パターソンの作品情報・感想・評価

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

たけ

たけの感想・評価

3.0
いつのまにか、自分自身の生活と重ね合わせて鑑賞していました。代わり映えのない毎日。と思いきや、少しずつ何かが起こる。同じ日は無いんだな、と改めて思いました。
Minami

Minamiの感想・評価

3.8
試写会にて鑑賞。

パターソンという町のパターソンのお話。

ありきたりな日常の1週間を記録した映画。いつも同じに思える日々の中で、少しずつハプニングがあり、人生のスパイスになっている。小さな幸せが毎日を潤してくれるんだなあと!

細かな小道具が可愛くて、映像が綺麗でした。マッチボックスも可愛い!

ブルドッグのわんちゃんがとてもいい演技で、可愛らしかったです。

妻はハイセンスなのに、なんでギターとカップケーキ作りなんだろう...?

こんな結婚生活を送りたいなあと感じた作品でした。
OKB

OKBの感想・評価

4.0
Patersonとは人であり、街そのものである。
毎日同じルートを同じ時間に回遊するバスは、(終わりなき)日常の象徴でもある。
ある男の、ある1週間を対象化した本作は、ルーティンを通して、逆説的に、「同じSTEPの毎日」など決して無く、「行きてる事さえ忘れちゃう」いとまも無い事を改めて伝えてくれる。

もしPatersonという街(男)の1週間後、1年後、あるいは10年後を切り取っていたとしてもこの映画の本質はきっと変わらない。同じようで違う、繰り返しのようで新しい、そんな日常を彼らは行きている。心の何処かでそっとアメリカンドリームを夢見て。
YUKI

YUKIの感想・評価

3.8
パターソンのランチボックス!私も欲しい。ランチボックスには妻の写真と妻が作ったカップケーキやサンドウィッチが入っている。 サンドウィッチを齧りながら、ノートに一人で文字を書くパターソンがとても良い。
はみ

はみの感想・評価

3.7
試写拝見しました。ドラマチックな展開はありませんが、主人公の日常がしみじみと丁寧に愛情にあふれて映し出されていました。なんとも雰囲気のある作品です。この雰囲気を心地よく楽しめる一本です。あと、犬飼いさんもしくは犬好きの方は、あのワンコのしぐさや表情の一つ一つに頰が緩みますw
SIZU

SIZUの感想・評価

3.8
試写ありがとうございました。
寡黙で詩作が好きなバス運転手の流れるような日常の7日間の物語。何も事件は起きないけれど、まったく退屈せずに観ることができた。
陽気で夢見がちな妻(たぶんアラブ人設定)、ブサカワな犬、バーの友人たち、美しい滝の風景、ところどころ現れる双子達(確実な双子のほかに、双子っぽくした二人組もいた)が毎日の生活で美しく流れている。
きっとジムの視点なんだなあ、と。ジムもこうやって人々や街を暖かく観察しているんだろうね。そう、毎日「同じように見える日も、すべて違っている。
以下はちょっとした覚書
・タバコは吸わないんだなあ
・妻のコスチュームがキュート(だいたい手作り)
・なんで双子とそれっぽい人たちを多く起用してるんだろ?
・尊敬しあっている夫婦は「ラッキー」
・寝るときは横向きなのね(私もなので気になった・笑)
・ランチボックスかわいい
・ア~ハン?
あーる

あーるの感想・評価

4.5
パターソンの何気ない日常、変わりばえしない同じことの繰り返しの毎日。

ついつい何か事件とかどんでん返しとか期待してしまいがちですが、そんなことが起こらなくても退屈することなくワクワクしてしまう要素が至る所にさり気なく、でもオシャレに散りばめらているところが魅力的。静かな音楽とポワーンポワーンという(笑)効果音が心地良い。

登場人物、小道具、景色、空気、クスッと笑える場面が要所要所にあったりと、ジムジャームッシュ色に染められたテンポやユーモアや間の世界観がやっぱり好き。

マッチやポスター、劇中に出てくる詩、エンドロール、全てのデザインとかフォントが全部カッコいい。

鑑賞後のトークショーで、山崎まどかさんがおっしゃっていた写真のこと、次回の鑑賞時に探すのが楽しみ。他にも参考になることをお話ししていました。
hime

himeの感想・評価

3.5
試写会で鑑賞しました。
ありがとうございます。

バス運転手の日常。
大事件に巻き込まれるわけでもなく、淡々と進む日常。
それでも、同じ一日はなく毎日は進んでいく。

奥さまが好きなタイプの美人顔で観ていて飽きない。
行動が少しエキセントリックなんだけどそこがまた愛らしい。

深夜テレビで流れていたら観てしまうような映画。
ayuta

ayutaの感想・評価

4.0
パターソンに住むパターソンという名の男の7日間の物語。

同じような毎日の繰り返し、でも一日として同じ日はない。
ジャームッシュの登場人物達を愛しく見つめる視線がよい。

バス運転手であり詩人である主人公、労働者的な感じかつ繊細な感じが
アダム・ドライバーにぴったり。すこし不思議ちゃんな奥さんの行動に
すこしたじろぎつつ、何も言わず受け入れてしまうところは愛なんだなぁと思ってしまう。

伏線かと思ったら、軽い肩透かしを食らったりもしましたが
詩的な浮遊感があり心地よい映画でした。

余談ですがマッチがモチーフとして使われているわりには
喫煙シーンは無かったような?
STRANGER THAN PARADISEではやたらタバコ吸ってた気がするけど
時代なのかな。
JLG

JLGの感想・評価

5.0
Filmarks試写会。記念品のマッチありがとうございます。
ジム・ジャームッシュは最も好きな監督の一人で、鑑賞前から期待値はかなり高かった。
(そもそもあの感動的なポスターの写真がここ何日も頭から離れなくて、既に作品を観たかのような気分になっていた。)
淡々とした日常系、みたいなジャンルの映画は、大抵がわざとらしかったり長回しが退屈だったりして苦手なのだけれど、今作はさすがジャームッシュといった美意識が随所に散りばめられて、非常に魅力的な映像だった。
朝起きて、必ず時計を腕にはめることから始まるパターソンの毎日。決められた仕事、ルーティンを守り通し、たった一人の恋人を愛し抜く日常。
途中、バスが「電気系統のトラブル」で急停止してしまう場面がある。
ここが一番ドキドキさせられたのだけれど、結局子供にスマホ借りて解決、帰宅後に恋人のローラが「あらー大変だったわね」と言って、あっさりとその小事件の話が終わるのが印象的だった。いろいろあるけど日々は続く。

日常に詩があり、言葉があるということの美しさを表現している点が最も素晴らしく、詩が好きな人にもぜひ薦めたい映画。
まだダンケルクも観ていないけれど、『パターソン』は今年暫定一位。まだ書き足りていないので後ほど追記します。