パターソンの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

ただ、良い映画。
ストーリーとか演技とか役者とか
そんなんじゃなくて
そんなの忘れる、良い映画。
アダム観たくて鑑賞。

最近、一年生の時につけていた日記を失くした。
感情を閉じ込めておきたくて言葉にしていると、その言葉を失くしたとき、とても不安になる。

覚えておけるんじゃないの?と思うかもしれないけれど、そもそも言葉に残しておこうとするような人は 記憶を何か自分の外に置いておかないと不安になるような人だから

わたしみたいだったなぁ
江國さんが書く世界のような上品な二人の関係にとても憧れる、すてきな時間でした。

Adam Driverがdriver……
がく

がくの感想・評価

4.2
パターソンに住むパターソンの1週間。初めはカイロ・レンにしか見えない。

でもすぐに違う人物なんだと認識する。

カイロ・レンはフレッシュなイメージがあるが、パターソンはなんだかくたびれている。

カイロ・レンは激動の毎日を送るが、パターソンは同じような毎日だ。現実はこんなもんだろう。

でもやっぱり毎日昨日とは違う何がが起こる。それに触発され、彼は詩を書く。

彼の自己表現はこれだけ。ほとんど誰にも見せることがない。だから地味な日常に見えるが、昨日と今日は違うし、僕からみたらなかなか楽しそうな毎日だ。

彼は恋人を愛しているようだが、疲れてもいるようだ。彼女は彼と違い、大胆に自己表現をする。疲れはするが、彼の日常に彩りを与える。

バスの運転手という仕事も、いつものバーも、毎日同じで毎日違う。

このレビューはネタバレを含みます

ジム・ジャームッシュという名前に触れる機会がたまたま何度かあったので気になってた監督さん。作品の前評判とか思い入れなどは特になく鑑賞。

部屋の中も街も、光がとてもきれいで印象的。

重要なパーツであるはずの詩の部分がそこまでグッとこなかったのは、
まさに「詩を翻訳するのはレインコートを着てシャワーを浴びるようなもの」だからということかなぁ。
元の詩をそのまま理解できる人にはまた違った印象を残すんだろう。英語の感覚がないことが悔しい。

そして終盤、忘れてたころに登場した永瀬正敏は思ってたよりも永瀬正敏すぎて正直ズコーってなったなぁ、、笑
これもまた、彼を知る人と知らない人とで受ける印象は全く違うのだろうけど。
あのシーンだけパロディコントの一場面でも見ているような気分に、、笑

わざとらしいくらい強調される「特に何も起こらない毎日」
これ絶対何か起こるやつじゃんこわい、、!って身構えながら観る。
すると案の定、いつもとは違う何かが発生。うわ、ついに大変なことが、!と急展開、していくかと思いきや、多少動揺したりしながらも結局なんだかんだと1日が終わり、また同じような朝が始まる。いつものシリアルを食べる。
うん、日常とか人生とかって実はそんなもんだよね、みたいな。
特別なことが起こらない毎日でも、詩を紡ぐようにじっくりと感じとって過ごしてあげれば、なかなか豊かで素敵だよね、って、
派手なアクション映画とか劇的なラブストーリーばかり見ていると忘れてしまいそうな、繊細な感覚を再確認させてくれるような映画でした。
まり

まりの感想・評価

3.8
何があっても日は上り、日は沈む
毎日が新しい日

同じような規則正しい毎日。でも起きる時間が少しづつ違ったり2人の寝姿が違ったり、そんな少しの変化を楽しむことが日常を愛するということなのかな
Mioko

Miokoの感想・評価

3.9
心が揺さぶられるとかじゃなく、自然とついていくような心地よさ。
そして"Paterson"は「パターソン」ではないとあらためて思い知らされる。笑
毎日同じ繰り返しのようで少しずつ違う、何げない日常を描いてる。不思議と飽きずに観てられてた。日本の俳優が出てきてびっくりした!
mizuho

mizuhoの感想・評価

3.3
好きな感じと思って楽しみに見たけど、単調すぎて、何度かに分けて鑑賞。

可愛いけど奥さんにイラッとしてしまうのは、心に余裕がないのかもしれない。

見終わった後で、じわじわくる作品。
「同じように見えるけれど、同じじゃない」
もう全編に渡ってそのメッセージ訴求が激しかった。
薄味だけれど、出汁が効きまくり。

善良無垢なパターソンの一見変わりのない1週間なんだけれど、
寝起きのタイミングや格好、ランチボックスの中身とか、バスの車内の会話などなど色々毎日違ってる。

そしてパターソンも熱心に書いてる詩。詩を書いている少女との会話で"韻"という言葉が出てくるけれど、そういえばこの"韻"も「同じように見えるけれど、同じじゃない」っていう意味あるよなーって思い、

さらに思い返せば不思議すぎるほど"双子"がいたりして、いやいやこれもそれやんってなってアーハァンってなりました。

そんな作品全体に韻が踏まれたような詩的な日常の余韻にただいま浸っております。
ハマ

ハマの感想・評価

3.6
詩の翻訳はレインコート着てシャワーを浴びるようなものという台詞がすごく気に入りました。会話の緩さが心地いい