パターソンの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

Soh

Sohの感想・評価

4.6
時計 バス ジャズ
ツインズ 寝顔
いつもより長めのキス
幸せだった
夢を見ているようだった。
変わらない日常が
こんなにも変わってるんだ。
なにになりたいか。
何があれば十分なのか。
モノクロが鮮やかに彩る。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

3.3
何気ない日々をおくる、パターソンに住むパターソンさんの一週間のお話。
あまり過剰な演出も無く、少々眠気を誘うが、リアリティはあり淡々と。
見終わった後の感想に困るが、帰り歩いていて見慣れた街並みも感慨深く感じたり、いい感じのバーのシーンが良くて呑みたくなっちゃったりするような、どこか穏やかな気持ちにはなった。
ジム・ジャームッシュは相変わらずカッコいい。何気無い日常が沁みてくる。主人公にかなり共感。犬が可愛すぎて集中を欠いてしまった笑

2017/12/10 ルミエール秋田
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
my映画館2017#106> これぞジム・ジャームッシュ監督作品ってな格別な後味に、Uh-huh(笑)
パターソン市のバス運転手のありきたりの7日間を描いただけなのだが・・・もちろんジャームッシュ流に詩的に愛おしく。
月曜日からの毎朝の起床シーンもきっちり7日間とも変化があり、8日目の月曜日はまた同じにする心憎さ・・・詩人ウィリアム・C・ウィリアムズ、パターソン市に住むパターソンって男、アダム・ドライバーがバスのドライバー、双子の夢から始まる次々と現れる双子達と、ニヤリしまくるディテールが随所に仕掛けてある。
そして、愛すべき妻と愛犬マーヴィンに、日々出会う人々・・・無理にドラマチックにしなくとも、充分に充実した余韻が待っている。
アダム・ドライバー・・・またまたいい仕事してます。
c

cの感想・評価

-
自由のない現実を映画の中で自由に演じる女性
監督のメッセージがつまられてる
日本俳優は必要あったのか否か
慎ましやかな生活に大切な人、大切にしている趣味、毎日何かあるようで何もない日々。と言いたくなるような毎日が映画の中でも現実でも迎えては過ぎて行くのだけど、何もないという日は無いんだなというか、映画中では転機みたいな大きな出来事もあったと思うけど、僕らの日々も毎日そんなんだなって。心に残る映画。
黒味噌

黒味噌の感想・評価

3.0
映画好きな人が好意的に評価している中、僕には面白さや良さが分からなくて、自分が映画を鑑賞する人間として欠陥品なのでは、、、とまで思ってしまった笑
すぐに思い直したけど。

別に分かりづらい内容ではないが、特に何も目立ったことは起こらないので自分で面白さを見つけなきゃいけない映画な気がする

映画をエンタメとしてしか見れない僕には向いていなかった。
うの

うのの感想・評価

4.5
パターソン
朝、愛しい彼女の傍らで目覚める
世界は淡く輝いて 琥珀色の彼女を照らし出す
シリアルをミルクに浸してスプーンで食べる

パターソン
静かな赤煉瓦の町並みを濃紺の作業着とするりとした凹凸のない革靴で歩く
片手にはスタンレーのランチボックス

パターソン
バスの運転席で白紙に詩を綴っていく
ドニーとの短い会話を終えたならばいつものコースに走り出す
人々の会話に耳を澄ませ、ちらりと時計を見ながら過ぎる時間

パターソン
いつもの滝を眺めるベンチで愛しい彼女の写真を見ながらまた詩を記す
二人の家の黒いポストは何故だかいつも傾いて

パターソン
創造的で冒険家気質な彼女
白黒の鮮やかなパターンに溢れる家

パターソン
愛犬の散歩に繰り出す夜の街
いつもの時間、バーの前 おすわり
飲みかけのビールの琥珀と薄い泡

パターソン
ビールの香りを纏わせながら夜の帳が下りる音を聞く
一日の最後、目に映るのは愛しい彼女の姿

_
・アダム・ドライバー。「体の半分が脚」を体現している
・ブルーマッチがどこかでもらえたらしくSNS見ながらぐぬぬっとしてた。ベリーマッチ欲しかった
・バスの運転手さんと飲んで見たいなと思った。バスってタクシーほど一対一にならないし、電車ほど隔離されない絶妙な乗り物なんだと解った
・ドッグジャック
・ワンコずっとうーんって言ってるけど、イングリッシュ・ブルドックっておしゃべりなのだろうか
・ワンコアタック!🐶📮ワンコカッター!🐶✂️
・ハーレクイン
・木曜日から眠気がすごかった

「Uh-huh」
miduki

midukiの感想・評価

3.6
大好きなアダム・ドライバーがでているということで鑑賞。
繊細な役演らせて間違いはない。
昨日と同じ今日だけど、同じじゃない。
日々の些細な変化を愛する人たちには愛おしい一本だと思う。
私はもうちょっと毎日の変化がほしいタイプなので途中ちょっと眠くなっちゃった…。
mi

miの感想・評価

3.4
あーこの人どっかで観たと思ったらスターウォーズの人なのかあー。
それにしても評価高いな。
妻可愛い。
同じような毎日なんだけど、昨日とはちょっと違くて。