パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「パターソン」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.2
珍しく雪が降った平日の朝、DVDで鑑賞。
バイト先で洋画好きな方といた時に、最近の作品の話→BlacKkKlansmanの話→Adam Driverの話になり、お勧めだと紹介されて出会った映画。

個人的には、何かしら秩序立っていて華麗に伏線が入り組んでる映画よりかは、パターソンのような映画こそ魅力的。日常生活が対面する光景は、毎日同一で毎日千変万化。通り過ぎていく出来事の欠片を眺めながら、詩の世界の中で自分と会話している彼の生活がとても愛おしい。
1人で考え事をするのが好きな自分としてはシンパシーを感じる所が多かった。今後アメリカに行くことがあったらPatersonに寄ってゆっくり街を歩く数日間が欲しいな。

あと、満を持して出てきた永瀬正敏のシーンが最後にやたら説得力を持ってたんだよな…単に私が日本人だからなのかな
Danny

Dannyの感想・評価

3.6
なぜか一生見てられる彼の日常
ヒューマントラスト有楽町
fintawww

fintawwwの感想・評価

2.9
パターソン
どこででるのかと思ったら
アーハン
mossxo

mossxoの感想・評価

2.5
私の心がひん曲がりすぎてて、この作品の良さを全く理解できないままラストシーンを迎えてしまったような気がする。アダムドライバーに華がありすぎるためか、何か違う展開を求めてしまった。
【洋画2019】
ぜったい、気にいると、わかっていた作品をとうとう鑑賞。映画館に行かれず残念でした…。

日常。いつもの日常を美しく映し出し、日常のミラクルを改めて感じさせる。

詩に乗せて、パターソンの気持ち、感じ方を疑似体験。2人の間には何かを作り出すことが横たわる。秘めることを秘めているとも思わないひと。表に出すことが当たり前なひと。それぞれ。

何で一緒にいるんだって?それは愛があるから。って、陳腐な言い方で恐縮なんですが、そうとしか。
夢見がちな妻を否定せず、心地よい空気を孕む関係性にじんわりと浸ります。

何かを作り出すのが好きだっていうところがわたしにもあるから、この日常はとてもリアルです。

ラストのギフト。なんか、分かるなぁってニヤっとしちゃいました。
>|