パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
170927 09:30〜

このレビューはネタバレを含みます

毎日同じようで少しずつ違う、少ししか間毎日変わってないのになぜか見ていて飽きることはなかった。 とても映画に惹き込まれた!!






バスの車庫での会話
ポエムの作成
バスの中での客の話
ソファに座って妻と話をする
犬の散歩
立ち寄るバー


光景は同じだけど、その中での会話の内容やバスに乗ってくる客、ポストの傾き、家の中、カメラのアングル、そしてポエムの内容 はいつも違ってる。

毎日が同じように見えても、毎日変化がある。それがおもしろい、毎日同じだと思っていても、実は全然昨日と違うことがある。

“毎日が新しい日” ほんとにそうだとおもう。

とても辛いことがあっても次の日は来る、そしてまた日は沈む。当たり前のことやけどこういう風に映画として見るのは初めてでおもしろかった。





あとアダムがかわいい笑
よし、スターウォーズみよ。
久々のカイロ・レンや〜
恐ろしく退屈な映画だった.「こういう生活もいいかもなー」と開始20分程は思ったが、おそらくこの映画と同じく,すぐに飽きてしまうだろう.この映画の主人公のように一種の諦観と落ち着き,優しさを纏いながら人生を淡々と楽しめる人間には嫉妬と憧れを感じる.
AM

AMの感想・評価

4.0
言葉では表しにくい魅力ある映画だった。一見、何気ない一週間を描いていて、退屈そうに見える。しかし、その日常の小さい所は一時として同じことはない。その中の美しさや驚きを見つめ表現するのが芸術であり、それは誰にでも出来て、その者は豊かになる。夏目漱石の『草枕』の一文を思い出した。ブルドックが面白い。いちゃつくと吠える。ポストを傾かす犯人。最後は見事にワンジャックされた。永瀬正敏のセリフが良い。「白紙の中にも可能性はある」
たばた

たばたの感想・評価

3.9
とても静かに、もの凄く大事なことを語りかけてくる映画。
生き方とまでは言わないけれど、普段の生活においての心のあり方を見直してみようと思える映画はそうあるものじゃない。

ちなみに主人公パターソンの彼女がずっと微妙で全く好きになれないんだけど、代わりにブルドッグのマーヴィンがすこぶる可愛いです。

今までアダム・ドライヴァーの魅力がイマイチよくわからなかったんだけれど、この映画を観てたらなんとなくわかってきたというか、すごくハマり役。

ムーンライズキングダムに出てた子役2人が出てきて、 きゃ〜 っとなります。
なぜか飽きない
なぜか最後まで目が離せない
さりー

さりーの感想・評価

4.1
パターソンに住む
主人公パターソン

毎日同じような日を過ごしてるけど
同じ日はない。

一つ一つ詩が出てくるシーンや
音楽・毎朝の妻にキスをする
穏やかな感じが好きでした。

もう一度観てしまいます。


最後の詩の
君は魚になりたいかい?が
凄く印象的。
話題のパターソン、やっと観れた。詩的で魅力ある男の日常。なんでもないのに、引き込まれてしまう。アダム・ドライバー、やっぱいい俳優。
淡々としてて途中でやめて、何週間後かに途中から観た^_^;
途中から観たら字幕が画面からはみ出てて読めなくて訳わかんなかった^_^;
y

yの感想・評価

4.0
一般市民の1週間をただ見ているだけ

同じことを繰り返しているようで微妙な変化があるから面白いのかね

5年後くらいにまた見たい
>|