パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

kazu1961

kazu1961の感想・評価

4.0
「パターソン」
原題「Paterson」
2017/8/26公開 アメリカ作品 2017-143

ジャームッシュ監督ならでは、独特の間と空気とテンポを楽しむ作品で、一つ一つの会話が面白く、特に何も起こらないのにずっと見ていてられる、芸術的なストーリーテリングです。
何もない日常のちょっとした出来事がこれまた幸せで、そんな中でも「自分の進む道は自分で決められる」というメッセージをキッチリと入れ込んでいます。
そして何と言っても主人公の愛犬マーヴィン(ブルドッグ)の存在感がすばらしく、大きな注目を集め、見事パルム・ドッグ賞を受賞!!
さらにラストシーンを印象的に締めくくる永瀬正敏にも注目!!
心地良い作品ですね!!

ジム・ジャームッシュが「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以来4年ぶりに手がけた長編劇映画で、「スター・ウォーズ」シリーズのアダム・ドライバー扮するバス運転手パターソンの何気ない日常を切り取った人間ドラマ。「ミステリー・トレイン」でもジャームッシュ監督と組んだ永瀬正敏が、作品のラストでパターソンと出会う日本人詩人役を演じた。
一週間の日々は積み重ねであり、人物の心情や環境は変化していく。その変化を楽しむ作品だと思いました。
ジャームッシュお得意の皮肉や間合いを楽しめました。
槇村

槇村の感想・評価

4.3
ジム・ジャームッシュ監督作。

前作オンリーラヴァーズ〜がハマらなかったのですが、今回はどハマりでした。
パターソンに住むバスの運転手パターソンさんの1週間の日常を綴った映画。
まず、ジャームッシュ映画でテーマを探るのは野暮な気がするが。
パターソンは日常を何気なく毎日淡々と過ごしているように見えるが、その日その日で些細な変化がある。我々は映画でその日々のちょっとした違いを無意識に探して、そして発見する。起床時間、家のインテリア、奥さんの気分、バスの客、バーでの会話、それら一つ一つが発見の連続。そう、日々はその発見の連続で形作られており、自分の消化するだけと思う日々にも小さな小さな発見がある、そんなことを気づかせてくれる。なるほどこれは鑑賞後に詩を書きたくなるわけだ。

とは言っても、やっぱりジャームッシュ映画。脱力感は安定で、終始笑いをこらえるシーンが散りばめられている。彼女に振られたエヴェレットの登場時の絶妙な顔。あれはずるい。あと、チンピラもあんな親しみやすいやつばっかなのかあの街は。このジャームッシュ節をリアルタイムで観れることの幸せは計り知れませんね。この人にはまだまだ撮って欲しい。
ウタロ

ウタロの感想・評価

4.8
愛すご
趣味性格全く異なる2人の生活をワンカットで丸く収めるブルドッグ有能。
ポエムと聞くと陶酔的な印象や先入観を持っていたが、作中の詩はどれも素朴な美しさがあり染みた。
10円様

10円様の感想・評価

3.5
ロシア民謡にニェジェーリカってありますよね?映画の内容はあんな感じです。

アダムドライバー演じるパターソン市にすむパターソン氏の1週間を淡々と綴り、物語が一遍の詩になっているかのような。よって大きな抑揚もなく、喜劇も悲劇もなく。淀みない川の様に物語は流れ、いやそこに物語があるのかという錯覚もおこし。ではジムジャームッシュは何を描きたかったのか?きっとパターソンって町を描きたかったんだろうな。1人の芸術家を取り巻く何気ないけど感性に訴えるものが溢れる町を。

で、パターソンって町を調べてみたんですが、とても著名な芸術家を出していて、今もなお多くの芸術家が住んでるとか。映画では街並みもどことなく古風で、ここ本当にアメリカ?ってくらいの様式でした。何でも都市開発をリードしていたのがフランスの方のようで、それも関係あるのかな?無いか。ただ実際はこんな雰囲気の町じゃないよ。これはジャームッシュの脳内変換だよって意見もあるようですが、ニュージャージーの片隅にある町の素晴らしさを、己の作家性と愛情で魅せてくれたジムジャームッシュに感謝です。

映画館ではいびきも聞こえてきましたが、静かな笑いも所々で。そしてその笑いに多大な貢献をしたのが、犬のネリーちゃんでしょう。エンドクレジットでは上から3番目に名前が、しかもネリーの思い出とかいう一文も。納得!「アーティスト」のアギーを思い出します。

永瀬正敏は・・ごめんなさい、あんま要らなかった。
とっても幸せな気持ちになりました。
あや

あやの感想・評価

5.0
たまに詩を書くバスの運転手のパターソンは朝目覚めたら妻にキスをし、仕事場に向かい、夜は犬の散歩がてらにバーに寄る毎日を送る


期待通りとても良かった。
同じような日々を送っていると思いきや見たこと感じたことは毎日変わっているので、日常にはたくさんの詩情に溢れていると気づかされた作品。
何気ない瞬間をずっと覚えているような感覚がこの映画のなかにはあって、うまく言えないけど生活への愛おしさが詰まっていてたまらない。
鑑賞後の心地よさに包まれながらなんとなくこの世界に生まれてよかったなあ、って思った。周りの人をもっと愛したくなる映画。


アダム・ドライバーはやっぱり素晴らしかった…
乱れた前髪もいいんだけど、後ろから抱きつきたくなるような背中といい、エキセントリックな奥さんに対してすべてを包み込んでくれるような安心感を出してて最高…
ワンコのマーヴィンの演技の上手さにも拍手!あと、「ムーンライズキングダム」のあの子たちが成長して出てたね。
saeta

saetaの感想・評価

4.1
去年見逃していた作品を飯田橋のギンレイホールで鑑賞。

ジャームッシュ特有のいつものロックティストは影を潜めていたが、詩的に豊かな暮らしの営みを穏やかに表現してくれた映画だった。

あのチャーミングな奥さんはかなりツボかも。

最後に詩の翻訳は原語から逸脱してしまう懸念があるので反対だともあったが、日本の落語や講談なども難しいだろうと思う。
さゆか

さゆかの感想・評価

3.4
久々に人が死なない映画見た

家の中と、街中で色味が全然違うことによって、パターソンの個人的な生活と社会の中での生活を綺麗にわける効果があった感じがしてそこが好きかなぁ
>|