パターソンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

一週間の平穏な日々にときどき起きる小さな出来事。それだけのストーリーなのに堪らなく愛しい。「毎日がハッピーだよ!」って押し付けてくるのではなく「毎日ってこんなもんだよね」って同調してくれる感じ。自分の人生も違って見えてくるような、すべてに感謝したくなるような映画。ジャームッシュらしい可愛いユーモアと、貫かれた美意識が心地よかった(ちょっとウトウト)
やっと見られた。胸がいっぱい。
バスドライバーのアダムドライバー、最高やん…♡。

これまでに見たジムジャームッシュの作品とはまったく違った印象を受けた。音楽のせいかな。
控えめでことば少なだけど、情熱を秘めた愛の詩を妻に書き溜める優しくて勤勉な夫と、行動力抜群の独創的な美しい妻、そしてブルドッグのささやかな1週間。

パターソンの詩が手書き文字で出てくるのが良かった(DVD買って何度も見返すと思う)。
帰り道に出会った女の子の詩もとってもいいなと思った。「詩を翻訳するのはレインコートを着てシャワーを浴びるようなものだ」ってセリフがあってそうかもね!と思ったけど、ふたりの詩はとてもシンプルで、英語で聞いていてもわかりやすかったし、翻訳もそれほど違和感はないように感じた。
あまり詩集などを読んだことがないんだけど、こういう詩ならわたしにでも理解できそうだと思いました。

パターソンという街は、四季もあって雪も降るようだし、日本のちょい田舎の風景に似てきれいだった。
パターソンとローラの住む家も、くすんだブルーや黄色い壁にローラ手作りの白黒水玉カーテンがはえてすてきだった。カップケーキも。
パターソンのブルーの制服とスタンレーのランチボックスも渋かった。カップケーキも。
うちのだんなさんにもUSメイドのワークシャツを着せよう!と思いながらガン見しました。

パターソンとローラ、とってもいい夫婦だったな。
わたしも小言を減らして、あんな風に愛にあふれる広いハートで家族に接しよう。犬に対しても。

そして犬に留守番させるときには、食べ物はもちろん、図書館で借りた本や大切なノートなどは絶対に片付けておこう!
犬はなぜあんなに飼い主が大切にしているものをわかってるのか。そしてどうして欲しがるの?特に本の角や耳の部分は大好物。
マーヴィン、かわいかった。
エンドクレジットにもちゃんと3番目に名前が出ていてニヤっとしちゃった。

あ。あと同僚のぐちもおもしろかったな。DVDで見返すのが楽しみ。
レナ

レナの感想・評価

4.5
すごく好き
パターソンのように好きな人と一緒に毎日を穏やかに過ごしたい
つね

つねの感想・評価

4.1
『パターソン』
フォーラム仙台にて鑑賞。
最近、とても忙しい日々が続いていた私にとってこの映画は何気ない日常を愛おしむ気持ちを再び起こしてくれました。
ジム・ジャームッシュの言葉の通り、ディテールやバリエーション、日々のやりとりに内在する詩を賛美し、ダークでやたらとドラマチックな映画、あるいはアクション志向の作品に対する一種の解毒剤となるような作品でした。
長旅から戻った翌朝、いつもの見慣れた街が、なんだかとても新鮮にうつり、新しい発見や出会いの予感に心が浮き立つことがある。映画館を出たとき、そんな気持ちがふつふつと湧いた。

まるで一編のロードムービーのように。反復する日々は、毎日が新しく、小さな出会いと、詩情に溢れている。旅をするように生きる、ってこういうことかもしれないなと思った。
knee你好

knee你好の感想・評価

3.0
(イントロダクション)
ランドとレイア姫の隠し子であり
地味な今作に馴染む気が全くない尖った感性の持ち主である彼女の創作意欲爆発と永瀬正敏の良い意味で気色の悪い“a ha”が3度も味わえる映画。

まず1週間を通すなかで曜日で区切られているので、みやすい面はあるのだが、それよりも曜日とは思い抱いている以上にそれぞれ表情豊かなんだなと感じる。あんなに他人と触れ合う1週間は今現在の僕にはあり得ないと感じたが…。毎日をこなしているというよりかは流れていると言えるのかなパターソンくん。

愛犬ブルドッグと彼女の存在は彼の日々の象徴的なアクセントだった。感情豊かだなあのワン公は。ポスト直してるとき窓から覗いてたの良かった。そしてモノトーンに取り憑かれた彼女。狂気の沙汰。月曜日のランチの蜜柑に黒いまるがたくさんあって芸術〜と思ってたのも束の間彼女の創作意欲が爆発してしまい家に帰りたくなくなる…あれは。はて青、黄の壁がまだあったからここ最近白黒にドップリと浸かったのだろうか?さらにモノクロ映画が好きだとか露骨なキャラ設定が笑える。とりあえずここで一番オカシナ人間だったおもしろい人だ。モノトーンのギターやら身の回りの白黒家具の中に閉じ込められているパターソンの違和感と窮屈感がまた良い。あの2人別れそうで結果続いていくんだろうよ。

そういえばここにも映画界御用達の〝クスクス〟が出てきてた笑。

あと双子もそりゃあ多かった。
ギャグもなんだかんだ多い気がしたよ?…。

永瀬さんのあの合成かコラージュかとさえも感じる映画からの浮き気味感が最高。拙い英語、変態的なセリフ。一味だしてたねえ。

『詩を翻訳することはレインコートでシャワーを浴びるようなものです』

『白紙のページに可能性が広がることもある』

コインランドリーのニガの台詞もかわいかった。

『詩が浮かべばそこがスタジオだ』
『人間足かせ』
niwarie

niwarieの感想・評価

4.0
とても良かった。この映画に出てくるグレートフォールズ(滝)のようにずっと流して眺めていたい。
ジャームッシュのこれまで観れてる映画の中で1番好きだわ。

冒頭15分は壁にも街並みにも言(の)葉やキーワードが映り込んでいるんだけど、中盤以降はそれぞれの口からコトバが流れてきて、後半はまさしく"宙から落ちて"景色に溶け込んでいく演出、たまらなかった、。

秋になって肌寒くなってから観たかったので今日の気候ぴったりでした。
純

純の感想・評価

4.8
同じことを繰り返す毎日でも、どの日もほんの少しの不確かさを持って、たった一度しかない「今日」でいようとしてくれる。思いっきり平凡な毎日こそ、本当は退屈から最も遠いところで、私たちに両手を広げている。そのことにふっと気づかせてくれる、本当にやわらかくて、穏やかな作品だった。

パターソンという街に住むバス運転手のパターソンの視点で描く、ありふれた七日間の、当たり前でないたくさんの幸せ。毎朝ほぼ同時刻に起き、妻におはようのキスをして、同じ朝食を済ませて、職場の空き時間に秘密のノートに詩を綴って、バスを出す前にお決まりの会話をして、仕事中は乗客の話に耳を傾けて頬を緩ませ、帰宅するたびになぜか傾いているポストを真っ直ぐに戻し、夕食を食べ終われば犬の散歩に行き、行きつけのバーで一杯飲んで帰宅後に就寝する生活。変わらない毎日が、平穏にやさしく過ぎていく。つまらないと言ってしまえばそうかもしれない。でも、妻が寝ぼけながら話す夢の内容だって、毎朝の通勤路で目につくものだって、仕事仲間が「最悪さ」と話す家庭の事情だって、酔い加減だって、毎日ほんの少しずつ違う。きっと誰もがそれぞれの決まったスケジュールの中で生きていて、その一定の毎日に、新しい顔や景色が紛れ込んでいる。見ようとしているか、探そうとしているか。ゆっくり深呼吸をしてあたりを見渡せば、私たちはきっと世界の神秘と美しさに驚くことができる。

口数は少なくあまり感情を表に出さないパターソンと、興味の持ったことには一直線のアーティスト気質のローラっていう組み合わせもすごく素敵だ。お互いが相手への尊敬を忘れずにいて、相手には相手の生活や考え方があることをきちんと知っている。「あ、不味かったんだな」と分かっちゃうくらいローラ特製のパイを水で流し込むものの可愛いジョークを飛ばせちゃうパターソンも、練習した途中段階でもギターを弾いてみせたいお茶目なローラも、とても微笑ましい。ローラの白黒で独特なデザインも、この映画にぴったりだなあと思う。彼女の描く似た円や線を見ていると、どれも見分けがつかないくらいそっくりだけど、決して同じものはない。パターソンはカップケーキにクリームを曲線模様に盛り付ける妻に「そのテクニック良いね」と言葉をかけるけど、彼だって彼のスタイルでそのテクニックを持っているんだよなあ。そのことがどんなに素敵なのか、教えられたら良いのにね。

本当に小さな気づきが丁寧に描かれていて、どの日も最高に愛おしい。妻が双子の夢を見てから何かと双子に出会ったり双子が目に付いたりするのだって、この上なく幸せに満ちているよね。大事なひとが夢見たことをきちんと大切に受け止めたパターソンが、小さな街でたくさんの双子たちに目を奪われて、きっとあの繊細さで静かに思いを馳せて、こっそりと秘密のノートに詩を綴って、なんて素敵な時間の流れ方だろうと思う。“Water Falls”って詩を作った女の子に出会った日の夕食で、滝の絵について妻と会話を交わしたり、もう詩なんか、とやけになっている(でもマーヴィンをガレージから出してやるところが優しい)(マーヴィンが実はこっそりポストを倒している犯人なのも、ガレージに閉じ込められちゃうようないたずらをしちゃうのも、パターソンが大好きだからなんだろうね)ときに、ひょんなことから新しいノートを手に入れたりね。日常の生活の中にひょっこりと現れる、遊び心のあるような「偶然」が抱きしめたいほど愛おしい。

たまたま会えたとか、たまたま良いことが重なったとか、たまたま同じことを考えていたとか、そういうちょっとした驚きに、幸せを感じていたい。繰り返される日々の中にある初めてを、新しい気持ちで見つめたい。同じような日々を生きている人々が繋がって、毎日ができている。パターソンは誠実に日々を言葉という糸で縫っていく、編んでいく。詩的だ、なんて言うとロマンチストだって冷やかされるかもしれないけど、「ほら、見てごらん」ってこの映画はやさしく受けとめてくれる。詩的って、別に特別なものじゃないんだよって。詩的って言葉も、雰囲気も、生活も、すぐそばにある日常的なものなんだって、私たちはきっと思える。こんな風に幸せが音もなく静かに広がって香るような、そんな日常を私たちも生きているんだなって、思える気がするよね。

この映画を観たひとは皆、詩を読みたくなって、大事な誰かに会いたくなって、そしてきっと、自分の生活をそっと愛せるようになる。
タク

タクの感想・評価

4.3
妻のローラは主張の少ない彼と相性の良さそうな性格だった。彼らはお互いを良く理解し合い、お互いの考えを尊重している。彼らの生活は決して裕福とは言えないが、とても幸せそうに見えた。

彼らのやりとりで特に印象に残っているのは、2人がソファで会話するシーン。

「最高の詩人よ」と褒めるローラ。パターソンは照れ、両手で自分の顔を隠す。次のカットでローラがまた褒める。その次のカットでパターソンが顔から両手を離すと、照れ笑いを浮かべている。

見ているこちらまで照れそうだ。

似たような2人のイチャつきシーンはたくさんあったが、この場面での両者の顔のアップを交互に映すカメラワークはとてもよかった。
カンナ

カンナの感想・評価

4.5
特別じゃない一週間がとても特別に思える映画。
すっごい好き。