パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

何の変哲もないような日常。でも視点を変えるだけで、それは穏やかに彩られる。
パターソンの詩、ローラの夢、バス内の会話。一見シンプルな光景でも、細やかな変化で溢れていた。
そういう事に気付ける余裕が欲しい( ´ ` )

現実的な日常を過ごすパターソンと、理想を追い求めるローラ。
真反対に位置してるように思えるけど、お互いが嬉しい時や悲しい時にはしっかり相手に目線を合わせてる。気持ちの共有を怠らずに出来るって素敵だなあ。
saasa

saasaの感想・評価

3.5
音楽となんだか不思議な心地いい時間
そしてリアル

なんだろう

変わらない毎日の様で
会話や風景が毎日ちょっとずつ変わっていて同じ日はやってこなくて…

期待しすぎてしまって
なんだかパッとしない…

彼は自由奔放な妻に無理をして合わせている様に見えて、いつか爆発してしまうんじゃないかって勝手に心配してしまったけど
彼はちゃんと妻を愛おしいと思っていて…
2人は2人で成立していて
色々な形があるんだなと思いました
無機質な日々
ちょい退屈
「詩の翻訳は、レインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ」
ジャームッシュ映画は深夜に部屋で茫然と観るのがいい。
昼間に映画館で見るのはなんだか自分にはしっくり来ない。
初期3作を初めて観たのが深夜のCMなしノーカット放送だったからだが。
「ゴーストドッグ」以来ジャームッシュの映画は観てなかった。
結構撮ってたんすね先生。
「デッドマン」はかなり好きな映画だが、今にしてみるとあれはあまり「らしくない」映画な気もする。
今作は「らしい」感じだ。
日常を切り取って詩にしてしまう。だけでなく詩の朗読も文面も画面に出る。 そういえば「デッドマン」も詩の暗誦があったっけ。

まあ何より、美人でやさしい嫁さんがいればそりゃあね、人生上等じゃないの。
格調高そうな映画は敬遠するようになってしまったけど、そのブランクの映画もちゃんと観てみようか。
あ、アダム・ドライバーがバスのドライバーってまさかこれも韻を踏んだわけじゃあるまいな?

ロケ地: ニュージャージー州 パターソンとその周辺
ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手の1週間を描いた作品。ドラマ的な大きな展開は起きないがほんとうに愛おしい、、
毎日同じルーティーンの日々を送る主人公だが決して同じ1日ではない。
毎朝の起床シーンも意図的に同じ構図で撮られているが寝相の向きが違ったりあ、昨日の晩はしたんだなと分かったり、同じだからこそ違うところがよく見えるようになっている。
日々の代わり映えのない生活も本人の捉え方、見方次第で詩的で輝いたものになってゆく。
仕事や毎日の生活に疲れた人にとって日々の捉え方が変わるセラピーのような作品になるのではないかなと思う。
あーはん。
正直な所、見始めたときこれはおもしろくない。。。と思ったけれども。。。
自分が見た配信のサイトでは星4つでした。
おもしろくないもおもったものはすぐ消してしまう私。
選り好みの激しい私ですが。全部見てしまいました。

人の1週間って際立たせて描いてこんな感じなのでしょう。
人からみたら何気ない1日がその人にとっては忘れられない出来事であったり。。。

全く知らない人の1週間に密着して生活を見せてもらったような感じでおもしろかった。
ずっと、もうずーっと観ていたくなってしまうパターソンの毎日のおはようからおやすみ。色んな優しさにほっこりほっこり。犬のマーヴィンかわゆす。

熟している、永瀬正敏が大層良い案配に。
nnewao

nnewaoの感想・評価

3.6
ニーチェの馬のように1日ずつ。。
昔マッチの箱集めてたの思い出した。
>|