パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

nolone

noloneの感想・評価

4.0
映画特有の美しさをうまく表現していた。
ふー

ふーの感想・評価

3.6
ほんとに、のほほんとすぎて行く
彼女が個性的でかわいかった

バスの中の人たちの会話に
心の中でクスッと、てゆう日常いいな
あんまり日本だとそんなに大声で
話す人いないから、運転手までは
聞こえない気がするのが惜しいな
ikumi

ikumiの感想・評価

5.0
とりとめもない会話の安らぎ、気にもとめない小さな変化の愛おしさたるや。
sheepman

sheepmanの感想・評価

4.3
バスの運転手をしながら詩を書いているパターソンの一週間は一見うんざりするような繰り返しで、時々予期せぬ出来事がそれを掻き乱す。その総体はまるで一編の詩のような形を取る。つまるところ、単調な毎日に何かを感じ取れるかどうかは当人次第だということなのかも。ジャームッシュが辿り着いたミニマリズムの極地だと思う。コインランドリーでラップしているのはメソッドマンなんですね。
ammi

ammiの感想・評価

3.8
毎日って、出逢いってこういうもの。変わりない日々の中で、何かが終わり、何かが始まる、その繰り返し。
mt111104

mt111104の感想・評価

2.9
スマホのない生活。
パターソンの静かな優しさ。
なー

なーの感想・評価

4.0
質素で、穏やかで、辛抱強く、素直で、勇敢で、思慮深く、静かな青年が妻を愛し繰り返される退屈だがちょっとずつ違って時々中くらいの事件も起こる日々を優しく美しく描いた作品

飽き性な僕はバスの運転手なんて絶対に向いてないけど、この作品を観た後は日々を大切に些細な変化を楽しんで生きることも大事なんだなって思えた
何気ない日常の中の幸せ

このレビューはネタバレを含みます

何の変哲もない毎日を退屈であると嘆き哀しむか、平和であると感謝し慈しむか。

後者のようなものの考え方ができる人って、きっと人間としての人生を送るのが10回目くらいの人。
それを映画にしちゃうんだからジム・ジャームッシュ監督は果たして人間人生 何回目なんでしょうか…。

アダム・ドライバーはスターウォーズでの悪役のイメージしかなく大柄で独特な顔立ちなので、ジャームッシュ監督作品に出演すると知って驚きましたし想像できませんでした。
ところかどっこい、詩を書く姿は繊細だし妻を想う姿は優しく愛犬を散歩させる(ついでにバーに寄っちゃう)姿はコミカルだし。
俳優がすごいのか、監督がすごいのか。
判りませんが全く違和感なく映画の世界に入り込めました。

平穏な日常を扱う映画にしては、奥さんが割とブッ飛んでいて印象的でした。
パターソンにギターを せがむ姿が とってもキュート!
あんな奥さんがいたら毎日楽しいだろうなあ~~と思った人って、私を含めて沢山いると思うんです。
でも、それって、“自分の人生が楽しくないのは周りのせい” と嘆いているようなもので。
優しく穏やかな世界観に合わずとも割とブッ飛んだ奥さんを登場させたのは “他人のせいにするなよ。人生、自分次第なんだよ。” という監督からのメッセージなのかなと私なりに解釈しました。

でも、すみません。
途中ウトウトしました。
ジャームッシュ監督作品、苦手なのはホント~~に眠くなっちゃうんです。
すみません。

最後に。
ジャケット(夫婦ふたりが寄り添って眠る姿)!
サイコーすぎませんか。
愛おしくて羨ましくて震えました。
鑑賞前にジャケットを見ただけで こんなにも幸せな気持ちになれたのは初めてです。
一目惚れは勿論、ポスター欲しいです。
「何気ない日常の中にこそ幸せはある」

これをそのまま映像にしたような映画。
>|