パターソンの作品情報・感想・評価 - 17ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

小原

小原の感想・評価

5.0
ジム・ジャームッシュの最高傑作という言い方は大げさすぎてこの作品に合わないような気がするが、そうだからしょうがない。アダム・ドライバーは本年度マイベスト主演男優賞。
地道な仕事の日々を退屈で空虚なものと描いてはなばなしいクライマックスを引き立てたり、報われないことを抗議する題材にしたりする映画はたくさんあるが『パターソン』はあざとさのかけらも無し。
アート意欲が止まらないローラも犬も魅力的。黒と白の模様がどんどん増えていったり、こぎれいな双子が次々と何組も出てきたり、詩が画面に書かれたり、センスと楽しさがあふれている。
何より他の登場人物達の会話が面白かった。聴きながらちょっと顔をほころばせるアダム・ドライバーと一緒にウフフと笑っているうちにじんわりと幸せな気分になった。
2017.11.1
kengoro

kengoroの感想・評価

3.3
すごく穏やかな映画。自分たちが幸せだと感じていれば、何も特別なことなど必要ないと感じさせてくれる。

奥さんが少し奔放で振り回される位が夫婦っていい感じになるのかな。あと、穏やか
すぎるので時折心地よい眠りに誘われる。
不平不満を外でおしゃべりする男は
みっともない。

気を付けよう(自分に言い聞かせてます)

永瀬正敏のシーンだけが
どうも不自然で違和感あり。
すごい大きな出来事が起きたり
すごく変わった人が出て来る訳じゃない

でもそこには素敵なものがたくさんあって
観ていると暖かい気持ちになります

永瀬さんはまるで天使です

劇中の詩もとてもいい

特に最後の詩はとても大切なことを教えてくれました
ばし

ばしの感想・評価

3.9
感想をつけるのが難しい…
本当に(エンタメ的な)何かが起こらない日常を趣味である詩を通して紡いでいく事で、日常の豊かさ、忙しい何かに追われて過ぎ去っていく日々の私たちに対して、気づかない変化、おかしみ、視点を丁寧に拾っていってくれる。
日々を追っていく事で見ている側も客観的に出会う人たちを印象付けていき主人公であるパターソンの世界を獲得できる…没入というよりも同化に近い感覚が得られるのは映画的な気持ち良さや魅力が詰まっているんだなぁと
何事も起こらないことに対して気づきを得られるというのは映画ならではだと思う
あとブルドックのマーヴィンが可愛いし犬っぽい犬(犬だけど)だったのも微笑ましく見られたり、ポストの下りでクスッときたり
終盤の展開には物語に入っているのもあってあぁー…ってなったけど、永瀬さんのシーンで詩を書くことの意味というか、この映画の中での役割がものすごくわかりやすい表現として変化したのはすごく面白かった。すごくスムーズに映画的な面白さの気付きを得られたカンジ
寝る前に家で見てとかゆっくり何回でも味わえるようなじんわり染み入る映画だった
ジム・ジャームッシュ。自分の中の評価がくるくる変わった監督である。ファーストコンタクトは「ストレンジャー・ザン・パラダイス」だったのだが、まるで合わなかった。しかし「ナイト・オン・ザ・プラネット」は普通に良作。そして今回は…傑作でした。いや、本当にいい。

そこそこ都会の街、パターソン。そこに住むパターソン夫妻(ややこしい)の物語。旦那さんはバスの運転手で、奥さんは白黒が大好きな自称アーティスト。好みがかなり分かれるカップケーキを作ったりもする。そんなふたりの日常の、とある一週間を切り取った物語。

なにげない日常を映画にするのは、実はかなり高等なテクニックが要求される。下手をすればなんの変化もないつまらない話や、説教調の話になってしまうからだ。しかし本作はそれらとは無縁。奥さんのちょっとエキセントリックな部分と、パターソンの詩への感性と、日常の中にさざ波のように起こる小事件を、ユーモアをまぶして緩急自在に描いている。

この話の核となるのは、毎日少しずつ違った人に出会い、話していく緩やかな交流だろう。それは暖かく、毎日を確実に支えている。一見変化のないような毎日でも、ちゃんと変化しているし楽しむこともできるのだな、と再認識させられた。

日々につまらなさを感じたとき、退屈したとき、自分のことを振り返りつつそっとひと息つける、カフェのような映画だ。

そして猫派の人が真剣に転向を考えるほど、犬がかわいい。
ハナメ

ハナメの感想・評価

4.2
リズムの心地よい、正に詩のような作品。

同じようでいて日々少しずつ変化している街や人、自然が、愛おしく感じられた。
日常は退屈だけど、それを一本の映画として俯瞰で観るとすごく奇妙で面白い。
ジム・ジャームッシュ作品、もっと観ようかな。
みつ

みつの感想・評価

3.5
静かな優しい映画に出会った。

アメリカのニュージャージー州の小さな町パターソンに住むパターソンと言う名の男の月曜日から次の月曜日までの日常を描いた映画。毎朝妻と眠るベッドから起きるところから一日が始まる。

映像の独特の空気感からどこか不穏な感じがするにもかかわらず、大きな事件は何も起こらない。何か起こりそうなのに起こらない。けれども、繰り返す一日一日の一定のリズムが心地よく、飽きることはない。かわり映えのしない日常の中で同じ日など一日もないのだと気づかされる。

どこか儚げな詩が作品に彩りを添える。ただ、その色は、カラーの映像でありながら白と黒で構成されたような無機質な色のイメージ。

何だろう。こんな風な夫婦生活は幸せだろうなぁってほっこりしながらも、出会う人々は個性的。どこか言いようのない歪さも感じる作品だった。
Katongyou

Katongyouの感想・評価

3.8
犬が可愛い。メソッドマンのラップのシーンは字幕つけてほしかった。ミステリアスなお嫁さんもよくて、演る音楽がカントリーってのが笑えました。ビターなイメージがしたのに。
あと、作ったピザは不味かったのか(苦い)??外国人が慣れない日本食を食べるようなもの??所々クスリとくる感じはジャームッシュ映画の持ち味だよなぁと。

詩のことよりもそこに棲息する人々が気になった。相変わらずSQÜRLの音が心地よい!!それだけでも満足。
う、普通の幸せを普通に切り取った系映画苦手なの忘れてた