パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「パターソン」
原題「Paterson」
2017/8/26公開 アメリカ作品 2017-143

ジャームッシュ監督ならでは、独特の間と空気とテンポを楽しむ作品で、一つ一つの会話が面白く、特に何も起こらないのにずっと見ていてられる、芸術的なストーリーテリングです。
何もない日常のちょっとした出来事がこれまた幸せで、そんな中でも「自分の進む道は自分で決められる」というメッセージをキッチリと入れ込んでいます。
そして何と言っても主人公の愛犬マーヴィン(ブルドッグ)の存在感がすばらしく、大きな注目を集め、見事パルム・ドッグ賞を受賞!!
さらにラストシーンを印象的に締めくくる永瀬正敏にも注目!!
心地良い作品ですね!!

ジム・ジャームッシュが「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以来4年ぶりに手がけた長編劇映画で、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー扮するバス運転手パターソンの何気ない日常を切り取った人間ドラマ。「ミステリー・トレイン」でもジャームッシュ監督と組んだ永瀬正敏が、作品のラストでパターソンと出会う日本人詩人役を演じた。
110

110の感想・評価

-
いとしい
noro

noroの感想・評価

-
2018.09.23
Emma

Emmaの感想・評価

4.5
始まり方と終わり方がすてき。
ほっこり、優しい気持ちになれました。

この作品で、本当になんでもない日常を繋ぐのはパターソンの詩。
キラキラしたようなそんな輝いた生活じゃないけど、ちょっと視点を変えると、意外とその辺にたくさん新しい何かが転がってるのかな。とか考えちゃいました。

What is “Uh-huh” ?
Sucreche

Sucrecheの感想・評価

3.5
日常の平凡さが描かれているが毎日少しずつ違っていて、平凡な生活でも幸せであり、日常の大切さがわかる。
YNKO

YNKOの感想・評価

3.2
落ち着いた独特の空気感で、映像もきれいで、映画全体が詩のよう。
日常の一瞬一瞬を大事にしたいと思える作品。

ただ、永瀬正敏の「A-ha」の言い方に違和感を覚えてしまい、一気に現実に引き戻された。
ri

riの感想・評価

4.3
見つからなかった探し物はポケットに入ってました。と、
幸せなんかおそらくそんな感じでしょ!?って
君の声は教えてくれる
幸せなんかそこら中いっぱい落ちてるから
欲張らずに拾っていこう
ひびき/Mr.Children

なんて詩的な2時間なんでしょう。
余計な言葉はいらない。
ただ、この曲が頭に思い浮かんだ。
Fumi

Fumiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

公開時、劇場へ観にいった際には、途中で席を立つ人を数人見かけるくらい。

欠伸がでるくらい、淡々とした映画。
私も思わず時計を気にした記憶があります。

でもこれは、これまでのジャームッシュの映像のカッコよさが前面ではなくて

とてもストーリーのある映画で。
例えば、人生についてなんらかの示唆が欲しくて映画を観た悩める人も、なんとなく毎日の仕事に疲れて癒されたくて観た人も、とにかくなんだか分からないものが観たくてみた人も、観たあとに少しだけなにかが変わるような、それも後ろ向きにはならないような、そのくらいで充分なんじゃないかなって思うような、そういう温度を持った映画で。

私は何度でも観れそう。

日常を生きるのにも感性が問われていることを、改めて思う。それぞれが感性を持って生きていることを、愛しく思う。
パターソン(地名)に住むパターソン(主人公の名前)の物語。
繰り返される穏やかな日常に
繰り返されないちょっとした出来事。

心地よい時間。
彼の作る詩自体が彼そのもの。
彼のかけがえのない存在、奥さんとそのワンコに
愛おしさを感じる。

背が高い人特有の独特な声と
微笑むアダムドライバーの表情が好き。
>|