パターソンの作品情報・感想・評価 - 309ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

心の機微を自然に且つ的確に表現しパターソンに成りきったアダムは素晴らしい貴重な役者だ。
もむ

もむの感想・評価

3.5
ご飯を食べて直ぐに鑑賞したのが良くなかった。途中寝た、

しかし さすがいい空気感の映画。
繰り返される、夫婦や酒場、バスの中などでの 会話の心地よさ。
ポエムの旋律の爽やかさ。
言葉が丁寧に紡ぎだされて居た。

DVDを買うならこんな作品がいいと思った。何度も見られる。
misa

misaの感想・評価

4.0
毎朝少しずつ違う形で寝る2人

同じ日常を丁寧に撮ってて、ただの
日常がこんなにドラマなんだなと思わせてくれるタイプの映画でした。
shihong

shihongの感想・評価

3.6
なんてことない夫婦の一週間。

味わい、


そんな言葉がぴったりなジム・ジャームッシュ作品。

堪え性なしのカイロ・レンから一変、
アーティストかぶれの妻のまずい料理や我儘に文句ひとつ言わず(表情には出る)
川面に揺蕩うように穏やかな旦那(詩人)を演じるアダム・ドライバー。

なかなか良い。

日常をただただ映し出すだけ、
だけど、なんか、そこが、ジム・ジャームッシュ。

ミニシアターでしたが、私が見た回は満席で、
なんでかな、と思ったら永瀬、なのかな。
別に出てなくても良かった役所でしたが。



ジムジャーファン以外にははぁ?な映画かと。
監督本人も、なんだかこんな感じを漂わせてる方です。
tamom

tamomの感想・評価

4.5

映画は嗜好品 だと再認識させられる。

アダムドライバーは最高の肴。エイヒレ。


ただの日常のようであって
最後のあの詩に集約されるように
めちゃくちゃ意義のある日常。

ストーリーが排除されている理由がちゃんとある。


そして、見た後に
是非ツイッターでエゴサしてみてほしい。
こういう人たちのココを刺激してるんだなっていうのがよく分かる。

兎に角、今年一番見逃したら損 な映画。
イチオシ。
Hazuki

Hazukiの感想・評価

3.8
朝のはじまりは大好きな人にキスを。
お弁当には1枚の写真を。
詩を書くときは秘密のノートを。

優しく穏やかな愛に満ちた生活
一つ一つに気取らない丁寧さ、そんな日常って良いなぁ

自由奔放なアーティストである奥さんの生きかたにとても惹かれた。
オリジナリティで、少女のようで、愛に溢れた女性、憧れる。。

つい興奮してしまったのが、バスの乗車客にムーンライズキングダムで駆け落ちしたチャーミングな2人が乗っていたとこ。まさかここに出てくるとは。

ぽっと心が満たされる映画だった。
詩と曲と相まって
何気ない日常が
映画のようだった(実際映画なのだけれど

同じ日を繰り返しているようで
ちょっとずつ違って
同じところは同じで
そこに詩が加わって
こんなに素敵な日に見えるのなら
自分の過ごしている日も
もしかしたらとっても素敵なのかもと思った

あとはなにも起こらない映画と思っていたら、思ったより色々起きてた

風景も言葉も綺麗で
羨ましくなった
なんと素晴らしい2時間!
穏やかで優しい暮らしと日々の少しの変化。

毎朝同じ時間に目覚め、毎晩同じ馴染みの店に飲みに行く、安定を求めるパターソン。
カーテンにペイントしたり、カップケーキを作ったり、ギターを始めたり、変化を求めるローラ。
相反する2人だからこそ最高の夫婦となるのでしょう。

大好きな人と観たい1本でした。
masao

masaoの感想・評価

3.8
ちょっとづつの違和感が重なって心地よい映画。


ん、なんでこの音楽?
この人の顔…なんか面白いな。
あ、また双子。。。
ワンジャックって笑。

「なんにも起こらない映画」って言われて観たけど、意外にいろんなことが起きてるんだけど、なんでもないことみたいに流れてく映画。逆になんでもないことが可笑しく気がかりな映画とも言える。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.3
一見、平凡な詩人(バスドライバー)の人生を描く丁寧な感じの作品と思いきや、主人公に「詩」を持たせることによって、創作と迷いと喪失と再生を描く。

トーンとしては地味だが、かなりなドラマが内包された映画。永瀬正敏が「再生」へと導く。