パターソンの作品情報・感想・評価 - 327ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

Yoshiko

Yoshikoの感想・評価

4.8
帰り道に感動が襲ってくる時間差攻撃⚡︎
パターソンすごくすごく素敵なひと
「日々」
とぅん

とぅんの感想・評価

4.1
静かだし、事件も起こらないしで超地味なんだけども、観終わった後は自分の日常が少し違って見えるような映画。
こんな映画って他にないな。

ジャームッシュ監督作は前から気になってたけど、何となく自分には合わなそうだと思ってたが、まさかここまでハマって揺さぶられるとは。
詩を映像化したらこんな風になるのだろうか、いくつも気になる描写があって、全く飽きなかった。
(双子とか郵便ポストとか)

パターソンは口数少ないながらも、ちょいちょい笑いを噛み殺してたり、あからさまにムスッとしたり人間的なのが入っていきやすかったのかも。
世界観濃いめの奥さんと幸せな生活を送ってて、随所で微笑ましいです。

あと、間違いなくマーヴィン演じるブルドッグは助演男優賞。
メソッドマンとのシーンやポストのシーンなんか声出して笑っちゃったよ。
パターソンに住む
パターソン行き?のバスの運転手である
パターソンの1週間のお話

同じような日常なんだけれど全然違う
当たり前のことがこんなに幸せなんだなと

随所に暗喩のようなものがあり詩的な映画でした

こういう映画もっと楽しめるようになりたいです
自分の悩みがちいさく見えました。普通の人の普通の日常をみてそう思えるのは、なかなか珍しい。まず、毎日ってこんなに色鮮やかなんだなと感動ました。同じパターンを繰り返しているはずなのに、新しい。ドラマチックな要素がないのに、そう思えるのは、カット割りが素晴らしいの一言に尽きます。人が背景と一体化してるというか、馴染んでいる。そこの土地の人なんだなと納得させられます。色の使い方や、光の使い方が、とても上手です。また、朝、奥さんと寝ていて、パターソンが先に起きるシーンが毎回あるのですが、奥さんは裸なのですが、いやらしさ、エロさを感じません。プライベートなベッドシーンも日常に落とし込んでいて、もう脱帽です。
ハコ

ハコの感想・評価

4.0

この映画を先に観た姉に感想を聞いたら、
「a-ha!って感じだったよ」って言われて、なんやそれと思ってたら
まさに「a-ha!って感じ」でした。(笑)


なんとなーく過ごしている毎日は
代わり映えのないように見えるけど
実はぜんぜん違っている。

新しい人と出会ったり、
ちょっとした事件が起こったり。
それを報告したくなる人が隣にいてくれる
ってのも、良いですよね。

優しくて、物静かに語ってくれる
この映画自体が詩のようで。

心に刻んでおきたくなる、セリフもしばしば。自分の勉強に生かしたい。
パルム・ドッグ賞を受賞したワンちゃん・ネリーの素晴らしさも言わずもがな。女優です🐶


・圧倒的永瀬正敏
・「詩の翻訳はレインコートを着てシャワーを浴びるようなもの」といいつつ、字幕をつけなきゃいけないというアイロニー
・余白の可能性
taaamami

taaamamiの感想・評価

3.9
日記をつづるような感覚。

ソールライターに茶目っ気を混ぜたみたい。
ジャームッシュ監督って日常の喜ぶと悲しみのギリギリの境界線を描くのが上手いなといつも思います。
今作もしっかり描かれている。
でも過去の作品と比べたらあまり心に残らない。
テーマが曖昧なのかな?

出てくる家具や雑貨のオシャレなこと!
次作『ギミー・デンジャー』で描かれるザ・ストゥージズのこともちらっと出てくるという憎い演出も!
『ミステリートレイン』以来の監督作出演の永瀬正敏はほとんど出てきませんが、存在感強い!

詳しくは言えませんが昔に『ミステリートレイン』に少しだけ関わったので、ジャームッシュ監督や永瀬正敏には思い入れがあり、その再来を観れた事は嬉しかったです❗️
和

和の感想・評価

4.0
ここがどうとかはっきり言葉にして言えないけど、全体的に好きでした。伏線風な謎な箇所が多数あって、色々と暗喩してるんだろうなぁと思うけれど、じっくり考えなきゃわからない感じも好きです。こういう感じは久しぶりです。
ぞいど

ぞいどの感想・評価

4.0
「あ~好き…」て映画をみると、好きになるまいというのか、好きになっていいんだろうか、みたいな、なにかあら探ししたいような、フレームの外になにがあるだろう、みたいな気持ちになります、なりません?

たとえば、パターソンの支持政党はどこか?民主党でしょうか?か?
あるいは、モブ日本人として感じた違和感(これ、割とスルーされている気がしますが、)として、あれほどまでに創作へのハードルが低く、コミュニケーションツールと化している地域に納得感持てるのかほんとに自分は、とか?
ていうか、あの豊さは人種の多様性と、産業の盛りを通り過ぎた地域特有の緩さからきている気もするけれど、そのバランスは保てるのだろうか(多様性や緩さと摩擦やストレス、貧困は紙一重)、とか…。
http://www.sankei.com/smp/world/news/170527/wor1705270065-s1.html

いやでも、めちゃ好きでしたけどね!
2016ヒューマントラストシネマ渋谷
永瀬さんノートありがとう