パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

3.8
コーヒー&シガレッツが好きなジャームッシュ好き。早く観れば良かった。

どういう映画か、何が見所か、説明するのが難しい。
造形として美しいものが映し出されるわけではないのだけれど、とても美しい映画。この映画自体が詩なのだ。
rose

roseの感想・評価

4.4

いいなぁ。
大切な人がいて、朝キスをして起きるの。
私も、明日は6時15分に起きよう
でも、ちょっと遅くたっていいんだ。

毎日同じだ。って贅沢だよね。
毎日同じだけど、そりゃ同じじゃないんだ。

体の底からはぁーって、いいため息が見終わった後に出た。

周りに耳を傾けてみれば、面白いことがきっとあるはず。
もっと、毎日を忘れずに大切に過ごしたい。

モノクロが好きな不思議な奥さんと、パターソンのやり取りが可愛くて好きだな。
七沖

七沖の感想・評価

3.5
〝毎日が、新しい。〟
このキャッチコピーは素晴らしいと思う。毎日繰り返すルーチンワーク的な日常であっても、完全に同じ日などない。文字通り、毎日が新しい日であることを気づかせてくれる。

ストーリー…と呼べるものはなく、バスの運転手で詩を嗜むパターソンさんの何気ない一週間が切り取って描かれている。

妻の隣で目覚めて、仕事に行って帰ってきたら、愛犬の散歩がてらバーで飲む。毎日がこれの繰り返しだ。
変化のない日常が退屈すぎて、爆発とか変人とか出てきたりしないかな、と思ったりもしたが、そもそもこれはそういう映画ではない。
よくよく考えてみると、毎日のルーチンはあるが、起きる時間やバスの乗客など、全く同じ日はない。
デスクワークではなく、変化をつけやすいバス運転手という設定はうまいと思った。そして、パターソンはそんな微妙に違う毎日からインスピレーションをもらって詩を綴っていく。
なんというか…自分の日常よりパターソンの日常の方がよっぽど有意義で変化に富んだ日常だと思い直した。
自分も明日からの1日1日を、些細な変化も大切にして生きていこうと思う。


あと、愛犬のブルドッグと詩を書く女の子が可愛かった。
Mako

Makoの感想・評価

4.2
毎朝同じベッドで目覚めて、奥さんにキスをするところから始まる。バスの運転手をして、詩を書いて、夜は犬の散歩をしてバーに行く。

"ベッドに入ってきたときのあなたの香り好きよ。ほんのりビールの匂い。"
そんな旦那さん想いの奥さんは温かくてちょっぴり天然でかわいい。
シンガーになりたい、カップケーキ屋さんになりたいっていう奥さんの突拍子もない夢もぜんぶ、
"いいね、やってみたら。"
って優しく応援してくれる旦那さんも素敵。

変わらない日常って幸せだなってほっこりさせてくれる作品。旦那さんの奥さんを想う詩からはどれも優しい愛が感じられてグッときた。
パターソンの一週間を覗いてみよう。


目が覚めて時計を見ると、いつも時間が違う。
ほんの数分なんだけど大体6時すぎくらいに起床。
隣に眠る妻はいつも違う姿勢。

同じ空間でも、日にちが変われば全く違う。
一日の流れは同じようなものかもしれない。
毎日同じ時間に同じ道をバスで通る。
パターソンがバスの運転手なのは、同じ時間に同じ道を通るからであり、毎日同じことの繰り返しという表現が極めて分かりやすいから。
人との会話を楽しめる人物像を描き出すことにも適しているので、こういった職業に設定したのかな?
映画は日常の変化や特殊な世界というのが多いが、ありふれた変化のある日常を本作は描いている。
こんな日常を映画として成立させてしまうのはジャームッシュの良さだし、本作は彼の作品のなかでも際立って心地がいい。

本作で、偉大なパターソンの地の詩人が多く登場するのは、本作自体が詩を映像化したような作風だからなんだろうね。
劇中で一期一会のような出会いもあり、あれは日常でも気にも留めないような些細なものかもしれない。
映画のなかではおーすごい!って出会いも、日常では溢れていて当たり前のこと。
愛犬は毎日同じ道を歩いても、どこか幸せそうだ。
彼の目にはどんな世界が広がっているんだろう。


最上の幸せ。
詩というのは、内面を表現する方法であり、新しい世界を開いていくもの。
パターソンはどちらかといえば内向的な人でありそう。
内向的な人は外向的な性格にもなれるから、人との会話も楽しめているんだろうな。
目の前にあるただのマッチですら、新しい発見の始まり。
何物も意味があり、何物も美しい。
パターソンという町は、世界でみれば大事な町でも偉大な町でもないだろう。
自分という存在ならなおさらちっぽけだし、生きていくとはなんだろうと思ってしまう。
下手すれば生きがいをなくしてしまったりね。

まぁそうだよなぁ。
現代って如何にして効率よく生活するかや、消費社会になってしまってる。
だからこそ日常に価値を見出だせなくなり、ストレスが募っていく。
いつもと同じ生活はやめてみようとか、特別な時間ばかりを追い求めさせる。
当たり前の日常じゃだめ?
というか、周りの出来事に無関心になりすぎることで、退屈を感じるんだよね。
心が満たされていれば、すべての瞬間が輝いて見える。
毎日は当たり前に溢れる。
毎日は幸せに溢れる。
毎日は素晴らしさに溢れる。


カタチあるものはいつか消えていく。
パターソンはスマホを持たない。
なぜだろうか。
画面越しの世界に夢を馳せることで、身近なことが疎かになる。
今現在、目の前で起こっていることは二度は起こらない。
データに残すことがそんなに大事か。
記憶に残すこと。
言葉で綴ること。
今この瞬間を自分に刻み込もう。

当たり前の毎日に愛を。
限りない幸福に感謝を。
毎日が新しい日
Tsubasa

Tsubasaの感想・評価

4.0
パターソンの1週間の映画。
毎日6時ころ起きて仕事いってご飯を食べて寝て。
その繰り返しでゆったりしているけど逆にすごい人間味にあふれた映画だった。
平凡な日常が一番幸せなんだなと思った。

バス運転手の何気ない日常。一週間。

今の寝不足MAXな私にとっては、この映画を最後まで観ることが出来なかった…😭二回チャレンジしたんだけど、眠すぎて眠すぎて…💤そういう時もあるよね。また観るべき時が来たら、改めて観ようと思います。またこの映画と出会える日までのお楽しみ。
kosuke

kosukeの感想・評価

3.1
この手の映画は苦手
>|