パターソンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

massu

massuの感想・評価

4.0
雨のない映画だった
だから良かったのかもしれない
よかったよー

幸せだね
自分もみんなもきっとそう
ズベ公

ズベ公の感想・評価

4.7
It might be said that life is like a poem. Even if we feel our daily life is routinized, things are slightly changing in many ways.

This film describes a week which a bus driver, Paterson (Adam Driver) living in Paterson, New Jersey, spends with his wife, Laura and some people living there. He always wakes up at certain time without an alarm, kisses his wife, eats cereal for breakfast, walks to work, listens to his colleague's some complaints, starts a job as a bus driver, writes some poems during lunch break, finishes work and goes home, has a conversation with his wife, has dinner with her, goes out to his favorite bar with Marvin, their dog, talks with the bar's owner or some other customers, drinks just a glass of beer, goes back home, and finally sleeps beside Laura.

Such routinized days are described from Monday to next Monday in the story. They might sound boring, but are actually interesting. Because there is no exactly the same day in our each life, even if we feel our days which we spend are routinized. It is clearly presented in the poems which Paterson writes down on his notebook. For example, he writes about a match-box in his house, which we didn't care about usually, or about excellence of his wife, which he newly realizes in their sweet and mellow days.

There are no (real) guns, murder cases, or even anything deeply inspirational to us in this film. Nevertheless, why does it touch my heart so much? This is because it shows us a possibility that a little realization and changing some perspectives make our daily life (which we usually feel boring) shine.

Among Jim Jermusch's films, I have liked “Night On Earth” the best so far, but I could say that “Paterson” is maybe equal to or more better than that film. Jermusch has shot many films which quietly impress ordinary people like me by hiding a lot of metaphors in casual conversations or interactions between characters. His film is always generally cynical but tender to me. Of course, I am looking forward to his next one.

After watching the film, I dropped by a stationary store, and bought a notebook and a pen. I can't start to write some poem like Paterson soon, but I think it is important to get into the habit of writing down something impressive when I realize it in my daily life.

"The Line"

There’s an old song
my grandfather used to sing
that has the question,
“or would you rather be a fish?”

In the same song
is the same question
but with a mule and a pig,
but the one I hear sometimes
in my head is the fish one.

Just that one line.
Would you rather be a fish?
As if the rest of the song
didn’t have to be there.
myu

myuの感想・評価

4.3
何気ない毎日への人生愛。ジャームッシュがずっと描き続けているテーマがより研ぎ澄まされてた。

パッとしない田舎街を旅したときに、ここで住むってどんな感じなんだろなぁと思うことがよくある。

だけどそれは私の間違い。毎日を感じるのは個人の心であって、流れる時間、光、会話、、そのひとつひとつをゆとりもって美しく捉えているかどうか。外からの刺激でなくて中からの感性がすべてじゃないか。

世の中を詩的に楽しむ感覚を教えてくれる傑作。
茅

茅の感想・評価

-
名作。こういう映画があることを知ってさえいれば人生は安泰だ
久々のジャームッシュスクリーン鑑賞。

この人の映画は映画館で観るに限る。
じっくりゆっくり外界と遮断された環境で。

さもなくば下手すると心地良くただ寝てしまう(笑)
でもじっくり観れれば何かがじわっと染み渡る。

この映画もホントにそんな一本。

変わらない日常の変わりゆく日々。
関わる人たち、モノたち、そのひとつひとつを受けとめて、毎日を丁寧に生きていけたらな、と。
We have plenty of matches in our house
まるで画を観ているかのような、詩を読んでいるかのような気分になった。大きな事件とかは起きない。ご飯食べたあとだったし少し眠たくなったけど、たくさんの工夫や描写が散りばめられてるから見逃したくはなくて集中して見れた。バスの運転手さんって他の国でもすれ違ったら手をちょっとあげるんだな。仕事の帰り道に会った女の子の詩が好きだった。気づいてない仕掛けとか意味がたくさんあるんじゃないかと勘ぐってしまう映画。
squid

squidの感想・評価

4.4
ルーティンな日々の中で憂鬱な気持ちの時に
是非見て欲しい!
私は水曜日で週のど真ん中という
いや〜な日に観て凄く元気になりました。
なんだろう、この湧き出てくるような
幸福感…。

同じことを繰り返す毎日の中で
素敵な一瞬を吸収して愛でるパターソンに
こんな人間になりたいと、思いました。

本当は見るかどうか迷っていたんですが
劇場でみて本当に良かった。
暫く幸せでいられます。
関係ないんですが、この上映が
人生で初めての完全満席で
それもすごく印象的でした。笑

双子のミーニングを込めて4.4点で!
アーハン?
12171994

12171994の感想・評価

4.2
こうやってみんな生活しているんだなあ〜〜