パターソンの作品情報・感想・評価 - 327ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

これといった分かりやすい結末はなく、どういう意味だったのかな?と色々と想像させる作品だった。

音楽が印象に残っていて、明るい曲ではなくて、ちょっと暗く何か意味ありげな感じに思えた。

双子の兄弟や姉妹が多く登場すること。3次元、4次元、5次元、6次元といった言葉がパターソンの詩に出てくること。パターソンとローラの生き方が対称的であること。詩のノートに綴られた言葉「彼女(ローラ)が僕の前から居なくなったら、自分の心を切り裂くだろう。そして元に戻すことはしないだろう」から、二人は、いわゆる双子の魂、ツインソウルの関係性にある人たちなのかな?と思った。

パターソンが何を考えているのか、唯一の手掛かりとなるのが、詩のノートに書かれた言葉。

ローラが夕食に作ったパイを美味しいと言いながらも水で流し込んでいたり、ギターが欲しいという彼女に同意しながらも、本当はそう思ってないんだろうな~と感じさせるところから、いっけん彼の本心がどこにあるのかわからないが、詩のノートの言葉から彼女を心底愛していることは間違いなさそう。

自分専用の椅子に座って毎日ローラとパターソンを観察しているマーヴィンがとてもキュートでなくてはならない存在。毎夜の散歩で立ち寄るbar。マーヴィンは、ご主人様であるパターソンが戻ってくるのをいつも従順に待っている。

ソファに置かれた詩のノート、何か起こるかもと思っていたら案の定…でも、コピーすることに乗り氣じゃなかったパターソンを助けてあげたの!?という氣もしたが、やり過ぎだったか。やっぱりただの嫌がらせ!?

謎の詩人が手にしていたのは、未来に出版されるであろうパターソンの詩集だったのかな?白紙のノートには可能性が広がっています。とはそういう事だったのかしら!?謎は残る。

最後に、ローラがいつも全裸で寝ているらしい…ところが氣になった。笑
SaeKozuka

SaeKozukaの感想・評価

4.8
あぁ、この感じこの感じ。とても好き。
文字が書きたくなる。ノートを買いたくなる。シンプルな暮らし。手書きのカーテン。クソ可愛い犬。個性的な奥様。パターソンの穏やかな空気。

ムーンライズキングダムの、サムとスージーって子が出ていたらしい…
そういえば私観たことないわ…
色々含めて、もう一度観ないと。
ジャームッシュ作品だと、ブロークンフラワーズ以来、好きな作品。
劇場で所々優しい笑いがおこるほど、日常を愛おしく描いている。
劇場にでてくる犬、バルムドック賞も納得の名演
HM

HMの感想・評価

3.6
日常を描いているほっこりする作品と聞いていた。確かに1週間の日常をゆったりと描いている。でも私にはとても不穏に感じられた。今にも事故が起きそう、トラブルに巻き込まれそう、音楽も周りの人間も、どことなく不穏なのだ。犬のマーヴィンだけは不も可も無くそこにいた。そう感じてしまうのは、今の私の心理状態のせいなのか
Takashi

Takashiの感想・評価

4.3
ニュージャージー州のパターソン出身のなまえがパターソン。バスの運転手で、趣味が詩を書くこと。そして少し個性的な彼女と2人で暮らしている。
そんなどこにでもいるような彼の日常を7日間を描いた映画。
映画終わっても一生この映画観れるって思えるくらい、その後の彼の人生を見続けたいと思った。さすがジム・ジャームッシュという感じでした。
いつも通り目が覚めて起きて仕事に行って、バスの中で趣味の詩を書いたり、
バスの中のお客さんの普段の会話だったり、そして帰ったら夕飯が用意されてたり。本当に当たり前の日常。
こういう当たり前のことこそが幸せなのではないかと感じた。自分もこういう小さな幸せを見つけられる人間になろう。
バーの店主のドクがチェス大会に勝ったのか気になるな。笑
ま2だ

ま2だの感想・評価

4.6
パターソン観賞。

パターソンという町に住むパターソンという男の日常。それが朝の目覚めから一日の終わりまで、律儀なフェードインアウトで曜日ごとに区切って差し出されていく。
語り口からわかるように、大きな起伏もなく物語は進んでいくのだが、本作のテーマはこのアンチ・クライマックス性というよりはムードの均質性そのものにあるだろう。

曜日区切りというフォーマット、スケジューリングされた登場人物の行動、バスの運転手でありながら詩人でもあるパターソンの書く詩の一節が少しずつ画面に浮かび上がるテンポ、それを口ずさむ主演のアダム・ドライバーの声の魅力。それらによって映画に心地よいループ感が生まれ、穏やかなグルーヴを醸成していく。気持ちいいフレーズをサンプリングしてただただループさせたメロウなヒップホップのような映画。展開の緩急ではなく、一定のところに停滞することで生じるグルーヴが物語を牽引していく。たまらなく多幸感に満ちた時間だ。

このメロウネスの基本となるフレーズ、それが詩人が世界に向ける柔らかなまなざし、感性であり、愛である。朝、妻と交わした会話の内容から、町の風景には様々な双子が顔を出すことになるが、この少しアメリを思わせるささやかなマジック・リアリズム描写は、イマジネーションとは奇矯なクリエイティビティだけではなく、誠実なホスピタリティの源泉でもあることもまた示している。想像することは他者に想いを馳せること。我々は詩人の愛が甘美に溶けだした町の情景を映画として目にしているのだ。

本作における詩の多くは現代詩人ロン・パジェットのものだというが、劇中で少女が詠む律儀でみずみずしい詩がジャームッシュ監督自身の作だということを後で知り、またほっこりした気分になった。

余談というにはあまりに大きな要素なのだが、個人的に世界で一番好きなSEである中型犬の足音が、本作では甘美なソロプレイのように定期的に挿入され、それだけでも最高な気持ちにさせられる。犬映画としても最高の一本だ。
壮大な何かはないし、大それた意味もないし、けれどそれこそ詩的で、この映画そのものが詩を読んでいるような、そんな作品だった。

監督の細やかな眼差しが日常の中の美をいくつも捉えている。
それに伴った光の演出が繊細で、いつか見た朝日や感情を想起させられた。

目の前にある輝きや日常のかけがえの無さ、それはスマホばかり見ていても気づけないよねぇ。
ぴち

ぴちの感想・評価

3.0
序盤めっちゃ眠かった…
でも水曜日あたりからだんだん穏やかな日常が心地良くなってきて、たまにはこういう映画もいいなって思った。
m

mの感想・評価

4.0
ジャームッシュの新作をオンタイムで観られるしあわせ
さりげない一言やほほえみや風景に、観おわった後にきづかされる、日常がきらきらする映画
まっ白いノートってだいすきだ
Hirona

Hironaの感想・評価

4.0
◯◯●◯◯●◯●●◯

tuesdayの記憶がない 、、zzz
映画館でウトウトしたの初めて
それくらい気負わず、のんびり、まあ心地よい2時間

見終わって数時間たった今、
じわじわと余韻がきてる