パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

マーヴィン可愛すぎ。奥さんも可愛すぎ。パターソン幸せな人。
koichi

koichiの感想・評価

4.0
パターソンに住むパターソンはバスの運転手。
目覚ましを使わないで6時だいに目を覚ます。
隣で眠る愛する人に必ずキスをする。口だけとは限らない。
出社して、バスを運転して、仕事を終えて帰宅する。
愛する人と今日の出来事や思ってることを話す。
夕食をし、犬の散歩にでかける。
ブルドッグだ。犬の散歩はパターソンの役割。
散歩途中バーに寄り、一杯だけビールを飲む。
愛する人との会話、会社での会話、バスの中での会話、散歩中に出会う人との会話、バーでの会話。
代わり映えのない繰り返しの毎日の中で新しい出会いや発見。
パターソンは思いついた詩を秘密のノートに書き込む。

とても詩的な映画で随所にセンス溢れる上質な映画だ。

素朴で平和で温かく柔和でユニークな生活。
平凡な日常がとても魅力的にみえたのはその中に詩的な何かがあるからだろうか。

あぁ、そうか。
もしかしたらとりとめのない日常の中にこそ詩的な何かがねむっているのだろう。

僕にはそう思えた。
おむ

おむの感想・評価

-
雰囲気を楽しむ映画。
猫田

猫田の感想・評価

4.5
癒された。あのでかい体からは想像もしなかったアダムドライバーの繊細な佇まいが素敵。繰り返す日々の中に、毎日なにか新しい発見をしながら生きるのは難しい。だから、日々を敏感に大切に生きる主人公の姿に憧れる。ありふれた日常の中にある見過ごしそうなきらりと光る瞬間がさりげなく凝縮された映像のかざらない美しさ。画面越しにその瞬間の風や匂いを感じたような気がした。犬好きなので、あのブルドッグにもメロメロ。ふてぶてしくて可愛い。もう少し歳をとったら、この作品が今よりもっと味わい深くなるだろうか
naomisa

naomisaの感想・評価

4.0
自分の中にある世界に、喜びを見出す幸せを描いている。
心の中から、湧き上がる言葉を外に出して喜びとなるのが詩だ。
ジャームッシュは言葉が詩となる時のホッとするような満足感を映画にしてくれた。
穏やかな日常を描いた中でも、ワクワクするのは、脚本と演出のうまさだと思う。
THROUGH227

THROUGH227の感想・評価

3.1
助演男優賞













マーヴィン🐶
すっごい好き。

何の変哲もない毎日。
一見代わり映えもしないが、
小さな変化・出会いとかが何か良かった。
金曜日は朝から気になってしまった。

詩をつくる材料にもなってたけど、
日々のちっちゃい出来事に自然と目を向けられるようになると、
何だか楽しそうですな。
自分が続けてる日記に活かしたい。

パターソンの生活が何だか良いなと思っちゃったけど、
自分の代わり映えしない毎日も良いなと思える人がいるのかね。

平和が1番。急がず生きていきたいです!

あとポスト傾いてるやつ微笑んじゃった。笑
てかアダムドライバーがドライバー役で、
パターソン市のパターソン氏を演じるってやつまじそれな。
johnny

johnnyの感想・評価

3.2
パターソンの毎日はみんなの毎日。
中間色のグラデーションと少しの差し色とでできてるんだなあ。
手作りかぼちゃプリンのような素朴で遠めな甘さが穏やか

水めっちゃ飲むことでどのみちばれちゃうほどのパイ、いったいどんな味がしたんだろう…
妻がどうにも苦手でいまいち入り込めず。
アーハン
パターンの生活が羨ましすぎて、見終わったあとランチボックス同じヤツ買いそうになった。
女の子と詩の話をするところが好き。
熱い頬。僕は毛布から抜け出す。時計の針はきっかり6時半を指している。一人テーブルで朝食を食べ、乗客がやってくる前にそっと一編の詩を書き記す。救済のため?それだったら、僕はそれに値しない人間だろう。彼女のため?それだったら、彼女の言う通りコピーを取ってもいいはずだ。ここパターソンには、描くべき会話があり、残すべき色彩が溢れている。日一日をただ無為にやり過ごしてもいい。だけれど、それを、その瞬間を切りとっておくのもいいのかもしれない。
>|