パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

詩人のバス運転手とおちゃめな妻の愛おしい7日間。
同じ日なんてない。日常の中の小さな幸せを大切にしたい。
昼下がりの休日での視聴がおすすめです。
人生の見方が変わる一本
パターソンという映画は
パターソンに住む
パターソンという名前の
バスドライバーの1週間を
アダムドライバーが繊細に演じています。
Mi

Miの感想・評価

4.8
外に出てみたら何か変わるかもしれない
仕事の合間にポエムを書き留めるパターソン市に住むパターソンはアダム・ドライバー演じるバスドライバー(だじゃれ?)。「詩」として反復する日常。チョイチョイ双子が登場するふしぎな世界。昼と夜、白と黒、男と女。朴訥で従順な彼と、創作系不思議ちゃんメシマズ彼女。二項対立は溶け合わないながら背中合わせで共存する。間にいるのは人情の機微なんてどこふく風のイングリッシュ・ブルドッグ。不思議な魅力。
踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.1
法月綸太郎に倣って、この映画を「二の喜劇」と名づけることが許されるだろう。昼と夜をめぐる映画、地名としてのパターソンと人名としてのパターソンをめぐる映画、男と女、アボットとコステロ、ロミオとジュリエット、白と黒……二項対立を到るところに見出すことが出来る(その意味で、双子が重要な場面で登場するのは実に示唆的で、悪く言えばあざとい)。こうした交わりそうで交わらない対立関係が産み出すホットなドラマ性が、この映画を一見すると退屈な世間話のように思わせておいて、あとに無視し得ない余韻を残すものとして成立させているように思う。モノクロ時代の『ストレンジャー・ザン・パラダイス』からジャームッシュは変わっていない。平熱な映画で、観る人を静かに揺さぶる。シブい映画を観させてもらったとその味わいを十分に堪能した。だが、煙草を登場人物に吸わせないのは丸くなったからか?
85

85の感想・評価

3.3
日本人が日本人ぽすぎてこんなにわかるんだって思った
「日常」を描く。
特に話に大きな起伏があるわけでもなく、淡々としているのにすごく見入ってしまった。スローで落ち着いた世界観に魅せられる。

カイロ・レンのイメージしかなかったけど、アダム・ドライバーってこう見るとめちゃくちゃ良いね◎
瀬

瀬の感想・評価

4.0
記録 / 2018年下半期35作品目
>|