パターソンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

Nao

Naoの感想・評価

5.0
世界はうつくしく、詩的で、同じ日は二度とない。
みんな素敵だった。
Yurie

Yurieの感想・評価

4.0
正直点数をつけるのが難しいです。
うまく言えないけれど、きっと地球上に数えきれないくらい存在するであろう派手でない優しいしあわせを感じた。
しあわせな日常。ありきたりのようで、難しい。映画はどちらかといえばイレギュラーな人を描くと思う。パターソンは確かに詩的で絵になるけれど、パターソンという人物の日常であるには変わりない。






ここからは完全に私自身の話だけれど、私には映画しかない。映画が好きで好きで仕方ない。映画館に行けば幸せだって思える。
それ以外に大好きなのが、目に移るもの。特に光。電車に揺られてる時に光の加減だとか気温だとか空の色が気持ちに当てはまりすぎると魅入ってしまってバイトとか学校をばっくれてしまう。
そんな視点というか、景色の見方をパターソンから感じた。私がバスにのると見つめてしまう場所や、窓からの景色の見方が似ていて。嬉しいと同時に悲しかった。
だから点数をつけるのが難しいです。
映画としては見事だったと思う
nightwax

nightwaxの感想・評価

3.6
総じて村上春樹の小説に共通するとおもった
いいんだけどやっぱこの監督わたしにはまだ早いのかも、な。でも、日常のなかの普通の幸せってほんとうに、当たり前に見えて当たり前じゃない。
ただのゆるい映画に見えるかもしれないけど
女性のいつでも前向きに一生懸命生きて自分の楽しみみつけているところとか
主人公のなんでもない静かな日々とか
幸せってほんとに自分が見出してきめることなんやと
みつをはやっぱり、ただしいよ
泡

泡の感想・評価

3.7
20時台の上映で。
劇場の中があたたかくて、ちょっと眠たくて、うっとり、ぽわーんとしながら観てました。

“暮らし”って感じ。
暮らしが好きなので私は結構楽しめた。
私はやっぱり性格の悪い女だからたまーに奥さんが少し鬱陶しいなって思っちゃったけど、パターソンと奥さんがお互いに愛し合ってる感じがすごくよかった。

音楽は終始不穏な感じだし、時々一波乱起きそうになって、え〜〜この平穏な日々を壊さないでおねがいおねがい!って思うけど結局壊さないでくれるから嬉しかった笑


永瀬さんいつ来るんだいつ来るんだってずっと思ってたけど、出てきた瞬間あ〜これラストシーンだなって気づいた。
パターソンの詩が劇中に出てきたとき、出来るだけ原文の音の響きで詩を噛み締めたい、でも和訳も知りたいや〜!って気持ちになってたから、永瀬さんのレインコートでシャワー浴びる例えにすごく納得した。

日本では(?)詩書いたり、音楽を作ったり、絵を描いたり、自分を表現することがナルシストみたいに思われる風潮少しあるけど、そんな忌まわしき風潮無くなればいいのにって思った。私も色々アウトプットしたいな。自分を見つめなおせるよね。気持ちが落ち着きそう。

わんちゃんかわいー!
s

sの感想・評価

3.6
妻にキスし、バスを走らせ、愛犬と散歩する、いつもと変わらない日々。

いつもと変わらない日々だと思いがちだが毎日毎日小さな変化がある。もちろん大きな変化がある1日だってある。それが良いことでも悪いことでも、今日という1日単位で考えて全力で生きるべきじゃないのかな。
同じ日など1日もない。

単調になりがちな仕事終わりの平日にずっと見たかった映画を見れた今日という日はちょっとした幸せのひとときだった。
PIN

PINの感想・評価

3.5
アップリンクでみました

何も起こってないように見えるんだけど、起こってるんだと思うーみんなそれぞれの生活で。
aya

ayaの感想・評価

3.4
若かりし頃は大好きだったジム・ジャームッシュ。本作は雰囲気は好きだったんだけど、もっと寓話的なものが出てくるのかと待ち構えているうちに睡眠不足でウトウト。。もう1回見るかなあ。。どうかなあ。。
Inori

Inoriの感想・評価

3.8
バスドライバーなんだけども詩人。そしてまるで詩のような映画。

久しぶりにジム・ジャームッシュ作品を観たけど、そうだそうだ、こんな感じ。静かで、流れるようで、街と人が一体化してて、眠いようなわくわくするような、観た後に「あー、観たぞ」と満足できるインディ映画。手書き感も良かった。毎日特に何もない連続だけど、そこには色んな面白いものが転がっている。しかし妙にリアリティのない妻はナンだったんだろうか。彼女のあの嘘っぽさが詩そのものなのかな。長瀬さんも良かった。『ミステリートレイン』を思い出した。同じキャラだったら面白いな。昔は尖ってたんですが今はスーツ姿で詩を書いてます、みたいな。
毎日の愛の映画、何かを愛しく思ったときその気持ちを詩におこしてみようかなあ
tokio

tokioの感想・評価

4.1
Rec.
❶17.11.28,アミューあつぎ映画.comシネマ