パターソンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

これからの自分にとってすごく大切で、ずっと印象に残るであろう作品でした。

静謐で、穏やかで…。繰り返しと思えるような日常も、決して繰り返しではなく。ポエトリーを通じて、ほんの少しの豊かさであったり、彩りを、世界に対して付与していく主人公の姿にはとても共感しました。こんな風に日々を慈しんで、人を愛して、世界と向き合って毎日を過ごせたら。切に思いました。愛おしい。
C

Cの感想・評価

3.7
こんな穏やかな生活を送りたいと思い続けてるけど、難しいな〜。ジムジャームッシュ、苦手だなーと思ってずっと避けてたけど良かった
kaichi

kaichiの感想・評価

4.1
取り留めのない日常に幸せなことはたくさん潜んでいて、愛おしくてたまらなくなってくる。
こうやって詩的に多感に生きていきたいな、
ブルドックが飼いたくなった
毎日同じことばかりしてるパターソンと常に新しいことにチャレンジしてる妻。パターソンの毎日はすごく退屈そうに見えるけど、実は輝いている。
主人公夫妻とワン公がとても愛おしくて、またいつか観たくなるような映画です。
まさし

まさしの感想・評価

4.0
こんなに何も起こらないのにこんなにも心に残る映画があるとは。
静謐で朴訥で、それでいてポエジーに溢れていて。

自分史に残る大切な一本になった気がする。
osami

osamiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

大好きなジャームッシュ。この何も起きない普通の人の日常感が大好き。
マーヴィンが秘密のノート噛み砕くのは大事件だけど。
彼女の夢だったり、街でやたらと双子を見かけるのは何だったんだろう?
あと永瀬さんが天使みたいだった。ノートくれて。何もかもお見通しかよ
落ち込んだりもするけれどそれでも日常はつづくって感じがとてもいい。
彼女はキュートだけとエキセントリックで(そこも魅力的)、パターソンはとても穏やかで包み込んでる感じが素敵だった。
ロマ

ロマの感想・評価

3.0
何気ない日常を送れる幸せ。とは言え毎日同じリズムでは物足りない。そんな物足りない日常を送り続けている自分は、やっぱりたまに観る映画には非日常を求めたいな。これは好みの問題だから仕方ないよね😔
『ムーンライズ・キングダム』のサムとスージーのその後を見れただけで満足。
すぽ

すぽの感想・評価

4.3
詩人 ウィリアム・カーロス・ウィリアムズを生んだ街、パターソンでバスの運転手をしながら趣味の詩を書きながら素朴に、でも幸せに暮らしているパターソンの物語。

仕事で見聞きする人々の会話、彼女との語らい、バーでの一杯、この映画はまさに詩のような素朴さと力強さに満ちている。

同棲する彼女のキュートさもこの作品の魅力の一つですね。
7

7の感想・評価

4.0
ただ何気ない日々の日常の中に小さなしあわせは沢山あるんだと。パターソンみたいな人と結婚したい
ジャームッシュ、小津(日本)意識し過ぎだろ。ていうか、何気に村上春樹とかも読んでるんじゃ?双子の女の子とか、奥さんの映画の趣味とか、主人公の「やれやれ」と言いたげな表情とか。家狭っ!でも何か落ち着く。