パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

まき

まきの感想・評価

3.8
久しぶりのミリオン座、偶然友達に会えて嬉しい。

何気ない日常のちょっとしたことが幸せで美しい。
毎朝起きる時の二人のシーンが好き。
なほ

なほの感想・評価

3.0
記録用
nobu

nobuの感想・評価

3.8
何気ない毎日の中の小さな幸福
Cooooom

Cooooomの感想・評価

-
すてきな夫婦
日が登れば毎日新しい一日。
パターソン産まれのパターソンさん。

バスの乗客者の中にムーンライズキングダムのあの2人がっ!!不覚にも知らなかったから現れた時はかなりのサプライズ!!!

ずっと同じ生まれ育った町で同じ毎日を過ごしているパターソンの同じ日々のよーで毎日いろんな事が起きてて、毎日が新しい1日。彼はあまり自分の感情を表現しないからあんなゆるーい毎日が描けてたけど、彼的には満足なのかしら?ってちょっと思ったり。写真からもと軍出だと思うから、かなり真面目で正義感強いんだろーなーって思った。

奥さんがいいよなぁー。好きな様に家を改造して、カップケーキ焼いて、マーケットで売って儲けちゃって、自分にディナーに映画のご褒美。毎日アダムドライバーのキスで目覚めて、欲しい物も買ってもらって、料理失敗してもおいいしいよ〜〜って食べてもらえて。自分への愛の詩まで、、、この上ないかなりの幸せ者だなぁ。

最後のシーンに日本人の詩が好きな男性が出て来たのがよかったなぁ。かなりの印象を残した。

ジムジャームッシュ素敵!!
かなりの名作だなぁ。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

4.3
日常を愛して大切に生きる系の「about time」的なお話かと思ったら、ほらほらほら今いい事言ってるよ〜ここ感動だよ〜的なポイントがあると思ったら、決してそうではなかったので、個人的には物凄く物凄く好きだなと思えた作品。めちゃくちゃ面白い。
よっこ

よっこの感想・評価

4.7
ただ日常を描いた作品。
主人公のストレス発散方法が上手!
またちょこちょこ詩がでてきて
癒された。
この世界にずっと浸りたい。
そう思った作品。
Masaya

Masayaの感想・評価

4.1
休日にもってこいの作品。
見てて落ち着く、忙しない日常から2時間だけ開放される。
パターソンが創る詩は日常的かつ知的。
アダム・ドライバーがより好きになる。
変わらない日々などないけど、変わらないことが一番安心な気がする。退屈でも。
Masa

Masaの感想・評価

3.5
原題: Paterson
直訳: パターソン

ー 毎日が、新しい。

淡々と穏やかにパターソンさんの、パターソンでの1週間を追う。

何かすっごいことが起きるわけでもないんだけど、なんだか面白い不思議な映画。

でも眠くない時に観ないと穏やかすぎて寝ちゃうと思う。

一番笑ったのは、パターソンがいない隙に犬が行う日課。

自分の目を向けてない身近なところでたくさん面白いことが起こっているんだろうなぁ。
リリー

リリーの感想・評価

3.8
バス運転手であるパターソンの、判で押したような毎日を淡々と描いているにも関わらず、全く退屈さを感じない不思議な映画です。判で押したような、とは言っても、風変わりで美しい奥さんが、日中に部屋の壁を塗り替えたりカーテンを替えたりして模様替えに熱中しているので、毎日部屋の様子が帰ると変わっています。奥さんの気まぐれにも、あまり美味しくない手料理にも顔色も変えずに対処します。だから、奥さんがあるものを買ってとねだった時は、この人は利用されていないか、とパターソンの身をすごく心配してしまいました。
また、バスの故障とか、行きつけのバーで男女の緊迫感のある諍いなども起きて、ちょっとした劇的な出来事にも遭遇します。でもパターソンは、常に冷静です。
唯一彼の顔色が変わったのは、終わりのシーンで愛犬があることをやらかした時だけです。それでも決して感情的になることなく、また淡々と日々を過ごすところがかえってとても気の毒に映ります。
観終わっても、パターソンの幸せを切に願う気持ちが残りました。
>|