パターソンの作品情報・感想・評価 - 257ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

さっく

さっくの感想・評価

3.7
多分、鑑賞した時間帯が良く...なかった気がする...仕事後っていうのもあって始終起きてようと必死になってしまった、、、

けど、休日の昼下がりの午後、あったかくして大切な人と一緒に見ながらそのまま2人でウトウトするには最高の映画じゃないですか...いやいませんけどね(爆死)


さて内容は、スターウォーズでカイロレン演じるアダムドライバーがバスドライバーを演じるほのぼのとした内容。アダムドライバーがバスドライバー、すいません言いたかっただけです。

主人公の書く詩が出て来ます。
詩のような、のほほんとした雰囲気が終始続きます。
ほとんど変わらない日常、習慣。その中にほんの少しの変化。
毎日流れて行く時間の中で、些細な変化だったり幸せだったり。そういったものを大事にしたくなるような、そんな映画です。
ふみ

ふみの感想・評価

4.3
何気ない日常の中の出来事と喜びと悲しみと。日々の生活の中の多幸感。
出てくる人みんな素敵だった
日本人あんな感じ出てくるのね
awayat

awayatの感想・評価

2.5
わからん!

特に何も起こらず物語は進むと聞いていたが、思っていたよりは色々とイベントはあった。

ただそれぞれのイベントが登場人物に大した変化を起こさない(ように見える)のがとても退屈だった。
上映が終わった瞬間彼女と目を合わせ苦笑。

終わってから自分の理解力が足りなかっただけでは?と思い色々とレビューを読んだが、抽象的なコメントばかりでしっくりくる解説は見つけられなかった。
まここ

まここの感想・評価

4.0
詩人は何気ないことも特別にする力を持っている。小さなことを見逃さず、感じようとするところにとても優しさを感じます。
パターソンに住むパターソンはバスの運転手をしている。決まった時間に起き、妻にキスをし、シリアルを食べ、バスを運行させ、乗客の会話に耳を傾けながら仕事をする。日々、人に対しての興味や意識なんかが絶えない。一週間のうちに双子を毎日のように見つけるのも彼の意識の中に溶け込めたようで不思議な気持ちになります。
愛犬でありながら少し敵対視のあるマーヴィンの存在がこの物語にユーモアを醸し出しているように思いました。素敵です。

永瀬さんの「アーハン?」が個人的にはツボでした。
それぞれのちょっとした行動で生まれる新しい出来事に目を離すのが勿体無く感じる。そんな作品でした。
パターソンという街に住むパターソンという男の一週間(と一日の始まり)を撮った映画。
同じような毎日が繰り返されるが、それは決してイコールではない(パターソンの目覚める時刻が毎日微妙に違うように)。
多くの人はカエルの眼のように動くものには反応するが、静止しているものの変化には気づかない。
しかしそこには微小な差異があり、パターソンはその差異を捉え、それを詩にしてノートに書く。
パターソンに詩の才能を感じ、このまま埋もれるのは「もったいない」と考えた妻は、世間に詩を発表するように促すが、「才能を空費する人」(保坂和志『季節の記憶』)であるパターソンは首を縦に振らない。
何かと新しいことに挑戦する妻と、目的論的な時間から自由なパターソン(彼はケータイもスマホも持っていない)。
この二人の対比が面白かった。
あとブルドッグのマーヴィンがいいアクセントになっており、三者のトライアングルから音楽的なリズムが生まれていた。

作家の保坂和志は柴崎友香の小説『きょうのできごと』の解説「ジャームッシュ以降の作家」の中で、『ストレンジャー・ザン・パラダイス』を観たときの衝撃を語っていたが(それは一つの「事件」だった)、ジャームッシュが文化に与えた影響は計り知れない。
『パターソン』は彼の集大成的な映画だろう。
美しい日常。
言葉を紡ぐことによって見える景色はこうも変わるのだ、ということを気付かせてくれる。
言葉はなによりも対象を繊細に描き出す、私たちの想像力をつかって。
ako

akoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

この街ってアメリカの中でも治安が良いのかな?と思いきや、夜はやっぱり……、と感じさせるシーンはありつつ、基本的には穏やかな愛に溢れた作品でした。

毎日奥さんとベッドで目覚めて、働いて、詩を書いて、犬の散歩して、ちょっとバーに寄って、飲みすぎることもなく、ちゃんと帰るパターソンは、安定していて、寂しくなくて、趣味もあって、一人の時間もあって、スマホも持たず、幸せそのもの。
健全な愛や生活が、ちゃんと美しく撮られている映画っていいなあと思いました。

平和な日々にも小さな変化があって、パターソンの綴る詩は、SNSのように誰かと共有したい感覚ではなく、自分の充実のために遺していたものだと思うのだけれど、幸福度って、実際の生活よりその人次第なのかもしれないとも考えた作品でした。
みんな!ジャームッシュが我々民衆の下に帰ってきたぞー!

似ているということは違うということなんですね。日常は複製たりえない、と。そこにアートが生まれる。
ええことゆうはるわ
奥さんがかわいい
あの時のギターがよかったなあーほんとに
ほっこり☺️☺️
レビュー見た後もっかい見たくなったー
パターソンいい奴すぎるでしょ…私もこんな人と結婚したいよ…。
でも私にはあんなサイケなカップケーキとか焼けないし、ローラちゃんの圧倒的ミューズ力にはまるで敵わないのでたぶん無理…。


最初は(音楽や陰影の不穏さに騙されてw)真面目に観始めたんですけど、
ロミオ男の件くらいから「あっこれ笑っていいやつだ」って気づき、
最終的にはうっちゃんの「LIFE」見るくらいのテンションでニヤニヤ眺めてました。

もう、最初から最後までツッコミどころ満載なんだけど(映画としてじゃなくて、コントのボケみたいな意味でね!)
誰もつっこまない。パターソンも全っ然つっこんでくれない。なんせ無口だから。

でも時々、仄かな表情の変化とかしぐさで、「あっこの人もやっぱ内心そう思ってるのね!」っていうのが分かると、
謎の喜びと一体感があって、すごくパターソンに感情移入してしまいました。
(そしてそんな無口なパターソンすら思わずつっこんじゃう"a-ha~"の破壊力ww)


詩の分かったような分からんような感じと、端々ににじむ苦みがまた妙ちくりんに心地よい、不思議な映画でありました。