パターソンの作品情報・感想・評価 - 257ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

Tyltyl

Tyltylの感想・評価

4.7
パターソン、フィルマークス試写会にて鑑賞。
いろんな人とみて感想を共有したい!
ブルドッグっておばかなイヌのイメージがすごくあるけどものすごく聡明なワンコだった。。
パルムドッグ。。。
映画撮ってその中の音楽作って詩も書いてどれも類みない素晴らしさでなんなんだよ才能の塊すぎる
前作(ヴァンパイア&ミュージシャン)に比べてバス運転手兼詩人という素朴な人物の外枠はジャームッシュそのもの感はないけどやっぱり今回のアダムドライバーもジャームッシュの化身であった。。
愛の映画である。
F

Fの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて鑑賞

何故かわからないが、よかった
m

mの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて鑑賞。

パターソンという街でバスの運転手をしながら、日々秘密のノートに詩を書き留めるパターソン。
彼の手の届く範囲にあるささやかなものたちへの愛が、切り取られた7日間のなかで優しく、素直に、綴られていく。
彼の詩の温かい響きはまさしくパターソンという人そのもの。
スマートフォンもパソコンも持たないパターソンだけれど、お気に入りの詩集と詩作の時間、穏やかで規則正しい日課と人々との会話、何よりも愛する人、その温もり、それらに囲まれて暮らす彼の日々は過不足なく安定している。
最後の詩からも感じたように、彼は自分に何が必要かきちんとわかっている。そのことがまた胸を打つのだ。
オフビートな間合いにときどきくすくすと笑いながら、目尻には涙が浮かんでいた。

アダム・ドライバーの佇まいや表情、ノートに文字を書くペースに合わせて詩を読み上げる耳に心地よい声、それらがパターソンという人物をさらに魅力的に見せていて、彼あってこその映画になっていると思う。
ジャームッシュは、都市があって人がいてカメラが回れば映画になる"かのように"映画を撮るなあとつくづく感心してしまった。そして、決してそんなことはないこともよくわかっているから、こっそりちまちま丁寧に作り込むんだなあと。

どこかにわかりやすく回収されることなく、でも1つの映画としての範囲に収まるというのはとても難しいことだし、やっぱりセンスを感じてしまう。

ワクワク期待して見に行くタイプの映画ではないと思うので、勧めるかといわれると難しいですね。たまたま都合が良くて、なんだかそういう気分だったら見に行くと素敵なのではないでしょうか。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

4.3
2017/08/08 試写会にて!

ジム・ジャームッシュが撮る物語って何でこんなにも見心地がよいのだろうか。

ニュージャージー州のパターソンでバス運転手を務めるパターソン。
彼は秘密のノートに詩を書き留めている。

彼のとある1週間を彼が書く詩を通して、淡々と繊細なタッチで描かれていた。

パターソンの飼い犬のマーヴィンがウケる( ´∀`)
お前の仕業かい!あれやったの!

奥さんやバーの店主、そこを訪れるお客さん、バスの乗客全ての登場人物がいい人ばかりだった。

永瀬正敏演じる旅行者が滝が眺めるベンチにやってきてパターソンに贈り物をするのだが、そのシーンが好かった!

もっとこの映画を観ていたかった!

明日はどんな日になるか楽しみ!
uka

ukaの感想・評価

4.0
試写会にて鑑賞させていただきました。

パターソンの美しく、しみじみとした詩がパターソンの住む町の風景にとても馴染んでいました。

特別な毎日でなくても、ほんの少しの変化やパターソンの詩が日々を彩り豊かに見せてくれました。

美しくて個性的な妻、愛嬌抜群のブルドック、センスの良い家具やインテリア。

どれをとっても美しい映画でした。
うみ

うみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

日々のほんの些細な出来事から、毎日みずみずしい詩が生まれる。主人公の詩人・パターソンが秘密のノートにペンを走らせ、そこにアダム・ドライバーの朗読が重なる。そして彼の声と街の風景がまた重なり、バスとともに加速していくような描写は心が満たされた。

同じパターソンに住む詩人の少女や、コインランドリーのラッパーとの出会い。奇妙な双子たち。喧嘩中のカップル。愛する妻。パターソンを取り巻く人々(と犬)がみな魅力的で、しかもジャームッシュらしい絶妙のタイミングで登場する。そしてそれぞれが名言を残していく…。個人的には奥さんがとびきりチャーミングで最高だった。

詩のほかにも、壁の絵やカップケーキ、マッチのデザインなど、たわいないものに光を当てて輝かせている。そんなところも好きだった。
shoh323RA

shoh323RAの感想・評価

4.7
『リミッツ・オブ・コントロール』でランボーの詩のたった一節を、殺し屋×スペインという装置を用いて2時間の映画に翻訳したジャームッシュ。今度は全編に"詩"そのものを散りばめて、バス運転手の日常を描く。
パターソンに住むパターソンの1週間の物語。
小さな出来事が続く日々のルーティンの中、ゆっくりと変化していくパターソンや周辺の人々が、ジャームッシュ独自のトーンと演出でまとめられているため、全く飽きずに観れた。

主人公が詩を綴る際に文字や声、パターソンの街並みや川が同時にコラージュされる事で、詩そのものを観ている気がして、読まれるたびに心地よい気分になる。
全編で流れているアンビエント、エレクトロニカ調のST(ジャームッシュもメンバーのバンドが演奏)、バスや家の中からでも聴こえてくるパターソンの街並みの音響が凝られており、上記ルーティン内の変化やコラージュ等に一役買っている。

事件性の無い物語において、金曜日に明かされる小さな真実が個人的にツボだった。

大作の大音響、迫力の映像を体感するのも劇場の醍醐味だが、一方でパターソンの些細な、けど感性に溢れた日常に浸るのも逆に劇場でしか味わえないものだと再実感した。

これは勝手な推測だが、終盤に出てきた永瀬正敏演じる日本人の詩人は、もしかしたら『ミステリートレイン』に出てきたジュンの双子なのかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

「あゝ、ジム・ジャームッシュの映画を観たなぁ…」という気分にさせてくれる快作でした。
それもアンニュイな心持ちではなくて、心地好い気分で映画館を後にする事が出来る作品でした…

市井の詩人が過ごす一週間が、ほんの少し面白く描かれている作品。
端的に紹介すると、そういう作品です。
ただそこはジム・ジャームッシュ。
一筋縄ではいきません…

バスドライバーという設定は上手いなぁ〜。
今までのジャームッシュの映画だと、主人公から話しかけて(または話しかけられて)広がるちょっとした会話が、今回の作品では能動的に動かなくても、ダウンタウンの人々のたわいもない話に聞き耳を立ててそのやり取りを愉しむ事が出来るというシチュエーション。ちょっと滑稽なそのやり取りを愉しむ主人公。

中でも印象に残ったのは、意気地が無い中年男2人のモテ自慢 (笑)。そのやり取りを若い女性に見透かされるシーン。
ほんのちょっとした女性の仕草でそれと分かるのは、流石!
このシーンは、ジャームッシュ節が効いていると思いました。

そして今回の作品では、日々の暮らしの中から詩作のヒントを得ている主人公のアダム・ドライバーの演技が、とても秀逸で印象的でした。

日常生活の機微に翻弄されつつも、その状況をやり過ごしつつ、自分の愉しみを見つける主人公を、とても自然に、抑揚を抑えた演技で表現するその実力ときたら…。
その上、ジム・ジャームッシュの作品でいうと、ただそこに居るだけで雰囲気を醸し出していたジョン・ルーリーを彷彿とさせる存在感。
とても稀有な役者だと改めて認識しました。
その本質を現す事が出来たのは、この映画だったからだと思います。
今後ジャームッシュ作品のレギュラーになるかもしれませんね。

また、28年振り!に出演の永瀬正敏氏の印象的な役柄も、昔からジム・ジャームッシュの作品を楽しんできたファンには嬉しい限りですね。
彼の出演した場面は、本当に良いシーンで感慨深く、心に残りました…

こう作品を辿ると、淡々と進行する作品に思われるかもしれませんが、ジム・ジャームッシュならではの引っ掛かりが、其処彼処に色々と散りばめられていて、その辺りの独特さは面白かったです。

ただ、今回の作品で一番の引っ掛かりと言えるのは…

恐らく劇伴、BGMでしょうか。

正直、最初に出勤する風景に当てられたBGMは、とても違和感を覚えました。
そのシーンにまるで合っていないそのBGMが流れた時は、「あのジャームッシュが…このチョイス?」と、甚だ疑問でした。
普通ならもっと住んでいる町を表現する様な音楽が充てられそうなシーンなのですが、画面に入り込む事を、映画の世界へ没入する事を拒否する様な音楽なのです。

「一体どうして?」と思いましたが、この音楽が掛かるシーンにはある共通点があって、それがヒントになりました。

これは是非映画館で確かめて下さい。
ジム・ジャームッシュ、今回の作品での一番のトリッキーな仕掛けだと思います。

画面の向こう側で、ニヤニヤと悪戯っぽい眼差しでこちら側を伺う彼が垣間見える気持ちがしました。

大スター等が沢山出演している訳ではないし(でもメソッドマンが出演!!!)、莫大な制作費を注ぎ込んだ作品ではないでしょうが、非常に詩的で洗練された今回の作品は、21世紀に於ける彼の代表作になるのではないでしょうか…

色々とまだ話したい事ばかりの新作ですが、そろそろこの辺りで…
公開されたら、もう一度観に行こうと思います。
ジム・ジャームッシュの作品のあの雰囲気をまた味わいたいですし、パンフレットも読んでみたいし…

最後に。
この映画を観た後、きっと一言言いたくなりますよ…

「uh‐huh?」
た

たの感想・評価

3.9
試写会にて。
最後らへんの"その一行"っていう詩、グッときました。