パターソンの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

自分の日常と重ね合わせて、皆一緒なんだと安心できるくすっと笑えて平和で癒しの映画でした。何年か後にまた見たい。
gongping

gongpingの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

めっちゃ好き ぼくもニュージャージーでパターソンの運転していたNJTransitになんども乗ったことがある

配偶者が詩をしたためているノートを飼い犬が噛みちぎったとき自分のことのように悲しくなれるローラすごい優しい、というかみんな優しくていい

あと落ち込んだときに外をあるいていると誰かと会って、話をして、それで元気になるっていうことじっさいに本当に起こるんだよ、この世界ではっておもった
パターソンの1週間。
ほっこりというか、
愛おしく感じられた。

出てくる街並み、人々が
みんなお洒落に見える。

自分の日常もよく見れば
案外素晴らしいもので
溢れているのかもしれない。

あとフライヤーが秀逸。
miyawata

miyawataの感想・評価

4.0
素敵な人生を見せてもらった。
いつの間にか自分の生活と重なり合ってくるような魅力。
sk2

sk2の感想・評価

4.3
いい映画なんだけどいい声の詩の朗読が眠気を誘うので注意が必要。
な

なの感想・評価

3.9
小さな会話も小さな出会いも小さな出来事も小さな変化も全部愛おしくなる映画。
ミニマル・ミュージックのようにループを繰り返すだけの単調で代わり映えしないような日常に思えるけれど当然その日々はそれぞれ異なり楽しいこともたわいもない事も鬱憤もレイヤーのように積み重ねられ更には思いもよらぬ突発的な出来事が突如として襲いかかり変化をもたらし場合によっては全てが崩壊してしまうこともある。そうやって新しい毎日を過ごすもの。

「詩の翻訳はレインコートを着てシャワーを浴びるようなもの」という台詞でしこたま膝を打った。
KZNYK

KZNYKの感想・評価

3.5
いつもノートを持ち歩きながら詩を書き、見知らぬ人の話でも傾聴するような鋭敏な性格の持ち主でありながら、仕事・人間関係・自分のプライベートの領域を、はっきり分ける大人の話である。人との距離のとり方が上手く、毎日規則正しい生活を送っているパターソンの姿は、誰しも見習いたいと思ったはず。

豊かな生活の質を保証するように、彼の家には愛する妻と大事な友人(愛犬)がいて、何度も言及する本と行きつけの店があり、安定した仕事と情緒をもって、一日一日が飾られる。こういう毎日って平凡に見えるけど実はいちばん難しい。日常に満遍なく愛が溶け込んでいるところが、まさに詩そのものであるかのように感じた。

この前エドワード・ヤンを見たばかりで気になったのは、この映画もまた室内に間接照明がすごく多い。蛍光灯は全く使わず、日光とランプの光だけで人々(の肌)を映し出していた。それで心地よい温かい雰囲気を醸し出してるのかな。

ただし全体として居心地が良すぎたためか横の人はスヤスヤ寝てた。
寝不足でFateの新作を観た後に観たので、多分始まって30分経たないうちに爆睡してしままい、目が覚めたら永瀬正敏が出てて、なんか良さげな物悲しい音楽流れて終わってしまった。
いわゆる、日常垂れ流し系ムービー。疲れてる時に観たら寝ちゃうかも。パターソンが飼ってる犬が、大変ブサかわいくてキュンキュンしっ放しでした。奥さんが作ってくれるランチ、ミカンの皮に油性ペンで沢山👁が描いてあったりして、エキセントリックだったなぁ。なんだかんだ、パターソンのユルい日常が羨ましい。そんな映画でした。