パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

自分の日常にも詩的な場面はあるはず、と思えた

感情を露わにすることもなく、いつも問いかけには大丈夫だと答える物静かなパターソン、だけれども想いは滝のように溢れていてそれが詩となる 毎日起きてキスして、パターソンは携帯電話は持たず足りないところを補い合うように相手を第一に思いやる夫婦生活は、とても良い
羨ましいと思うのはおかしくて自分も生活を見直そうと思える


ムーンライズキングダムの男の子やっぱり好みすぎるお顔に成長してた
紫煙

紫煙の感想・評価

-
その男は言葉を愛するように、世界を愛した。やさしさの理由(わけ)が、ナイトテーブルに置かれた深い喪失だとしても。

繰り返される日常が、韻をふむように男を包む。言葉の力学は、双子と名前のシンメトリーとして、男を慰撫する。

過ぎゆく雑踏は輝き、会話の意味はリズムにほどけ、言葉は世界を編み直す。

いつしか海へと、魚は泳ぎだす。
あきら

あきらの感想・評価

3.8
詩を書くバス運転手の1週間
朝起きて、仕事をして、帰って、犬の散歩をして、バーに行く。そんなルーティンのような毎日を過ごしながらも、少しだけ違う一日が訪れる。
不思議な作品でした。
YukkeSon

YukkeSonの感想・評価

4.5
よく観察した日に観る映画

自分はいつも通り過ごしてても、周りは変化しているという事。
彼女の言動に笑っちゃう。
言葉では表せない心地良さを感じる映画でした。

詩については明るくないのですが、詩の朗読のリズムが映画のテンポ感覚にフィットしていてゆったりと心地よい感覚を得ました。

主演のアダム・ドライバーがとても良いです。SW ep7-8のカイロレンとは全く違う大人で落ち着いた佇まいがありました。

最後に日本人と並んでる場面を見ると、西洋人の顔は画面を拡げて、日本人の顔は画面をギュッと引き締めるような、2つの違いを感じました。
Takeshi

Takeshiの感想・評価

4.0
朝6時頃に起きて、妻にキスをし、詩を書いて、バスを運転し、愛犬を散歩して、バーに行く。
そんな毎日を過ごしているニュージャージー州パターソンに住むパターソンの話。
毎日ルーティンのようになっている日々でも、毎日が違くて、新しい。そんなことに気づかせてくれる作品です。
てん

てんの感想・評価

-
優しすぎる
aya

ayaの感想・評価

4.5
my favorite! 3回は観た。
yokopi

yokopiの感想・評価

4.0
たぶん、パターソンみたいな人とは暮らせないけど、

物静かで優しくて、こういう人憧れるなぁ。

自分の心の声である詩をとっても大事にしてて
ほんとはコピーして人に見せるなんてしたくなかったから、ああなることは分かっていて、わざと忘れたのかなぁ…
でも、あの後の凹みようは、そうじゃなかったのかなぁ。

怒られたマーヴィンも気の毒だったけど、
ちょっと笑っちゃった。

愛する人と過ごす、なんてことない日常が素敵。
羨ましく鑑賞しました。
>|