パターソンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

のぐち

のぐちの感想・評価

4.5
詩的で、ゆるやかな
美しい情景と愛すべき人びとの映画
「似てる」って言葉には「同じ」と「違う」の真逆な意味が含まれてると思う。パターソンの毎日も、同じに見えて実は違う。双子はその隠喩かな?

同じ一日なんてない。

パターソンが詩を書くのは、偉大な詩人と同じことをすることで非日常へ抜け出せると思っているからか。それが失くなると、あるのは自分はただのバス運転手という現実。日常を少し窮屈に感じるようなラストだった。

でもどこで何をしたって、生きるって多分こんな感じ。
ツブ

ツブの感想・評価

4.4
犬、秘密のパイ、アボットとコステロ、レインコート
パターン
友達は広がりのある閉鎖感って話してた
私には閉鎖されたループが延々に続く苦しさが見えた
にしてもパターソンいい人やなっ
nagisa

nagisaの感想・評価

4.3
アダムドライバーが顔を手で覆って照れるシーン、なんて最高なの... 朝のシーンが一番良かった。
maomei

maomeiの感想・評価

3.9
好きなやつです。なんでもないパターン化された日々の営みを、ある時ふと逸脱してみたくなる気持ちはあれど、大した変化は起こらないまま時が過ぎて行く。そこにあるのは公開や失望ではなく、穏やかさと安らぎのようなものではなかろうか?

日曜の午後に観るにはぴったりの一本だった。アダム・ドライバー演じる夫パターソン、天真爛漫な妻を静かに優しく支え…って出来過ぎ感否めないけどw いやぁいいものですね。現実はこうはいかないけど、映画の中くらい夢を見たい。

犬!わんこのいい仕事っぷりですよ。ふんわり進んで行く物語にスパイスをひと振り、って感じがして良い。

空気感がとても素敵で、初秋の少し肌寒く澄んだ空気にピッタリだった。なんでもない日々に疲れている時に効きそうな感じがする。
EnzoUkai

EnzoUkaiの感想・評価

4.2
世界は言葉によって色づく。
あいうえおに始まり、教科書をめくりながら国語のお勉強をしてきた。当時は何の意味があるのか?と疑問ばかりだったが、自由に本を読めるようになり、テレビドラマや映画を鑑賞できるようになってくるとそのお勉強のありがたみを感じるようになってきた。
言葉に遊ぶことは誰にでもできる楽しみではあるけど、実は少しだけ難しい。やはり多少のお勉強が必要だ。そのお勉強は遠い昔に習った国語のお勉強で十分。だからこそ受けてきた授業はありがたかったのだ。
散文は比較的早い段階でとっつけるけど、韻文は少し自分の感性が必要かな。それでも多くの偉大なミュージシャン達の力を借りながら嗜めるようになってきた。
最近、この歳になってやっと古典や漢詩に面白みを感じるようになってきた。人生を味わう感覚が少しわかるようになってきたのかも?
さて、このパターソン。私にとってはまるで枕草子を読むかのようだった。
徒然草でも良いかな。
tamu

tamuの感想・評価

4.3
窮屈な映像が続いてた。
今いる場所や、時間、会話、
パターソンの行動とか…とか…
描写されないことが沢山あって、
情報が制限されてる(気になる)。

これがまるで、
音符1つ1つを確認して弾く
ピアニストみたいだったなぁって
後から思って、
映画を思い出しはじめると、
良かったな〜ってじんわり思えた。
poem

poemの感想・評価

4.6
最高の一作。心から面白いと思った。毎日同じ道を通って同じルートを運転して同じ犬の散歩道を歩んで同じバーで飲んで。一見普段通りに見え、「パターン」化された「パターソン」の毎日だが、実は同じ日なんて1日たりとも存在しない。カメラワークや描写する場所によってそのことを上手く表現していたのが秀逸。まさに詩のような物語であった。「パターン」化された生活から逸脱したいと思いつつも、畢竟脱却してしまうのは怖い。今のありふれた毎日が幸せなのだと再認識した。
また、我々鑑賞者の化身として現れたのが永瀬正敏さんだったのが凄く共感を覚えた。かっこいい!
mai

maiの感想・評価

3.5
何か観終わった後、とてもほっとした。
本当に静かに物語が進んで、何か退屈…?と思いながら観たんだけど、終わった後にとても安心感が残った作品だった。

毎日仕事に行って帰ってきて寝て起きてその繰り返し。長年愛する人は空気のようになり、特に不満もなく、なんとなくいつも一緒。え、人生ってこんなもの?そんな風に私はふと思う瞬間があった。

でもこの「パターソン」を観て、あ、皆そうなんだ。住む所があり、仕事があって、ご飯が食べれる。それだけでとても幸せな事なんだと。不満もなく、何でも語れる存在がいること、そんな小さな幸せを逃してはいけない。

毎日沢山散りばめられている小さな幸せに気づくことが私は出来ていなかったなぁと思った。些細な幸せを感じる事が出来る心を持ち、その心を大切に育てていきたい。
贅沢でお金をかける、分かりやすい幸せしか感じれないなんて、そんな貧しい心は持ちたくない。

ジャームッシュ監督の作品はこう、静かに何か大切な事を教えてくれますね。彼独特のセンス全開の作品でした。