パターソンの作品情報・感想・評価 - 309ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

本当にいい映画だった。
こうゆう何気ない会話やシーンをずっと眺めてるのが好きなんだなと改めて感じた。
パターソンを見ていたら、毎日の些細なことがすごく大切に思えたし、繰り返しのような日々の中にこんなにも幸せが詰まっていることに気づかされた。
何よりもこの2人が本当に良い、登場人物もすごく個性的でみんな好き。
もっと毎日を大切に、味わいながら過ごしていきたい。
今、この映画を見れて良かった。
tulpen

tulpenの感想・評価

4.5
「ギミー・デンジャー」のすぐ後だからこそ
あの台詞にニヤリ。

かわいいマーヴィン(ネリー)に釘付けの2時間 あっという間。
KARIN

KARINの感想・評価

3.5
何気ない1日も、実はドラマがたくさんで、そして愛する人との日々はきっと満たされるんだろうな〜〜と心温まる内容でした。
日本人がこの映画見ると異国人として永瀬正敏を見れないのがちょっとくやしいなぁ。

ラストで不思議なニュアンスで妙なアクセントの言葉を話すじゃぱにーずが出てくるって、絶妙なバランスの異化作用が働いてるんだろうけどなぁ。

ロストイントランスレーションの時も思ったけど、東京って街が言葉の通じぬ異国にならなかったり
、こちら日本人だから仕方ないけどけっこうもどかしい。

それを差し引いてもいい映画だったなぁ。いろんなものに紋様描きたくなった。
セロリ

セロリの感想・評価

4.0
この映画何か良いですね。
何が良いかというほど、劇中では大したことは起きてません。それが良いです。
幸せを見せびらかすだけじゃ飽き足らず、相手にもそれを求めがちな私たちは、どんどん新しいものに手を出しがちです。けれどもパターソンはスマホを持たず、小さな出来事に、嬉しいことがあったと大切な人に報告する人です。他の人だったら文句を言うような出来事も、美しいものに変えてしまうのは詩人・パターソンだからか。

退屈で刺激のない毎日だろうか。多分パターソンはそんなこと微塵も思っちゃいない。派手で豪勢な暮らしに憧れているだろうか。いや、毎週土曜日の夜に古いホラー映画と夕食を食べることが叶えば充分だろう。
パターソンは決して声を大にして誰かに伝えることはない。ただ自分の大切な人に、大切な秘密のノートに零すだけ。ただ自分の同じ毎日に、違う何かを見つけ、それを喜べたり、それに幸せを感じれる。そんな人は本来私たちのあるべき姿なのではないだろうか。
取るに足りないことの大切さ、忙しい毎日に忘れがちだった昨日と違う何か。忘れずにいたい。
shuco

shucoの感想・評価

5.0
久しぶりに観たジム・ジャームッシュ。世界観が相変わらずでやっぱりいいなぁ…と思った。
ブサイクな犬や彼の肖像画の2枚。
モノトーン好きな奥さんがキスだけに起きてくるところもかわいい。
双子も面白いし、エミリーディキンスンが出てくるところも、表題にパターソンってカタカナがかぶってるところも良かった。
あんな穏やかなパートナーっていいなぁ…
あのパイはあんまりだったんだろうな…
飛行機のファーストクラスのような、ひたすらに心地よい118分間。

毎日が新しい日、特に何が起こるわけでもない。 でも、何故かずっと観ていたくなってしまう。ああ、これが幸せってやつの1つなんだな といった感じで、幸せが可視化されていた。

いつも(私が観てきた映画の場合は)ここでセックスするな、ここで人が死ぬな、、、等が一切なくて、逆に新鮮な映画でした。
kayooo

kayoooの感想・評価

4.2
ジム・ジャームッシュのセンスやっぱり好き。
そしてマーヴィンがほんとかわいい。影の主役!!

あ、携帯を持ってない自由と持ってる不自由、みたいな、、、色々考えてしまった。
日常を切り取った映画で、特に物語の展開があるわけでは無いのに、凄く心に残りました。大好きです、これ。
少し変わってる?けど、で可愛らしい奥さんと、ワンちゃんと3人で幸せに暮らしていて、派手なことは起こらなくてもいい主人公の毎日。夜、ワンちゃんと行くおきまりのバー、素敵な日常です。
するすると映画は進んで、終わった後、何だかナチュラルな気持ちになれる映画です。
詩を書くのって、難しく考えることはないのかもしれないと、少しだけ思ってしまいました。始めるのもありかもですね。
harumijano

harumijanoの感想・評価

4.1
ジャームッシュは本当にセンスが良い。画面の構図からセットの小道具に至るまで。いつも僕の心を鷲掴みにしていく。

今作はなんだかとても感受性を揺さぶられる感じで。
パターソンの生活に決して特別なことなど起きていないのに、
僕はというと、果たして自分の生活を、目に見えてる世界をあれほど美しく捉えられているだろうかと。
詩を書くっていいなぁ。特に自由律だと日記の延長になったりして。やってみよう。