パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

アップリンクでこの映画を観る時間がとても心地よかった。

同じようなシーンの繰り返しと少しずつ展開される日常の出来事。
あーこの構成何かみたい。そうか、映画自体が詩を表現しているのか。

この時代に秘密のノートを持っている人はどれくらいいるのだろうか。公園のベンチあたりで探してみようか。


バスの中でイタリアのアナーキストについて話してた男女の学生、ムーンライズキングダムのあの2人??
chisa

chisaの感想・評価

3.9
アダムドライバーが素ぽくて
好きだ。奥さんの白黒アートがかわいい
好きなシーンが多いです
achako

achakoの感想・評価

4.0
気になりつつもやっと鑑賞できた…

劇的な事は起こらずとも新しい1日は必ずやってきて、その繰り返しで生きている

パターソンよりも、妻の自由な暮らしぶりだったり、飼い犬の方に焦点が当たってるようにも思えた

沢山のポエムが綴られていたであろう秘密のノートに、最後に書き綴った愛しい妻へのポエムは、とても意味深で、この生活が幸せかどうか自問自答しているようだった

ポエムは、心の奥にしまい込んでいる思いを吐き出すかのように綴られ、ある時は嬉しい思い、またある時は悲しい思い…

そしてまた、新しい1日が始まる
Yuka

Yukaの感想・評価

3.1
寝ないで観るのは難しい、
平日はちゃんと平日の気分だし、休日はちゃんと休日の気分にさせられる....


なんでずっと時間気にしてるの?
なんで双子がたくさん出てくるの?
なんで彼女は料理下手なの?
なんでパターソンより周りの人の方が韻踏むのとか上手いの?
なんで2人がキスすると犬が唸るの?
なんでーーーーー
を観てる人が勝手に想像する映画、
いずこ

いずこの感想・評価

3.4
ただただパターソンの日常を描いている映画なんだけど、心地良さを感じて不思議な感じでした。
ごく普通の生活に価値を見出していくパターソンの感性がすごいし憧れる
Luka

Lukaの感想・評価

3.8
同じようで同じでない毎日の良さ
無職

無職の感想・評価

4.0
退屈に思える日常にも心が動く瞬間や幸福なときは現れる。
Animo

Animoの感想・評価

4.4
「詩を翻訳するということは、レインコートを浴びてシャワーを浴びるようなものだ」

確かに、スペイン語で読むパブロ・ネルーダの詩と、日本語に翻訳されたパブロ・ネルーダの詩とでは、伝わってくる雰囲気が異なる。

詩の良さとは、選び抜かれた言葉の裏に潜む思い、空気、景色まで、ヒリヒリした感覚で味わえること。

一週間の何気ない日常をヒリヒリ感覚で映画にする能力。これぞ映画の詩人の力。ジム・ジャームッシュこそ映画の詩人だ。
Rina

Rinaの感想・評価

3.8
同じような日々の、ちょっとした違いの心地よさ。
何気ない日常だけどとてもお洒落。
>|