パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

nekomori

nekomoriの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

パターソンに住むパターソンと言う名の男性の1週間を
たんたんと描いた映画。
冒頭でマッチがでてきたり、少し古い田舎町が舞台なので
ちょっと昔の時代を描いてるのかと思えば現代!
パターソンが携帯も持たないアナログ人間なので勘違いしてしまった!

まじめで無口な主人公と
無邪気で明るくぶっとんだ?!
不思議ちゃんでアーティスト(草間―?!笑)な奥さん。
表面には見えないけどパターソンが奥さんを愛してるんだなーと思うのは
奥さんへぞっこんな思いを詩につづっている。
方や奥さんも無口な夫を楽しませようとしたり、
日々詩をつづる旦那さんを尊重してる。
二人の愛の日常に微笑んでしまうのです。
またフレンチブルの愛犬マーヴィンがとてつもなく可愛い!!
ポストのシーンにはにやにやします。
ラストに出てくる永瀬正敏もふらっと舞い降りた
天使的存在でいい味出してます。

大きな事件は起こらないけど(小さな事件は時々あるけど・・・)
1日1日は同じようでいて全く違う。
そんな日々の中からパターソンが描く美しい言葉の数々・・・
優しい気持ちになれる素敵な映画でした。
祐吉

祐吉の感想・評価

4.5
これまで疑似家族的なものだとか、孤独な人間を描いてきた
ジム・ジャームッシュ監督が、家庭を持った男の日常を描く。
そして日常の中にある発見や交流、あと盗み聞き(?)を通し、
主人公のパターソンが、“パターソン”という街が、そして映画
『パターソン』が詩を紡いでいる、とても美しい作品でした。
繰り返すようだけど、日常を描いている作品なだけに、
鑑賞中、あるいは直後に大きな衝撃があるわけではないの
だけれど…ジワッと来るのです。日に日に。
劇中、喪失感を抱えた主人公の前に天使のようにふらりと
現れる永瀬正敏が役得&素晴らしい!Uh huh!画面の構図が
思いっきり小津ってました。
そう、ジャームッシュ監督もヤラかしちゃったワンちゃん
動画を見て萌え狂ってるのかな?ちょっと親近感。
※カンヌ国際映画祭、パルム・ドッグ賞受賞。
前作が微妙だったのでどうかと思ったが面白かった。
反復と差異を細部でしっかり描写すれば映画になる。
白黒、円の主題も散りばめられていただろうか。

日常の繰り返しから細部の差異を抜き出してくる視点は、作中引用される「詩」を書く際の視点とも共通している。当たり前のように思える日常の繰り返しを、新しく捉え直して、見方によってはこんな魅力もあるのだと提示する。ジャームッシュはそれを狙ったな、と。

何はともあれ、犬への演出と、恋人、バスの女学生、若き詩人に至るまで女優陣の趣味の良さ。歌が2シーンも入るのは嬉しいね。
Tyltyl

Tyltylの感想・評価

4.7
パターソン、フィルマークス試写会にて鑑賞。
いろんな人とみて感想を共有したい!
ブルドッグっておばかなイヌのイメージがすごくあるけどものすごく聡明なワンコだった。。
パルムドッグ。。。
映画撮ってその中の音楽作って詩も書いてどれも類みない素晴らしさでなんなんだよ才能の塊すぎる
前作(ヴァンパイア&ミュージシャン)に比べてバス運転手兼詩人という素朴な人物の外枠はジャームッシュそのもの感はないけどやっぱり今回のアダムドライバーもジャームッシュの化身であった。。
愛の映画である。
F

Fの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて鑑賞

何故かわからないが、よかった
m

mの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて鑑賞。

パターソンという街でバスの運転手をしながら、日々秘密のノートに詩を書き留めるパターソン。
彼の手の届く範囲にあるささやかなものたちへの愛が、切り取られた7日間のなかで優しく、素直に、綴られていく。
彼の詩の温かい響きはまさしくパターソンという人そのもの。
スマートフォンもパソコンも持たないパターソンだけれど、お気に入りの詩集と詩作の時間、穏やかで規則正しい日課と人々との会話、何よりも愛する人、その温もり、それらに囲まれて暮らす彼の日々は過不足なく安定している。
最後の詩からも感じたように、彼は自分に何が必要かきちんとわかっている。そのことがまた胸を打つのだ。
オフビートな間合いにときどきくすくすと笑いながら、目尻には涙が浮かんでいた。

アダム・ドライバーの佇まいや表情、ノートに文字を書くペースに合わせて詩を読み上げる耳に心地よい声、それらがパターソンという人物をさらに魅力的に見せていて、彼あってこその映画になっていると思う。
ジャームッシュは、都市があって人がいてカメラが回れば映画になる"かのように"映画を撮るなあとつくづく感心してしまった。そして、決してそんなことはないこともよくわかっているから、こっそりちまちま丁寧に作り込むんだなあと。

どこかにわかりやすく回収されることなく、でも1つの映画としての範囲に収まるというのはとても難しいことだし、やっぱりセンスを感じてしまう。

ワクワク期待して見に行くタイプの映画ではないと思うので、勧めるかといわれると難しいですね。たまたま都合が良くて、なんだかそういう気分だったら見に行くと素敵なのではないでしょうか。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

4.3
2017/08/08 試写会にて!

ジム・ジャームッシュが撮る物語って何でこんなにも見心地がよいのだろうか。

ニュージャージー州のパターソンでバス運転手を務めるパターソン。
彼は秘密のノートに詩を書き留めている。

彼のとある1週間を彼が書く詩を通して、淡々と繊細なタッチで描かれていた。

パターソンの飼い犬のマーヴィンがウケる( ´∀`)
お前の仕業かい!あれやったの!

奥さんやバーの店主、そこを訪れるお客さん、バスの乗客全ての登場人物がいい人ばかりだった。

永瀬正敏演じる旅行者が滝が眺めるベンチにやってきてパターソンに贈り物をするのだが、そのシーンが好かった!

もっとこの映画を観ていたかった!

明日はどんな日になるか楽しみ!
uka

ukaの感想・評価

4.0
試写会にて鑑賞させていただきました。

パターソンの美しく、しみじみとした詩がパターソンの住む町の風景にとても馴染んでいました。

特別な毎日でなくても、ほんの少しの変化やパターソンの詩が日々を彩り豊かに見せてくれました。

美しくて個性的な妻、愛嬌抜群のブルドック、センスの良い家具やインテリア。

どれをとっても美しい映画でした。
えなみ

えなみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

日々のほんの些細な出来事から、毎日みずみずしい詩が生まれる。主人公の詩人・パターソンが秘密のノートにペンを走らせ、そこにアダム・ドライバーの朗読が重なる。そして彼の声と街の風景がまた重なり、バスとともに加速していくような描写は心が満たされた。

同じパターソンに住む詩人の少女や、コインランドリーのラッパーとの出会い。奇妙な双子たち。喧嘩中のカップル。愛する妻。パターソンを取り巻く人々(と犬)がみな魅力的で、しかもジャームッシュらしい絶妙のタイミングで登場する。そしてそれぞれが名言を残していく…。個人的には奥さんがとびきりチャーミングで最高だった。

詩のほかにも、壁の絵やカップケーキ、マッチのデザインなど、たわいないものに光を当てて輝かせている。そんなところも好きだった。