riesz77

パターソンのriesz77のネタバレレビュー・内容・結末

パターソン(2016年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジム・ジャームッシュ監督が出す作品全体の雰囲気がジムジャームッシュ!って感じがして(笑)とにかく独特な味わい。『コーヒー&シガレッツ』と共通している世界観があった。

愛を感じるシーンやユーモアを盛り込んだり、日常を切り取っただけの話なのにまったく退屈しない。1週間の話と前もってわかっていたこともあり、終わりまですっきり観ることができた。夜中に観て正解だった

パターソンでバスの運転手をするパターソンの話。カイロレンとはかけ離れた生活を送っているのにパターソンにしか見えなかった。アダムドライバーの存在は唯一無二。そして妻のゴルシフテファラハニという覚えてもらえなさそうな名前のイランの女優さんが魅力的だったのが、この作品のもう一つのいいところ。2人と犬が中心の物語だった。

笑えたのは芽キャベツとチーズのパイのシーン。食べきったのか気になる。一口食べたら水を飲み干すパターソン(笑)。犬のぐったり感がおもしろかった

最後の永瀬正敏のシーンはいらなかった。蛇足感が。アーハーの意図もわからず。別に日本人じゃなくてもいい。白紙に無限の可能性があるという台詞は良かった