パターソンの作品情報・感想・評価 - 311ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

アダムドライバー、見れば見るほど好きになる。なんなんだろう。
ちょっと詩を読んでみたくなった。淡々と過ぎていく日常も、ちょっと違ったふうに見えるかもしれない。
kamuro

kamuroの感想・評価

4.0
同じような毎日を過ごしているようにみえて、本当は違う一日を生きている。同じ日は二度と来ない。
流れる雲を眺めるかのように、淡々と日々は進む。それでもいとおしい。 
1m58cm

1m58cmの感想・評価

4.4
ひとりの男性の1週間の物語
いつも大体同じ時間に起きて仕事に向かって、仕事をして帰宅後には妻との夕食後に愛犬と夜の散歩。行きつけのバーでビールを1杯だけ飲むのがパターソンの日常 だけどその日にしかない出来事も必ずあって詩を書いてるパターソンは日常生活を通して感じたことを書き留めて素敵だなあと思った。代わり映えのない毎日を生きる私たちを幸せにしてくれる映画。
めぐみ

めぐみの感想・評価

4.1
普段全然詩に触れてないんだな~て思った
女の子の詩最高に好き

毎日同じ道を行ってるのに違う写しかたをしていてとても興味深かったし、考えさせられる映画だな~てじわじわきてる
リョウ

リョウの感想・評価

3.5
一人の男性の一週間を独特な雰囲気とユーモアたっぷりに描いた映画。壮大なドラマがある映画もいいけど、こういう何気ない日常を丁寧にうつした映画もいいね。ブルドッグかわいい
かじ

かじの感想・評価

4.3
ちゃんとマーヴィンも俳優だったんだね。道理でお芝居が上手な訳で、ネリー。
Sohei

Soheiの感想・評価

4.0
‪年収とか仕事とかは手段。隣の芝ばかり気にせず、仕事はまあまあ頑張ってこなし、自分の日常に詩を見つけて生きる。そして妻というものはいつも完璧なわけではなくズレている。微妙な料理もおいしいと言って水で流し込んだ週に、愛し合う瞬間もある。‬
Stoma

Stomaの感想・評価

3.1
日常=詩
自分がこの映画をわかるにはまだ青すぎると思い知らされた。真ん中の30分寝てしまった、、、映画で寝たのは初めて。
決してつまらなかったわけではない
mieeeee

mieeeeeの感想・評価

4.0
どちらかといえば、若い時の私はあまり何も感じなかったタイプの作品。
ですがきちんと歳を重ね、色んなことを感じるようになり、こんな雰囲気をしんみりしっとり豊かに感じるようになった。

毎日変化のない穏やかな平和な日々を送れることがどれだけ素敵なことか。今となってはそれが少し憧れでもある。
少し、というのはやはりまだ、新たな刺激も欲しいと思っているのかもしれないけど。少しね。
でも、普通に過ごしていても刺激はあるのだ。日々の中に。
そしてまた日常に戻る。

永瀬さんが、とても素敵な永瀬さんでした。日本人として、とても素敵に出演されていましたね。うん、誇らしい。
キョウ

キョウの感想・評価

3.5
パターソンに住む、パターソンという男の1週間をゆっくりじっくり描いた映画です。

全編を通して映画に味を与えているのは「詩」でした。
パターソンは毎日ほとんど決まったことしかしませんが、特に詩を書くことに、こだわりを見せて打ち込んでいます。


しかし、この映画の見方として、

感覚的に雰囲気を楽しむべきか、
文学的に詩を楽しむべきか、
はたまた、よく出てくる「双子」という単語についてか、それにもまつわる街の偉人についての歴史を楽しむべきか、
ちょっと計りかねたのが正直なところでした。



パターソンと違って色々なことにチャレンジしようする妻のローラや、行きつけのバーのチェス好きなマスターなど、
ごく普通だけど個性ある登場人物と流れる日常からは、普通が一番幸せなのかなという気持ちにさせられました。


ブルドッグのマーヴィンも忘れちゃいけないですね。
愛らしくて、以外と存在感あります。
誰かに盗まれないように、ちゃんと "見とかないと" いけませんよ~