パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

詩人のバス運転手とおちゃめな妻の愛おしい7日間。
同じ日なんてない。日常の中の小さな幸せを大切にしたい。
昼下がりの休日での視聴がおすすめです。

このレビューはネタバレを含みます

最後 パターソンの詩のノートを犬にバラバラにされた時にこれは、今まで言葉に起こしていた詩が昇華して、空間に解き放たれた って感じの意味合いなのかと 思ってたんだけど 意外とパターソンが犬に怒ってて笑った笑

泣き目パターソン「お前なんか嫌いだ」

🐶「.....」


ホドロフスキー映画だったら 自ら詩集燃やしたりしてるし、
もし犬に食われたら、イェーイ!って叫びそうなんだけどな笑
未

未の感想・評価

3.8
記録
koppe2216

koppe2216の感想・評価

3.7
"今日は負けだ"
"相手は?"
"自分さ"
あま

あまの感想・評価

3.0
平凡な日常をそのまま肯定してくれているような映画だと思った
ド派手なアクションもヒーローもいないけどゆっくり始まって終わるなんてことない毎日が愛おしく感じられるようになりそう
ジム・ジャームッシュ(以下、ムッシュさん)監督作品を初鑑賞です。

ムッシュさん、自分は良く知らなかったのですが、とても有名な監督さんなのですね、支持するフォロワーさんも多数いらっしゃるので、レンタルの始まったムッシュさんの最新作を観てみました。

本作、端的にいうと、起伏がなく平坦で単調。。
なのですが、終始落ち着いた感じでゆっくり流れる時間や台詞、またその間(ま)が不思議と心地よく感じられ、何気なく映し出されるカットの一つ一つや、綴られる数々の小さなエピソードが作品全体の穏やかな雰囲気を形作っている、何かほのぼの感を感じるマイナスイオン全開の作品でした。



あらすじは超簡単に...
ニュージャージーのパターソンでバスの運転手をして暮らすパターソンという人の月曜からの一週間を描いた作品です...以上。


本当に月曜の朝起きるところから始まります。

月曜が終わると火曜、水曜...と何気ない日常を淡々と映し出す。

あまりに淡々としているので水曜くらいで寝落ちしそうになった(汗

主演のアダム・ドライバーはバスのドライバー...(←寒いよ!)
そんで顔もデカいが心もデカい!ってな温厚で落ち着いた役どころ。

スター・ウォーズのカイロ・レンの暴れん坊イメージしかなかったのですが、本作の終始穏やかで落ち着いた役も意外にハマっておりました。

パターソンの脇を固める皆さんも良かったですね。

奥さんは、壮大な夢を抱くのはいいけど、そこからスタート?って感じで、ちょっと天然系なところも含めてチャーミングだったし、ブルドッグ(犬)のマーヴィンはカンヌのパルム・ドッグ賞(←こんな賞あるんですね)受賞も納得?のワンダフルな犬演技でした。

それにしてもパターソン、奥さんの料理が不味くても文句言わないのは感心するけど、でもごまかし方ヘタすぎでしょ(汗
僕も絶対文句言わないでありがたく食べる派だけど、でももっと上手くごまかすけどなあ。

その他、「調子はどう?」→「最悪!」と答える愚痴ばかりこぼしている同僚や、他愛のない会話をするバスの乗客たち、描かれるエピソードの一つ一つは小さな出来事だけど、個人的には郵便ポストのエピソードがとても好きでした。

滝のところ(グレートフォールズ)でのエピソードはちょっと浮いた感が無きにしもあらずでしたが...

今回、ムッシュさん作品を初めて観ましたが、多くの人から支持される理由は、作品から漂う独特の雰囲気なんですかね。

観終わった後に残るホッコリした余韻が何ともいえない心地良さで、毎日セカセカ仕事してピリピリしていた気持ちを、ドー、ドー、と落ち着かせて穏やかな気持ちにさせてくれるような、そんな癒し効果のある作品でした。


ということで最後に一言... A-ha!
一人につき一度きりの人生、なれる職業や出来る生活スタイルは限られてます。
だから、こういう映画を観ると他人の仕事や生活を体験できます。それだけで豊かな気持ちになります。

主人公の職業がバスの運転手っていうのがいいですね。運転するコースとかは決まってるんですが、毎日何かしらの変化がある仕事です。

「何も起こらない映画」って言う人もいますが、結構、気になる出来事がたくさん起こってます。

まず、ものすごいイケメンだとは思いませんが、アダム・ドライバーがかなり好きな俳優になりました。
彼の雰囲気が、この映画に合ってます。

そして、主人公の奥さんが活発で善人ではありますが、どこかおかしいです。
主人公も彼女のことを愛してはいるようですが、長いこと一緒に過ごしてストレスが溜まらないのか、少し心配になります。

犬の居様も良かったです。
製作者側は、よく躾けたと思います。

それと、タイトルにもなっていますが、パターソンの町並みがある意味、もう一つの主人公だと思います。

音楽のことは詳しくありませんが、イギーポップとかだけじゃない、HIPHOPというかラッパーを志す若者も共存しているようです。文化的でもあり不思議な街ですね。


郵便ポストをいつか修理するかと思いきや、結局そのままにしていたり、双子が多く出てくることも、意外とストーリーに深く関わって来ません。
そういう"伏線回収しない"スカシが多かったです。
永瀬正敏の「アーハー」ってセリフも、耳には残りますが、よく分かりません。


自分の中では、映画館で観るというよりも、家でホットコーヒーとか飲みながら休日にゆっくり見るタイプの映画です。

観る時の健康・精神状態によりますが、数年経ったらまた見返したい映画のひとつです。
ジム・ジャームッシュ監督作品を観るのは初めてですが、良かったです。
アヤコ

アヤコの感想・評価

5.0
めちゃくちゃよかった。
人のルーティーン見てるの楽しいので幸せな気持ちになった
1つの物を作り続けるのって大変だなと思った。
ラストの詩いいな…アーハン
ゆったりした空気感が好き。パターソン氏、包容力あるし男前。日本人が出てきた途端すごい邦画感を感じたけど割と序盤からその感はあったかも。小さい劇場でしかやってないマイナーな邦画って感じ。そういうの好きなんですよ
akari

akariの感想・評価

3.6
平凡な毎日って良いよね
と思わされる

でもちょっと退屈
>|