パターソンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

いの

いのの感想・評価

4.0

「I have eaten the plums that were in the icebox」

ジャームッシュが「ムーンライズキングダム」が好きで、ジャレッドとカーラのカップルを起用したのはまじですき

そのエッセンスというか形をパターソンとローラにあてはめるてるのもまたよき
Sae

Saeの感想・評価

3.7
寝起きのシーンはずっと観ていられるくらい癒される、、、 永瀬正敏のシーンは個人的に謎だったけど
ななな

なななの感想・評価

3.5
平凡な一日、毎日のルーティーン
これをこなし続けることって
簡単なようで凄く難しいこと

わんこのマーヴィンがめちゃかわいい
451

451の感想・評価

4.5
5月18日(金)
「My legs run up the stairs and out the door, my top half here writing.」
多くの方が仰る通り、ちょっと『SMOKE』を連想させる。繰り返す日常であったりバスが走る街の風景だったり。けどSMOKE的ニュアンスを決定づけているのは、この映画全体に漂う近代アメリカ文学の香りなのではないか? オースターとかカーヴァーとか。そのくせ色彩とか椅子を引く生活音とか、どこかカウリスマキ的な要素もあって身悶えしてしまう。
微妙に価値観の違う妻を愛し、ビール一杯のバーが日課。そんな男に私もなりたい。

点数つけるなら仮にいま4.0だけど、次に観た時には4.3 、3回目には4.5 、、、たぶんそんな映画。
「君は魚になりたいかい?」

パターソン(地名)に住むパターソン(人名)の普通だが魅力的な一週間の話

彼のライフワークである詩と、普通の日常がマッチしてる
バスの運転手なのだが、乗客の会話が「coffee&cigarettes」の様でニヤリとする。
夜の犬の散歩中のビール一杯…こんなん好きだなぁ
ルーティーンになっていた立て付けの悪いポストに関わるアイツが可愛すぎる。

僕のなんて事のない日常も、もしかしたら誰かには、どっかしらか引っ掛かる事があるのかなぁとか思いながら観てると、なんてことのない自分の人生もどこか愛せてくる。
shu

shuの感想・評価

3.8
1人の男と周辺の平凡な1週間を描いた作品。映画としては特に何も起こらんから観てたら退屈なのかもしれん。主人公は詩を書いてるけど、その詩は決して難しい単語を使うことなく、画面でも表してくれるのは有り難い。アダムドライバーの演技が良くて、基本的には表情には出さん感じの役やけど、ちょっとした表情の変化や行動で上手く表現してたと思う。あと彼女は性格は対照的やけど関係は上手くいってる感じも絶妙。あと犬も良かったな。ごく一般人の生活て感じで良かった。平凡な何もないような毎日も毎日少しずつ違うんだ。これから自分も平凡な1日1日を神経研ぎ澄まして過ごしてみようかなと思わされた。面白いかと言われたら難しいけど、観て良かった作品である事は確かではある。
qudan

qudanの感想・評価

3.0
日常系映画。
本当に大きなターニングポイントがなく進行していく。
随所にちょっとした可笑しみや愛らしさがある。

繊細な映画ではあるが、うーん、もの足りない。
りこ

りこの感想・評価

3.4
パターソンという名の街に住んでるパターソンという名前の人物の7日間の話。1日の始まりから終わりまでほぼ同じ行動なんだけど、毎日どこか違ってて新鮮だねって映画でした。改めて考えてみると確かにそうだなって思いました。自分の生活を見直してみるのもいいかもしれません🙂

かなりのんびりした映画なので、時間に余裕がある人向けですね。

アダム・ドライバーは前にヤング・アダルト・ニューヨークを観た時に苦手な部類の人物を演じてて、そのイメージを引きずったまま観てたんですが今回のでまたイメージが変わりました🤣
SyuV

SyuVの感想・評価

2.5
月曜日から日曜日までの話。

何気ない日々の中に些細な出来事や愛が溢れてる。ゆったりとみる映画〜