パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

ごく普通のマッチ箱さえも、詩人の手にかかれば、愛おしくて何だか特別なものに見えてくる。

背伸びも謙遜もしない、等身大の日常を描いた映画でした。何気ない日常も、誰が見るか、どんな気持ちで見るか、どこを見るか、で見え方は変わってくる。常に心にゆとりを持って、毎日を大切に生きようと思えます。そういう意味では、ちょっとだけアバウトタイムと似てるところがある気もしました。

アダムドライバーの優しい演技がよかった。…んですが、たまに「インサイドルーウィンディヴィス」の、アダムが謎の歌を歌うシーンを思い出しちゃって笑いそうになりました…😂

ちなみに、ジム・ジャームッシュの作品は初。他の作品もいろいろ観てみたいです。
jam

jamの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

何か起きそうで何も起きないところが好き
本当にほんわかしている。
ポエム好きだから見応えはあった。

もう一度観ようとは思わないかな。
でもこういう誰かの日常映画は割と好き。
日常の美しさを切り取った映像
全てが詩的で無駄なものなんてない
高嶺

高嶺の感想・評価

4.0
アダム・ドライバー主演という事で楽しみにしてた。
バスドライバーで、時間に囚われそうで囚われない緩やかな生活の浮き沈みが、音楽と詩の朗読を伴って心地よい。物語としたら何かありそうで何にもなく、こんな流れに眠くなる人もいるかもしれない。けど、パターソンはこんな日常が幸せなんだろうと、余計なことをあれこれ考えていたこちらの方が「くすり」としてしまうお話だった。アダムの雰囲気にぴったりだった。
マーヴィンが超絶かわいい。
KazukiIto

KazukiItoの感想・評価

3.8
ブルドッグを飼いたくなる映画。
ドラマチックじゃなくていい。なんて事のない日常を愛して生きたい。
カイロレンの一週間日記
IzumiSato

IzumiSatoの感想・評価

4.6
うわ〜いいな〜ほっこり〜って思うけど、
自分には得られない幸福感だなって(笑)
冬にもってこいのあったかくなれる映画。
ラウぺ

ラウぺの感想・評価

4.0
街と同じ名前のパターソン(アダム・ドライバー)。バスの運転手で詩人(ただし秘密のノートに書き綴るだけ)、朝の6時過ぎに起きてシリアルを食べ、同僚の運行画係の愚痴を聞いてからバスに乗る。様々な乗客の会話を聞きながら業務終了。自宅の郵便受けから郵便を取り出し、傾いたポストをまっすぐに直す。妻の話を聞いて夕食を食べてから愛犬のマーヴィンを連れて夜の街を散歩。バーに立ち寄り、主人や常連客との会話・・・
妻(ゴルシフテ・ファラハニ=「ワールド・オブ・ライズ」の看護師の人)は大変チャーミングだが、ちょっと、いやかなり天然な人で、通販で200-300ドルのギターを買ったり、毎日部屋中を白と黒の幾何学模様で装飾に励んでおり、自作のカップケーキを週末のバザーで売るべく準備をしている。変な料理を開発して夕食に出す・・・
なんにも起こらない系の見本のような映画。

毎日殆ど同じような生活を送りながら、ほんの少しずつ変化のある日常。
1週間の間に少しずつ変化とイレギュラーなことが起きたりするのも、ごくありふれた日常としては普通のことで、おそらくこの先も同じように生きていくのだろうと思う。
それでも周囲の人にもちょっとしたもめ事が起きたり、おそらく次の1週間、その次と過ぎていくうちに小さな変化もあれば、それまで積み上げてきたものが二度と戻らないような出来事が起きたりで、似たようでいて、まったく同じ日にはならない。
これはある意味ではミニマル・ミュージック的映画なのだろうと思います。
同じフレーズの繰り返しのうちに、ほんの僅かなズレが仕込んであって、それが時間を経るごとに変化の度合いが大きくなっていく。
同じようでいて、昨日とはほんのちょっと違う毎日の繰り返し、そういう映画なのかなと。

映画的にはずっと同じ日常の繰り返しなので、必然的に細部に目を向けることが大切な映画といえます。
ちょっとした会話がさざなみのようにその日の行動に影響を与えたり、心の機微を描く描写が細やかで、また、ほんのちょっとした伏線が随所にちりばめられていて、それが後になってなるほどというところがあるのが心憎い。
毎朝起きる時間の微妙な違い、ベッドの横に置いてある軍隊での写真、毎日ポストの傾きを直す主人公・・・等々。
映画全体が詩のようなつくり。

作品から感じられるのはありふれた日常が続くことへの感謝であったり、日々感じるちょっとした後悔であったり、観る人によってそのメッセージの伝わり方はさまざまで、作品内に明示的に示されているわけではありませんが、そのぶんだけ、観終わってから色々なことに頭を巡らすことができす。
観終わってからしばらく経つと、また観たくなるような不思議な中毒性のある作品だと思いました。
>|