パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「パターソン」
原題「Paterson」
2017/8/26公開 アメリカ作品 2017-143

ジャームッシュ監督ならでは、独特の間と空気とテンポを楽しむ作品で、一つ一つの会話が面白く、特に何も起こらないのにずっと見ていてられる、芸術的なストーリーテリングです。
何もない日常のちょっとした出来事がこれまた幸せで、そんな中でも「自分の進む道は自分で決められる」というメッセージをキッチリと入れ込んでいます。
そして何と言っても主人公の愛犬マーヴィン(ブルドッグ)の存在感がすばらしく、大きな注目を集め、見事パルム・ドッグ賞を受賞!!
さらにラストシーンを印象的に締めくくる永瀬正敏にも注目!!
心地良い作品ですね!!

ジム・ジャームッシュが「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以来4年ぶりに手がけた長編劇映画で、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー扮するバス運転手パターソンの何気ない日常を切り取った人間ドラマ。「ミステリー・トレイン」でもジャームッシュ監督と組んだ永瀬正敏が、作品のラストでパターソンと出会う日本人詩人役を演じた。
毎日同じ繰り返しのようで少しずつ違う、何げない日常を描いてる。不思議と飽きずに観てられてた。日本の俳優が出てきてびっくりした!
陽介

陽介の感想・評価

4.0
やっぱりジャームッシュが好き。
ごめんなさい
寝落ちしてしまいました
「同じように見えるけれど、同じじゃない」
もう全編に渡ってそのメッセージ訴求が激しかった。
薄味だけれど、出汁が効きまくり。

善良無垢なパターソンの一見変わりのない1週間なんだけれど、
寝起きのタイミングや格好、ランチボックスの中身とか、バスの車内の会話などなど色々毎日違ってる。

そしてパターソンも熱心に書いてる詩。詩を書いている少女との会話で"韻"という言葉が出てくるけれど、そういえばこの"韻"も「同じように見えるけれど、同じじゃない」っていう意味あるよなーって思い、

さらに思い返せば不思議すぎるほど"双子"がいたりして、いやいやこれもそれやんってなってアーハァンってなりました。

そんな作品全体に韻が踏まれたような詩的な日常の余韻にただいま浸っております。
ハマ

ハマの感想・評価

3.6
詩の翻訳はレインコート着てシャワーを浴びるようなものという台詞がすごく気に入りました。会話の緩さが心地いい
golgoman

golgomanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ニュージャージー州のパターソンに住むバス運転手のパターソン。
毎朝同じ時間に目覚めて、隣で眠る奥さんにキスをして、カップ一杯のシリアルを朝食にして出勤する。
仕事が終われば、愛犬のマーヴィンを連れていきつけのバーでお酒を飲み、眠りにつく。
これの繰り返し。ごくごく平凡な毎日。

同僚の愚痴も優しく聞くパターソン。
彼女にフラレて自暴自棄になる男をなだめるパターソン。
アート思考(だけ)の奥さんを素敵だねと愛するパターソン。

観てて癒やされる映画でした。
奥さんの描いたマーヴィンの2点の絵を観比べて、それぞれ画風が違う事に対して何も言わずにいるシーンが個人的にはすごく良かった。人柄が表れてるシーンだなと。
あと芽キャベツとチーズのパイのとこも。

永瀬正敏とベンチに座ってるシーンで、身長全然違うのに座高がほぼ一緒だったのが悲しくなった笑
アハーン。
Spike

Spikeの感想・評価

3.8
ライトセーバーを持っていないアダム・ドライバーの作品を始めて観賞。

ある詩人の1週間を描いた作品。

そのどれもが平凡だけど、そこが良い。

シンプルな日々を淡々と演じるからこそ、役者の1つ1つの動作や表情が際立つ。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.4
2016年 ジム・ジャームッシュ監督作品。パターソンという街のバスの運転手パターソン。平凡でありながら詩作を続ける日常。アーティストの妻と愛犬と暮らす中で日常が一時的に変わる事件が…。淡々としたシーンの連続にユーモアが滲む感じは初期の作品の雰囲気もある。ここ数年の作品にはない面白さがある。フレンチブルドッグのマーヴィンも名演技。
国茶

国茶の感想・評価

4.0
毎日こんな感じの優しい生活が送りたくなる映画
今の日本じゃ難しいですなぁ・・・
>|