パターソンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

もっ

もっの感想・評価

4.0
詩の良さって翻訳されてもよく分かんないと思いこんでるので、詩の部分は理解出来うる限り日本語訳でなく英語字幕のみを見るようにした
海外の詩とか童話とかを好きになると、その元の言語勉強したくなるのあるあるですよね
のんこ

のんこの感想・評価

3.0
何にも起こらないようでいて、
月曜日から日曜日まで
一日一日まあまあ何かしらあって、
毎日がつながってゆく。
個人的には月曜日〜木曜日が
わりとぬるっとした感じで
少しだけ退屈したかも。
金曜日〜日曜日が
少し刺激的で楽しかったけれど、
なんだかそういう一週間の流れも、
そういう波ってあるよね、と。
はげゆ

はげゆの感想・評価

4.0
映画を1週間で縁取る。
日常ってなんだろう?
incident in the routine.
細かい設定がキラキラしる映画だなぁ。
と、そんな感想。


パターソンにいる詩人たちのキャラがどれも立っててみんな愛らしい。
ラッパー出てくるなら、俳句読む人とか出てきたら面白かったなぁー日本人キャストが出てるくらいだし笑

マーヴィンの可愛さが、本当に良いスパイス。
動物が良い味を効かせてくれる映画、とっても好きだなぁと。

そして、永瀬正敏さんたまんない。
あーは?
おすすめされててやっと見れた!
どのポエムもプリティだったな〜。
nyamumoko

nyamumokoの感想・評価

5.0
やっっっと、見れたーー。
それだけで満足笑。

ネタバレかもしれない感想は一番最後に書きます。

ジャームッシュ監督作品を全部見たくなった。

疲れた状態で見るとスヤァ…っと快眠の世界へ誘われてしまうかもしれません。
それくらい心地いい映画。
クラシックコンサートみたいな。

朝日や西日が。
パターソンの規則正しい生活が。
バスの乗客の会話が。
ちょっとぶっ飛んでるけど美しくて優しい奥さんが。
一杯飲みに行くバーが。
みんな素敵。

他にもたくさん素敵なところがあったし、
DVDゲットして家で流しっぱなしにしておきたい作品のうちのひとつです。



ネタバレかも?!?!










『ドックジャック』されなくて良かった…!
コインランドリーでラップ聞いてる時のマーヴィンがかわいい!
(マーヴィンはカンヌのパルム・ドック賞受賞したらしい!)
チーズと芽キャベツのパイを水で流し込んでたパターソンかわいい!
(美味しそうに見えたけど!)
「モノクロ映画が好き!」っていう奥さんに「うん、そうだろうね。」って二人の会話がかわいい!
バラバラになったノートを捨てずに全部拾い集めておいた奥さんの優しさ泣けた…。
永瀬正敏の英語初めて聞いた、上手~。
「a-ha,what?」って思われてるんだろうな~、自分のなんちゃって知ったか片言英語も笑。
なんていう台詞か忘れてしまいましたが、永瀬さんの最後の台詞が面白かった気がする笑。
日本人の英語って感じが!
退屈で長く感じた。パターソンはわりと共感できる人物だったけど。バーでの「もう俳優なんだ」ってシーンは好きだった。出てくる詩は「たまには女の子と遊びたいけど…」みたいなやつ良かった。他はちょっときつい。

色眼鏡なしで観たつもりだったけど、改めて苦手…。退屈って以上に、台詞とか演出とか、おしゃれな雰囲気の押し売りって感じがして相容れないんだろうなージャームッシュ。詩がテーマっていうのもあって尚更そう思った。
Chika

Chikaの感想・評価

3.6
主人公夫婦がベッドで一緒に寝てる姿にキュンキュンする映画。
RYUP

RYUPの感想・評価

-

パターソンの街に生きるパターソン。
パターソンが生きるパターソンの街。
まるで互いがその分身かの様に共に切り取られる、ある一週間。

ジャームッシュ得意のオフビートな日常。
スーパーヒーローでも富豪でも波乱万丈でもない一人の男が想いを馳せる「詩」
この物語は
何気ない人間の何気ない生活こそが詩的であると訴えかけている様だ。
例えば
妻の見た夢の話を聞き、
妻の趣味に眉をひそめ、
すれ違う他人のたわいの無い会話に耳を立てる。
そんな普通の出来事の中にこそ
”生きる”という本質は描かれているのかも知れない。

繰り返えされる毎日にも同じ日は無い。
この無常を噛みしめて


監督 ジム・ジャームッシュ
CAST アダム・ドライバー ゴルシフテ・ファラハニ バリー・シャバカ・ヘンリー 永瀬正敏 
ネリー(Dog)etc

原題 『Paterson』
2016年 アメリカ 118分

http://paterson-movie.com/
torina

torinaの感想・評価

3.8
前情報ゼロで観たので
いつ何か事件が起きるのか
いつストーリーが始まるのか
数ある怪しげな周りの物事に目を凝らしていたが
特別何も起きなかった。
何も起きないのが日常だった。

このレビューはネタバレを含みます

日常の美しさ・・・みたいなのと同時に、物語にずっと不穏な感じが流れてる。後半、だんだん日常が崩れていく。二人の生活とか愛とかが危ういバランスの上に成り立ってることが分かる。

最後の詩、「一行がすべて」ということで、七日間の二人の記録が(というか全員の全部の瞬間が)、一瞬の朝の愛の情景によって、全部肯定された。誠実な人間賛歌という趣があった。(A-ha)