パターソンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

4.0

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

mflyo

mflyoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ニュージャージーはパターソンに住む、バスドライバー、パターソン。伊東に住んでる伊東さんみたいな千葉に住む千葉さんみたいな?
彼は、ちょっと変わって優しく可愛い自由でクリエイティブな彼女のローラと愛らしくイタズラなフレンチブルドッグのマーヴィンと慎まやかに暮らす。
月曜から金曜日、毎日朝6時から6時半に起床。彼女より少し早く起きる。朝ごはんを食べて仕事に向かう。仕事の隙間時間には、趣味の詩を書く。彼女のローラには詩を世に発表してと言われているがそんな気概はない。仕事を上がったらマーヴィンの散歩に出かける。途中マーヴィンを待たせてバーに寄るのが日課。フラれた友人は落ち込み毎日彼女にヨリを戻せないか懇願してる。家に帰ってローラと同じベッドに入ればまた次の朝が始まる。
金曜日の夜、いつものバーに行った。彼女とヨリを戻せない友人が銃を持って暴れる。柄にもなくパターソンは彼を止めるがオモチャの銃だった。いつもより少し遅めに家に帰る。明日は土曜日、ローラがマフィンを焼いて市場で売る日だ。
土曜日。ローラのマフィンは大盛況だった。286ドル儲け、慎まやかな生活に華を、今夜は映画を見て外食することになった。気分良く家に帰るに、イタズラっこのフレンチブルのマーヴィンが暴れてた。何と、パターソンが大事に毎日詩を認めていた秘密のノートをボロボロにしていた。落ち込むパターソン。
日曜日。一人で散歩に出かける。グレートフォールズ。ベンチで滝を眺めていると、旅行者の日本人が横に座る。彼はパターソンも好きなウィリアムCウィリアムズの詩を読んでいた。素敵な出会いに日本人から何も描かれていないノートをプレゼントされるパターソン。彼はまた新たな詩を書き始めた。


朝一の飯田橋ギンレイホールまさかの満席で立ち見。大きな事件が起きるわけでもない日常を切り取った当作だが、疲れることなく退屈になる事もなく楽しめた。愛らしい日常が、後からじわじわ染みてくる。容易に駄作になり得るテーマを、ジム・ジャームッシュの独特の間を作る極上テクとアダムドライバー始め余りにナチュラルな芝居をする俳優陣で作り上げている良作。
daidai

daidaiの感想・評価

4.2
毎朝、妻ローラにキスをして始まるバス運転手パターソンの日常を淡々と描く一週間の物語。

何か起きそうで起きない日常。でも、同じ繰り返しばかりではない日常。いつまでも、続いて欲しいと願う日常。

ストーリーとして、劇的な展開もラストシーンもないのだけれど、不思議と退屈もせず、心地よく、心の豊かさを感じながら楽しめる映画。

あと、夫婦の関係がいい。自由で個性的でセンスのいい奥さん。それをやや戸惑いながらも、穏やかに受け止めて、理解し、否定しないご主人。だからこそ、奥さんがイキイキと魅力的に見えるのだと思う。
さちえ

さちえの感想・評価

3.9
いい映画。
アダムドライバーは正統派イケメンではないが、とても味があって好き。
奥さんも可愛らしくてとても美人て愛嬌があって良い。
いいバランスの夫婦だな〜と思った。
こういう夫婦に憧れる。
お金よりも大事なもの。
ry

ryの感想・評価

3.7
ちょっと変わった人たちに囲まれて、バス運転手をしながら変わらない毎日を過ごしている主人公。そんな日々の暮らしの中から詩の創作に励んでいる。

大きな事件も起こることなく、淡々と描かれる日々の描写に飽きがくるけど、最後唐突に登場する永瀬正敏と主人公の絡みが良かった。

この映画に登場する人達はみんな日々の暮らしの中で何かを表現しようとしていて、それがかけがえのないものだと教えてくれる気がした。
アヤノ

アヤノの感想・評価

3.9
何気ない日常が当たり前ではなく、二度と同じ日はない。だから、この日常が大切なのだと感じました。

パターソンとローラの関係がとても心地よくて素敵でした。

もう一度ゆっくり観たい作品。
hidebo

hideboの感想・評価

-
素敵な町なのかみすぼらしい町なのか、どっちなのだ?パターソン。ギンレイはドライバー繋がりだったけど、夜空は最高密度の、、、と合わせて詩繋がりでも面白かった。
りりこ

りりこの感想・評価

4.2
好きな映画です。バスから見える景色も、バーの音楽も美しい。役者はやっぱり肉体で表すものが大きい。アダムが魅力的で、ガッチリした背中でなんとも言えない男らしさを醸し出してる。マーヴィンの名演でプラス2点。
バスの窓から差し込む陽の光や、毎日繰り返される日常のシーンの定点カットが印象的。毎晩変わるBARの音楽など、くすぐられました。
miki

mikiの感想・評価

3.7
一人の男性とその妻、ワンコと近所の人達の日常が淡々とつづられる。オチはあるのか?と思いきやない(笑)。でも不思議とつまらなくないし、観てよかったをほんわか味わえる不思議な映画でした。多くの人の人生は毎日の積み重ねで、その中に小さなドラマがあるものだからかな。
他人の日常をパッチワークのようにつなぐと、おもいがけない偶然で綺麗に組み上がることがある。観客がパターソンの日常を覗くとき、パターソンも運転席から、バーのカウンターから、他の人の人生を覗いて、ときには参加している。「パターソン」という名前(=地名)がそのままオチになりますね