パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

shoh323RA

shoh323RAの感想・評価

4.7
『リミッツ・オブ・コントロール』でランボーの詩のたった一節を、殺し屋×スペインという装置を用いて2時間の映画に翻訳したジャームッシュ。今度は全編に"詩"そのものを散りばめて、バス運転手の日常を描く。
パターソンに住むパターソンの1週間の物語。
小さな出来事が続く日々のルーティンの中、ゆっくりと変化していくパターソンや周辺の人々が、ジャームッシュ独自のトーンと演出でまとめられているため、全く飽きずに観れた。

主人公が詩を綴る際に文字や声、パターソンの街並みや川が同時にコラージュされる事で、詩そのものを観ている気がして、読まれるたびに心地よい気分になる。
全編で流れているアンビエント、エレクトロニカ調のST(ジャームッシュもメンバーのバンドが演奏)、バスや家の中からでも聴こえてくるパターソンの街並みの音響が凝られており、上記ルーティン内の変化やコラージュ等に一役買っている。

事件性の無い物語において、金曜日に明かされる小さな真実が個人的にツボだった。

大作の大音響、迫力の映像を体感するのも劇場の醍醐味だが、一方でパターソンの些細な、けど感性に溢れた日常に浸るのも逆に劇場でしか味わえないものだと再実感した。

これは勝手な推測だが、終盤に出てきた永瀬正敏演じる日本人の詩人は、もしかしたら『ミステリートレイン』に出てきたジュンの双子なのかもしれない。

このレビューはネタバレを含みます

「あゝ、ジム・ジャームッシュの映画を観たなぁ…」という気分にさせてくれる快作でした。
それもアンニュイな心持ちではなくて、心地好い気分で映画館を後にする事が出来る作品でした…

市井の詩人が過ごす一週間が、ほんの少し面白く描かれている作品。
端的に紹介すると、そういう作品です。
ただそこはジム・ジャームッシュ。
一筋縄ではいきません…

バスドライバーという設定は上手いなぁ〜。
今までのジャームッシュの映画だと、主人公から話しかけて(または話しかけられて)広がるちょっとした会話が、今回の作品では能動的に動かなくても、ダウンタウンの人々のたわいもない話に聞き耳を立ててそのやり取りを愉しむ事が出来るというシチュエーション。ちょっと滑稽なそのやり取りを愉しむ主人公。

中でも印象に残ったのは、意気地が無い中年男2人のモテ自慢 (笑)。そのやり取りを若い女性に見透かされるシーン。
ほんのちょっとした女性の仕草でそれと分かるのは、流石!
このシーンは、ジャームッシュ節が効いていると思いました。

そして今回の作品では、日々の暮らしの中から詩作のヒントを得ている主人公のアダム・ドライバーの演技が、とても秀逸で印象的でした。

日常生活の機微に翻弄されつつも、その状況をやり過ごしつつ、自分の愉しみを見つける主人公を、とても自然に、抑揚を抑えた演技で表現するその実力ときたら…。
その上、ジム・ジャームッシュの作品でいうと、ただそこに居るだけで雰囲気を醸し出していたジョン・ルーリーを彷彿とさせる存在感。
とても稀有な役者だと改めて認識しました。
その本質を現す事が出来たのは、この映画だったからだと思います。
今後ジャームッシュ作品のレギュラーになるかもしれませんね。

また、28年振り!に出演の永瀬正敏氏の印象的な役柄も、昔からジム・ジャームッシュの作品を楽しんできたファンには嬉しい限りですね。
彼の出演した場面は、本当に良いシーンで感慨深く、心に残りました…

こう作品を辿ると、淡々と進行する作品に思われるかもしれませんが、ジム・ジャームッシュならではの引っ掛かりが、其処彼処に色々と散りばめられていて、その辺りの独特さは面白かったです。

ただ、今回の作品で一番の引っ掛かりと言えるのは…

恐らく劇伴、BGMでしょうか。

正直、最初に出勤する風景に当てられたBGMは、とても違和感を覚えました。
そのシーンにまるで合っていないそのBGMが流れた時は、「あのジャームッシュが…このチョイス?」と、甚だ疑問でした。
普通ならもっと住んでいる町を表現する様な音楽が充てられそうなシーンなのですが、画面に入り込む事を、映画の世界へ没入する事を拒否する様な音楽なのです。

「一体どうして?」と思いましたが、この音楽が掛かるシーンにはある共通点があって、それがヒントになりました。

これは是非映画館で確かめて下さい。
ジム・ジャームッシュ、今回の作品での一番のトリッキーな仕掛けだと思います。

画面の向こう側で、ニヤニヤと悪戯っぽい眼差しでこちら側を伺う彼が垣間見える気持ちがしました。

大スター等が沢山出演している訳ではないし(でもメソッドマンが出演!!!)、莫大な制作費を注ぎ込んだ作品ではないでしょうが、非常に詩的で洗練された今回の作品は、21世紀に於ける彼の代表作になるのではないでしょうか…

色々とまだ話したい事ばかりの新作ですが、そろそろこの辺りで…
公開されたら、もう一度観に行こうと思います。
ジム・ジャームッシュの作品のあの雰囲気をまた味わいたいですし、パンフレットも読んでみたいし…

最後に。
この映画を観た後、きっと一言言いたくなりますよ…

「uh‐huh?」
た

たの感想・評価

3.9
試写会にて。
最後らへんの"その一行"っていう詩、グッときました。
ひ

ひの感想・評価

4.0
登場人物みんな愛おしい 誰のためでもなく表現することをやめない健やかなメンタルの人々
わたしローラになるからパターソンみたいな人に愛されながら日々過ごしたいすぎる 犬も好きじゃないけど飼いますエサ代高くつくブルドッグ
pumpkinの詩がとても好き
ムーンライズキングダムのふたりまだ付き合ってたんだなってほっこり
コインランドリーのラッパーも良い
アダムドライバーの朴訥とした雰囲気が詩人ぽくもあり一市民ぽくもあり良かった
atsu

atsuの感想・評価

4.0
試写会にて

パターソンに暮らすパターソンの静かな日々のお話

何も特別なことはない。
繰り返す毎日、馴染みの顔ぶれ。

けれど、同じ日なんて1日もない。

小さな可笑しみ。ささやかな幸せ。

自分の毎日もちょっとだけ素敵に思える
そんな、いい映画でした。
COHARA

COHARAの感想・評価

-
同じようで全然違う毎日。身近な人や物事を穏やかに愛して日々を過ごす。派手にキラキラと過ごすことだけが充実した人生とは限らない。そんな素敵なことを教えてくれました。
そして!いつものサブカルとんがり青年のアダム・ドライバーも好きだけど、このパターソンという役も素晴らしかった。
ア〜ハっ!
耕平

耕平の感想・評価

4.5
労働が育む芸術、忌避される商業主義、反復される会話と際立つその差異、回収されない伏線の妙、メソッドマン、引用される偉大なアメリカの音楽、文学、詩、そして(理想化された東洋としての) 永瀬正敏。

新作『パターソン』は、僕の心を見事に捉えて離さない。おそらく全てのジャームッシュファンがそうなる。

ジャームッシュ全部入り。近作では間違いなく最高傑作だ。なんてロマンチックなヒッピーなんだ、最高かよ。
試写会にて鑑賞
ポスターのセンスが素晴らしい
バス運転手の日常を切り取ってもこれだけ素敵な作品ができる、という縛りはナイトオブザプラネットのよう
ストレンジャーザンパラダイスが苦手なだけでまあまあ好きな映画作家かもしれない
dsqu23

dsqu23の感想・評価

4.5
いつも同じだなって思って起きる朝も仕事も帰り道も外側から映画としてみることで、その素晴らしさを気付かせてくれる。ただのきれいな話としてじゃなく。

寡黙で優しいパターソンの人となりもそうだし、
色んなところに、本当に細部に隠されてるちょっとしたことに、出てくる人の内面が見えて、笑ったり、流石だなって思ってたら、急に不安に襲われたりもする。それがすごく現実的だし、素直にすてきだなと思った。

基本この映画も「静」なんだけど、想像よりずっと笑っちゃうところが多くて幸せだった
いとJ

いとJの感想・評価

5.0
まるで、他人の生活に入り込んでしまったかのような映画。

バス運転手のパターソンは、単調な生活のあいまに、趣味で詩作をする。その時間は、彼を現実から遠く離れさせる特別で魔法的な時間だ。

この映画の物語で、劇的な事件は1つも起こらない。私たちの生活にもありえそうなことしか描かれない。しかし、だからといって今日は昨日の繰り返しではなく、たとえ毎日同じリズムで生活していても、私たちは少しずつ違ったように考え、行動する。イレギュラーも起こる。

詩作は、このことを実感させてくれる。昨日までに書いたものを読み返し、書き直して、続きを考える。そのうち、白紙のページにまた新たな詩を書きつける。

同じように見えて、新しくなっていく、進んでいくことの美しさを気づかせてくれる映画。傑作です。