クソみたいで失礼じゃないですか。

棒読みが気になって、全然内容も入ってこないし、正直棒読みされるのは不快です。
悪胡瓜

悪胡瓜の感想・評価

3.9
ちょっと言い方が悪いけど、戦隊モノに思い入れがないから逆に楽しめたかも。
主役メカ(メガゾード)は操作方法の設定がうまくてもっさりしがちな動きに説得力があったのに感心。
改善というか「あれが見たい!」的なものはいっぱいあるけど、続編に期待。

声に関しては見たのが吹替だった(見る前にキャストも調べず)けど、どうしてもキンバリー=ピンク(広瀬アリス)が浮いてた感が否めず。アルファ5はむしろ山ちゃん自身がアルファ5だと想像すれば問題ないんだけども。あと「この声、落合福嗣だ!」って一発で分かれば声オタに認定したい。
主人公たちがパワーレンジャーになるまではよかったけど、ここに時間を取り過ぎたせいで最後駆け足になっちゃった感じ。
もったいない。
男心をくすぐる最高のエンターテイメント
映画観てスカッとしたい人にオススメ
『スパイダーマン:ホームカミング』もアオハルだったが、こっちもアオハル!!!
スケールが案外小さいな…という声が出るのもわかるが、逆にこのミニマムさが主人公たち5人の心情とリンクしている。

初戦闘のスーパー戦隊感、そしてクライマックスの巨大ロボバトルは必見。
言うなれば超絶豪華なシリーズ第1話だ。続編が観たい!!!頑張れ!!!越えてくれ!!!
mikenekos

mikenekosの感想・評価

2.2
主人公たちがパワーレンジャーになるまでが長い。終盤になってようやくチームとして動き出すものの、序盤中盤の流れが悪過ぎるので盛り上がりに欠ける。明らかに続編を意識した作りになっているので、次作次第で本作の評価も変わりそうではあるが、あるか分からない続編のことを考えて評価するのもおかしな話だし、そもそも単体で楽しめないのなら映画として論外。とにかく遅々として話が進まないのでテンポが悪く、感情移入もできない。ピンクの人間関係のいざこざがSNSで拡散されたと言う話はくだらな過ぎて笑った。予告で期待し過ぎた。残念。
ちょうど自分が保育園児の頃の戦隊もの
ジュウレンジャー
が放送終了後海を渡って海外に進出し
そこからそちらでも人気が出てシリーズ化もしてる
という情報は小学生くらいの時には知っていて

そこから約20年
まさかアメリカ映画として戦隊ものを見る日が来るとは…
ハリウッド化だとドラゴンボールに代表してひどい扱いを受けることもゼロではないけど
近年のゴジラ、攻殻機動隊と少し違うがパシフィックリムあたりを見ていると海外のそれら日本作品ファンが
愛を持って映画化していることが見て取れる作品もあって

今作も後者だと思う
そういう作品は日本の作品ファンには受け入れられないことも多いが
自分が好きなものを同じように好きな人が、自分の好きなものの良さわかって!って多くの人に向けてアピールしてくれるのいいと思うけどな


まぁ今作は、変身後の姿で戦うまで尺が…というのはわかるけど5人が5人それぞれの個性を出しながらチームとなる姿を

よく2時間で描いたと思う
少しんん?となるシーンもあるこたあるが
自分はこの作品好き

続編あったらいいけど
収入的に日本でトドメ刺されたって噂あっからなぁ
suzu

suzuの感想・評価

3.5
高評価の理由も、ケチをつける理由もわかる。
まあええやん、面白いよ。優等生的な印象を受けた。
ご存知特撮戦隊モノの逆輸入版映画。正直ストーリーテリングに甘さやちぐはぐする部分がないではないのだけども、「超巨大ロボに乗り込んでKAIJUを倒す!」という『パシリム』と同じく、ハリウッドが日本の戦隊モノを本気でぶちかましてくれた!というだけで、もはや「最高!」以外の感想が見当たらない。五人のレンジャーがそれぞれティーンらしい悩みを抱えているのもいいし、レンジャーへの変身から怪人との集団戦、それぞれのマシン、ラストは巨大化した敵と合体ロボでの戦闘、とお約束をこれでもか!とばかりにたたみかけてくれるのも嬉しい。さて、お次は仮面ライダーなんてどうですか、ハリウッドさーん!