パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「パターソン」
原題「Paterson」
2017/8/26公開 アメリカ作品 2017-143

ジャームッシュ監督ならでは、独特の間と空気とテンポを楽しむ作品で、一つ一つの会話が面白く、特に何も起こらないのにずっと見ていてられる、芸術的なストーリーテリングです。
何もない日常のちょっとした出来事がこれまた幸せで、そんな中でも「自分の進む道は自分で決められる」というメッセージをキッチリと入れ込んでいます。
そして何と言っても主人公の愛犬マーヴィン(ブルドッグ)の存在感がすばらしく、大きな注目を集め、見事パルム・ドッグ賞を受賞!!
さらにラストシーンを印象的に締めくくる永瀬正敏にも注目!!
心地良い作品ですね!!

ジム・ジャームッシュが「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以来4年ぶりに手がけた長編劇映画で、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー扮するバス運転手パターソンの何気ない日常を切り取った人間ドラマ。「ミステリー・トレイン」でもジャームッシュ監督と組んだ永瀬正敏が、作品のラストでパターソンと出会う日本人詩人役を演じた。
めぐみ

めぐみの感想・評価

3.8
Line

目覚ましもなく起きて妻にキスをして
シリアルを食べて仕事場へ行く
乗客の会話を聞きながらバスを運転して
仕事を終えて家に帰ると決まって傾いているポストの位置を直す
妻と食事をし犬の散歩の途中行きつけのバーでビールを飲む

パターソンに住むパターソンの話
ただ詩を書くのが好きで
詩を書く人が好きで
妻が好きで 日々を満足している

小さな出来事が少しずつスパイスとなって
名言や名シーンを生んでいく

双子との遭遇
詩人の少女
バスの故障
ロミオの自殺騒動
悲しい出来事
優しい妻
ノートをくれた旅人

「彼は自殺したかもしれない
あのオモチャの銃で」

「一人になりたいなら私が外へ行こうか?」

「君は魚になりたいかい?
その一行以外全部どうでもいいかのように」

何でもない日常は何かが必ず潜んでいるのだなあと思えた映画。
ただ睡眠不足でちょこちょこ寝そうだった。すまん!

犬の演技が神。
mayuco

mayucoの感想・評価

3.6
どんなことがあっても怒鳴ったりしないパターソンがいつ怒り出すかひやひやしながら見た。結局いつまで経っても怒らなかった。
日本の詩人が出てくるシーンは、詩人の神様的なことなのか?四畳半神話大系の古本の神様を思い出した。
最近の自分の堕落した生活を励ましてくれるような映画を見ようと思い、日常を描いているこの映画を見たけど、ますます自分の堕落した生活に自己嫌悪を覚えた。
きのこ

きのこの感想・評価

3.8
詩人の一週間を描いた作品

観ていて心落ち着く映画だった
meo

meoの感想・評価

4.8
ものすごく好みでした。
雑音まで愛おしい。
シリアルを食べる音が心地よかった。
パターソンの持っていた道具箱みたいなアルミのカバン真似したい。
milagros

milagrosの感想・評価

4.0
パターソンが生きる世界は狭いが、彼の詩によってどんどん深度が増していく。
自らの言葉でもって、制約された生活を彩るも、積み重ねられた言葉たちはやがてあっけなく滅びる。
そこから茫然と佇む彼がいい。そこから再び何を見るか。

奥さんがとてもきれいに撮られていて、素晴らしい。
こじ

こじの感想・評価

4.5
日常を切り取った感じが面白かった。

ゆっくりとした時間が流れる映画です。

主人公が町にいる変な人を観察したり

主人公がバスの中でエロい話してる人たちを盗み聞きしてたり

常日頃

これらをリアルに実績してる僕にとって

身近な映画でした。



かっこいいと思って

後ろに急いでいる人がいる可能性を全く考えず

自分がよく見られたいことのみ思い

ゆっくり歩き

女にモテたい作戦を展開している

牛歩戦術系男子

にオススメ。
k

kの感想・評価

5.0
こういう映画が好き
評判高かったので。
ゆったりと、ただただゆったりと。
でも悪くない。

永瀬正敏はなかなかでてこない。
>|