パターソンの作品情報・感想・評価 - 309ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

yk

ykの感想・評価

4.7
ほんと2時間ずっと素敵な時間すぎていろんな事言いたいけど、
とりあえずAdam Driverファンのあたしからしたら、これは彼と結婚生活を送れる最高の映画 彼のキスで毎朝起こされるんならあたしの最悪な低血圧も治りそう

犬好き過激派としても最高だった
余韻がとても心地良い ジャームッシュ外れなさすぎる
ミホ

ミホの感想・評価

5.0
とても楽しみにしていました。
すごくよかったー。
街に秋のにおいがして、毎日が少しずつつながって、少しずつ違っていて、なんかいいな。
パターソンの、奥さんの前での笑顔が印象的でした。
普通なような、ちょっとおかしなような、
素敵な日常の映画でした。
明日からの毎日を、なんだか、ていねいに過ごそう、と思いました。
変わらない日常と新しい毎日。

セリフこそ少ないけれど、詩や街や表情を通して主人公の輪郭が見えて安心して観られました。


音楽が物語に一定の緊張感を与え続けるけれど何が起こるわけでもなく。

カシオの腕時計にスタンレーのツールボックス、目覚めのキスに夜の散歩。
愛するってこういう事だよなーって思わせてくれる、そんな映画でした。
試写会当たった。
パターソンに住むパターソンさんが過ごす普通の七日間。実は日常というにはドラマチックすぎるんだけどジム・ジャームッシュの撮る間が説得力を持たせてる。全体を通して悟ったような雰囲気が好き。観た人にそれぞれどの曜日が好きだったか聞いてみたい。俺は木曜日。
Kano

Kanoの感想・評価

4.3
前作のオンリーラヴァーズレフトアライヴが好きで観たのだけどこれは、ジム・ジャームッシュ大好きになってしまう。

パターソンのパターソンさんの1週間。
日々の生活が描かれるだけなのに、
日常にはこんなにも小さな感動や愛、勘違い、思い遣り、悲しみ…
つまり感情で溢れているんだって心動かされた。
そしてそれが出来るのはやはり詩の力なのね。

こんなに詩的で、同時に映画として面白い作品を私は知らない。

パターソンの詩はいつまでも聴いていたくて、
アダムドライバーの声に合わせ英語のサブタイトルをずっと目で追っていた。
多分、CD(サウンドトラックっていうより朗読CD?)が出たら買っちゃう。

アナーキストの乗客たちががまさかウェスアンダーソンのあの2人だなんて…!
胸アツとはこういうことを言うのでしょう!!
lisa

lisaの感想・評価

3.8
ジム・ジャームッシュ、もれなく全てが愛おしい…。そんなに数観てないけどハズレ無し。
奥さんの自由奔放なキュートさは何となくミステリートレインの工藤夕貴を思わせるような、放っとけない魅力がある。髪のフワフワ加減とか似てる。アダム・ドライバーの寡黙だけど意志を感じる瞳の強さも良き。
ジャームッシュの作品はお酒と共に家でまったり楽しむのに持ってこいだと思ってたけど、スクリーンもまた最高。館内に幸福感が溢れてた。また観たい。
アダム・ドライバー演じる主人公の一週間を描いたジム・ジャームッシュ監督作品。一見変わり映えのしない日常から浮かび上がる風景や出会い、主人公が運転するバスのようにゆるやかに進んでいく時間がたまらなく好き。
はるか

はるかの感想・評価

3.8
もしかして怖い映画なの…?と思ったけど違った。ポスターの、朝起きるシーン、すごく良かった。



同じような毎日に見えるけどそうじゃない。この承認欲求にまみれた時代に誰かのためじゃなくてノートに詩を書くパターソン。愛するチャーミングな奥様と可愛い犬。

パターソンの視界、家の中や街中の色彩、音楽、なんだかいい夢見てたなーーみたいなそんな映画。


アダムドライバーの嬉しいような驚くような悲しいような、表情雰囲気だけで持ってかれてしまった。

奥さんのことについて書いてた詩が素敵だったなぁ。

このレビューはネタバレを含みます

同じことの繰り返しの毎日を穏やかに暖かく迎えるパターソン。パターン化された毎日だけど、同じじゃなくて、そんな日常がとても豊かに感じました。

パターン化された毎日のパターソンと、毎日に変化があるパターソンの彼女。そんな彼 彼女に困りつつも、でも愛しいような、そんな二人の関係性も素敵だった。

必要最低限のものしか持たず、自分の近くにあるものを大切にするパターソンだからこそ、素敵な詩が書けるんじゃないかな?

なによりこの映画自体が詩的で、とても心地良い映画だった。
Momoka

Momokaの感想・評価

3.9
ニューヨークの郊外の街パターソンでバスの運転手をして、愛する妻と一匹のブルドックと暮らす主人公パターソン。持ち歩くのはノート一冊と必要最低限のものだけ。バスの運転席から見える風景や乗客の会話が毎日彼の中に流れていて、同じような毎日の中でも彼の中にはいつも新しい発見があって満たされている。本当の芸術家ってきっとこういう人のことを言うんだなと思った。
パターソンという街が詩人を多く輩出していたことは初めて知ったけれど、この映画のアダム・ドライバーもそんな詩的な街の雰囲気と溶け込んでいた。エミリー・ディキンソンが好きな女の子の書く詩とも共通して、彼の生み出す詩は透明感があって水のよう。滝のシーンもそういう意味で象徴的で印象に残った。