パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
170927 09:30〜
詩的ではあるが、眠い。
mg

mgの感想・評価

4.0
小さな出会いがあったりなかったり。パターソンの1週間。公式サイトで谷川俊太郎さんが「穏やかな気持ちになれる静かな映画」とコメントしていてまさにその通りだと思いました。素敵な作品です。

ふとした時に見上げた空が、青いなと思う時がある。吐く息が白い時、寒いなと思い出す。帰り道に響く自分の足音を聞いた時、静けさを感じる。パターソンの綴る詩は泣きたいくらいに美しかった。私には詩のセンスはないけれど、美しいものを見て美しいなと感じる心はあるし、この映画を見ていいなと感じることができた。
そのことに気づけた今日はとてもいい一日だったと思う。
COME

COMEの感想・評価

4.1
人生はマッチかもしれない
燃やせる本数は決まっていて
一度火がついたら再利用はできない。
その火をつないで最後は空高くたゆたう煙。なにげない日常は先祖が灯した火を絶やさずに繋いでくれた延長線上。


とても静かな映画だった。だからこそすんなりと日常の喜びを受け入れられたのかもしれない。この雰囲気好きだなぁ。
abc

abcの感想・評価

-
2018.2.22(木) ギンレイホール
Maya

Mayaの感想・評価

-
ギンレイホール
みちる

みちるの感想・評価

3.5
よかった。バーでチェス。ジャームッシュはチェスをモチーフに据えることが多いとあらためて感じた。いつか見返したい。
面白かったわけでもなく
退屈だったわけでもなく
なんとなく心地良くてずっと観てられそう

でもその心地良さの中にある
どこか不穏な空気感が少し気がかりで
考察してみたくもある
soyona

soyonaの感想・評価

3.3
すっごく落ち着いた映画なので、そういう気分に観るのをおすすめします。

私はなにより犬が本当に可愛かった。名演。
あと、毎朝先に目覚めてはまだ寝てる妻のおでこやらほっぺやら背中やら色んなところにキスしてから起き上がるのが素敵過ぎた。キュンキュン。
まずい謎のパイを頑張って食べてくれたり、わがままをきいてくれたり、勇気づけてくれたり、本当優しかった。

でも、仕事はせずに毎日やりたい放題なことばかりしているくせに、根拠のない自信が何故かすごく溢れていてる妻には、ずっとイライラした。
詩人という夢を抱きながらもバスドライバーとして頑張る彼とは真逆過ぎて。

パターソンって双子が非常に多い町だな。笑
>|