パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

平和。最高。
パターソンみたいな普通の生活を普通に生きる優しい人と結婚したいわ

日本人でてきちゃうと入り込めないというか、物語感でちゃって残念じゃないですか私だけですか

翻訳が「詩的です」じゃなくて「詩的ですよね」みたいに自然だったら違ったかな。翻訳大事。
トリコ

トリコの感想・評価

4.0
終始何も起きないのにとても豊かな作品。
パターソンの何気ない日常を追っているだけなのだがシュールな笑いに満ちている。パターソン市に住む主人公の名前がパターソン、白黒に囚われた妻、結局”アレ”できなかったのに美女とのエピソードを披露しあうバスの乗客、既に俳優だったエヴェレット、、。
何気ない日常でも、パターソンのような視点でみつめてみれば、詩的な世界に見えてくるんだろうか。
Scigurhhh

Scigurhhhの感想・評価

3.8
巨匠ジム・ジャームッシュによる2016年作。
詩を書くことを生活の一部としている主人公パターソンの何気ない一週間を切り取った映画。
hana

hanaの感想・評価

5.0
大好きな映画です。他の誰でもない自分にとって大切なものを大切にしていこう。
KINOKO

KINOKOの感想・評価

4.5
昨日と同じ日は1日としてない
ありふれているように見える日常にも
美しさと優しさと可笑しさがあふれ
それぞれの人生を彩っていると教えてくれる


忙しい、忙しいが口癖の現代人は
思わず襟元を正したくなるだろう

お金がなくても
成功しなくても、
ただ何気ない日常を
徒然なるままに
しっかりと生きていく。
愛する人とともに。

私達が忘れてしまった本当の人生のあり方を思い起こさせる。

目覚めた時、愛する人の腕のなかにいる
こんな幸せはないじゃないか・・・

沢山ほしがるから
少しずつ幸せがこぼれ落ちる・・・





彼の朝のキスがすき。

部屋をいつも改装してる彼女がすき。

嫉妬深いブルちゃんが大すき。


こんな夫婦、家族になりたい。


全てが愛おしい作品だった。

しばらくパターソン病になりそ。



郵便ポストの傾きが
そして犯人が
ツボだった(笑)。



ブルちゃん、盗まれなくてよかった。
バーで繋がれている時、いつ盗まれるのかヒヤヒヤして観てた。

私の家にもフレンチブルがいる。

ブルちゃんも欲しくなったー。
ツボすぎる(笑)。
吉村泰

吉村泰の感想・評価

3.6
アダムドライバーはいいね。
aoAme

aoAmeの感想・評価

-
世界を愛するということが、どういうことかを描いた作品だったように思う。それはつまり、ジム・ジャームッシュが、映画をどのように愛しているかでもある。

どこかから借りてきた言葉や方法に頼るのではなく。
もしかすると愛することそれ自身が、自分にとっては「かなえられない行為」なのかもしれない…そんなゼロ地点から語りかけてくる作品。

恐ろしく肌があったため、3回続けて観た。
広義の意味での愛を(その対象が何であれ)、根本的な地平で疑ったことのない人間には、この感覚は分からないかもしれない。そんなふうにさえ、つい思ってしまう。

繰り返される日常、過ぎゆく雑踏の輝き、会話の意味がリズムにとけていく様子、主人公の内的な世界(言葉の力学)が、外的な世界の双子や名前のシンメトリーとなって投影される描写。

ナイトテーブルに置かれた写真が暗示する深い喪失(おそらく兵役)と、妻へのどこか冷めたやさしさも味わい深い。僕も、どこかこんなふうに妻を愛しているように思う。

アダム・ドライバーの演じるこの男は、間違いなく、かつてどこかで深い喪失を味わっている。

かつての喪失と、喪失された今。
男が書きためた詩のモチーフは、そんな喪失と喪失をつなぐものだったに違いない。喪失と喪失をつなぐ言葉は、日常の光を独特に輝かせる力をもつ。

これは…僕には、ほんとうによく分かる。それは、ある種の美しい緊張を描くこともできる。けれど。

そんな緊張の糸を、ジム・ジャームッシュはあの愛らしいワンちゃんに破らせてしまう。間違いなく、それは監督自身の愛だろう。そこじゃないよ、いるべきなのは。同じように見えても、そこではない。

Would you rather be a fish?

魚を描くことと、魚のように描くことの違い。喪失を慰めていた過去の綴(つづ)りが破られ、新たに世界を愛していく行為へと、主人公は踏み出すことになる。

とても静かに。

愛するということは、つまりは意志することだろう。
それは可能か?
いや…その可否を問うのではなく。

Would you rather be a fish?

深い喪失を静けさのなかに沈めながら。ほんとうはとても厳しい愛の可能性を問いかけた、美しい、美しい映画だった。
mito28

mito28の感想・評価

3.1
ピンと来なかった。
yuki

yukiの感想・評価

2.8
全然わからんかった、笑
anjo

anjoの感想・評価

-
生活。日々は繰り返しの連続のようで、でも何処か必ず昨日とは違う。そんな当たり前だけど、つい忘れたり見過ごしてしまうようなことを丁寧に映しているように感じた。朝、目が覚めた時に愛しい人が隣で眠っていることのかけがえのなさ。すべてのものごとは変わっていく。たぶん生きるというのはそういうこと。でも変わって欲しくないものもある。大事にしたいこと。丁寧に積み重ねて暮らしていきたいなと思った。
>|