パターソンの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

以前人にオススメしてもらったので鑑賞。
穏やかで優しいんだけど、どこか仄かに不気味でした。なんでだろう、音楽なのか幾度も現れる双子なのか……
私にはあまり合わなかったのかなぁ、残念。
アダムとブルドッグはすごく可愛かったです。
ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手の1週間を描いた作品。ドラマ的な大きな展開は起きないがほんとうに愛おしい、、
毎日同じルーティーンの日々を送る主人公だが決して同じ1日ではない。
毎朝の起床シーンも意図的に同じ構図で撮られているが寝相の向きが違ったりあ、昨日の晩はしたんだなと分かったり、同じだからこそ違うところがよく見えるようになっている。
日々の代わり映えのない生活も本人の捉え方、見方次第で詩的で輝いたものになってゆく。
仕事や毎日の生活に疲れた人にとって日々の捉え方が変わるセラピーのような作品になるのではないかなと思う。
あーはん。
正直な所、見始めたときこれはおもしろくない。。。と思ったけれども。。。
自分が見た配信のサイトでは星4つでした。
おもしろくないもおもったものはすぐ消してしまう私。
選り好みの激しい私ですが。全部見てしまいました。

人の1週間って際立たせて描いてこんな感じなのでしょう。
人からみたら何気ない1日がその人にとっては忘れられない出来事であったり。。。

全く知らない人の1週間に密着して生活を見せてもらったような感じでおもしろかった。
ずっと、もうずーっと観ていたくなってしまうパターソンの毎日のおはようからおやすみ。犬のマーヴィン、かわゆす。

熟している、永瀬正敏が大層良い案配に。
nnewao

nnewaoの感想・評価

3.6
ニーチェの馬のように1日ずつ。。
昔マッチの箱集めてたの思い出した。
C

Cの感想・評価

4.0
映画を見終わった後、詩を読んだ後と同じ静寂がわたしに訪れた。分かろうとするほど難しく、観たまま感じたままがちょうどいいような映画でした。でもいつかもう一度みようと思う。
マーヴィンが無事で何より。
紫煙

紫煙の感想・評価

4.0
世界を愛する、ということが、どういうことかを伝える映画だったように思う。それはつまり、ジム・ジャームッシュが、どのように映画を愛しているかでもある。

恐ろしく肌の合う作品で、レンタルDVDを3回続けて観た。

繰り返される日常、過ぎゆく雑踏の輝き、会話の意味がリズムにとけていく様、主人公の内的な世界(言葉の力学)が、外的な世界の双子や名前のシンメトリーとなって投影される描写。

ナイトテーブルに置かれた写真が暗示する深い喪失(兵役?)と、妻へのどこか冷めたやさしさも味わい深い。

書きためた詩が、ワンちゃんによって破られるシーンもいい。それをきっかけに、喪失を慰めていた過去の綴(つづ)りが破られ、新たに世界を愛していく行為へと、主人公は踏み出すことになる。

とても静かに。

愛するということは、つまりは意志するということなんだろう。
Would you rather be a fish?
りん

りんの感想・評価

-
何も起こらない。日常の景色。
日常なんてそんなもんだよなぁと思ったり、でも似てるようで全く同じ日なんてないよね、とも思ったり。
女の子の詩が好きだった。あと愛犬が和む。
すぬぴ

すぬぴの感想・評価

4.0
永瀬さん?違和感しかない。
ジム・ジャームッシュという映画監督を知らない方は『ダウンバイロー』→『ナイトオンザプラネット』→『パターソン』の順に3つ観るといい。すると必ず他作品にも興味が湧き、それに触れた瞬間に、ジムジャームッシュという監督の存在が人生をとってもクールに楽しむための秘訣だと知るだろう。粗筋は他の方に任せて…大好き。
>|