パターソンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.8
毎日同じ日なんてない。
少しずつ違う毎日でも
変わらずにあるものに
たっぷりの幸福感
日常的でも
とっても惹きつけられた作品。
seiji

seijiの感想・評価

3.8
何気ない日常、でも同じ日は1日たりともない。そしてよく見渡せばキラキラするものが沢山散りばめられている。それは詩的でもある。そんなことを感じさせてくれる映画。
ちかミ

ちかミの感想・評価

4.7
ジム・ジャームッシュは30年前の「Stranger Than Paradise」から全く変わってないなー。
市井の人々の地味な日常を描写した良作でした。
映像の独特のリズムとテンポは彼ならでは。
ご存じのようにロックに造詣が深く、BGMも外してません。
エンディング付近で永瀬くんが登場するシークエンスのみ、浮いてる感じがしましたが、オチに爆笑。こういう使い方ってあるんだなー。
ラウンドリーのラッパーがMethodmanなのも驚きでした。
やはりジャームッシュの人柄なんでしょう。面白かった!

このレビューはネタバレを含みます

えええ最後の日本人なんなん.......
テキスタイルに侵食されて行く家がとても奇妙で吐き気もするし良かった
田所聡

田所聡の感想・評価

3.6
最初は退屈かなと思ったけど徐々に引き込まれる。ハラハラする映画が好きだけどこんなゆるい日常の些細なことを映し出してる映画もいいな。もう少し短ければな
ManaMarks

ManaMarksの感想・評価

3.5
この映画に何か刺激を求めていたら物足りないと思う
ただただ1週間がすぎていくような映画だから🤣
でも夫婦の微笑ましい感じ羨ましい〜ステキな夫婦だよ✨
みるか

みるかの感想・評価

3.8
特に何かが起こるわけではないけどとても心地の良い映画でした。色々な出会いや、何でもない毎日を大切にしたくなる。
そしてまさかのムーンライズキングダムのあの2人が出ていて驚きました!
リンゴ

リンゴの感想・評価

3.0
三回目にしてやっと永瀬さんに会えました(笑)
すっごいチョイ役なのにエエ味出してる!
渋いなぁ~。

あのワンコ、アタマ良いんだか悪いんだか分からんな( ゜ρ゜ )

以前のレビュー↓

アダムドライバーが詩を読み出したら目を開けていられない!!
気付いたら寝てる(泣)

二回見返して二回とも(泣)
永瀬正敏に会いたいので三回目頑張ってみます
Matsuzoh

Matsuzohの感想・評価

4.1
奥さんとの妬けるほど仲睦まじい様子など、日常のささやかなエピソードの積み重ね。(妬けてしまったのは、アイツの目線と一緒やん、と後で気づいた)

いい雰囲気だけど、このまま最後までだとやや単調かも?と思ってたら後半はいろいろと山場も

特に終盤で起きることは、個人的に「残せるものは残せるうちに残さねば!」と思わされるもので、そこが胸にずんと来ました

詩が軸になる物語
個人的に詩にはさほど興味がなく、しかも奇しくも劇中に永瀬正敏が言うように、翻訳されたものは感覚的にどこか微妙というつらさもあり
その辺がもっと楽しめたらよりよかったのになあ、と

奥さん素敵だけど、生活空間があんな風にプリミティブな柄のモノトーンで浸食されていくのは、きっとイヤだわ
果てしなく素朴な味付けなのに、
見終わるとしっかり満足感がある。
巨匠ジム・ジャームッシュの職人芸。

何ともないような普通の男、
パターソンの一週間(ただし美人な奥さん持ち)。
彼はバスの運転手を務め、乗客の話に耳を傾け少し微笑む。
帰宅後は犬の散歩に行き、馴染みのバーに寄る。
パターソンという町で市井の人々と触れ合い、
人に聞かせるわけでもない詩をしたためる。
それだけの毎日。
何ともない地味な田舎の生活の繰り返しなはずなのに、
なぜこんなにも素敵に感じ、心をつかまれてしまうのか。 

ひたすらアダム・ドライバー(とブルドックのマーヴィン)に萌える。 
パターソンは常に感謝の言葉をしっかり口にするのが素敵で、
彼の誠実な人柄が端的に表現されている。
個性的でありながら実在感を持つパターソンの人々。  
べたべたな温かいやり取りなど無いのに、
しっかりとした温もりが心に残る。

なんといってもメソッドマンの登場は嬉しかった。
彼のクールな声や振る舞いはいまだに衰えず、
溢れるスター性を改めて認識。