パターソンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

パターソン2016年製作の映画)

Paterson

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:118分

ジャンル:

3.9

あらすじ

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけな…

ニュージャージー州パターソンに住むバス運転手のパターソン。彼の1日は朝、隣に眠る妻ローラにキスをして始まる。いつものように仕事に向かい、乗務をこなす中で、心に浮かぶ詩を秘密のノートに書きとめていく。帰宅して妻と夕食を取り、愛犬マーヴィンと夜の散歩。バーへ立ち寄り、1杯だけ飲んで帰宅しローラの隣で眠りにつく。そんな一見代わり映えのしない毎日。パターソンの日々を、ユニークな人々との交流と、思いがけない出会いと共に描く、ユーモアと優しさに溢れた7日間の物語。

「パターソン」に投稿された感想・評価

NWFlQ

NWFlQの感想・評価

4.8
やたらと良い評判を聞くので。

ジム・ジャームッシュはピンと来ないこともあるのですが、今回はよても良かったです。
しかし、この題材でこんなに面白く撮れるなんてすごい。
不意に登場のムーンライズキングダムズにビックリ。多分あれあの2人だと思う。2人揃ってるとそれだけで目頭が熱くなる。大きくなったけど雰囲気も残ってて、いいものが見れました。
haru

haruの感想・評価

4.0
日常を大切にしたくなる
愛と生活の映画

詩の字幕いらないんじゃないかな
pira

piraの感想・評価

-
びっくりするくらい起承転結はないけれど、何もない日常のなかにもちょっとした幸せを見つけ出してみようと思える映画。パターソンの真面目で優しいところと奥さんの自由な感じが見ていて気持ち良い相性。
Poppy

Poppyの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

・日常系アダム・ドライバーの日常をとことん映す
・本当に何気ない日常に、パターソンの書く素朴な詩がよくマッチしてる。日常も詩もどちらも素朴だけど愛に溢れているところが良い。
・パターソンの人の良さそうなところが素敵ね〜
・家の内装が良いなーローラのセンスが良いってことか
・ペルシャの話をしてたからイラン系なのかな?と思ったらやっぱりイランの女優さんなんですね〜優しげで可愛い人だ
・(なんで郵便来てないのに傾いてるんだ…?)笑ったw
・マーヴィンは名役者。

日々の暮らしに対する見方が少し変わると思う。
Ayano

Ayanoの感想・評価

4.2
詩人の街パターソンの主人公パターソン、さりげない日常の物語に見えて、描かれるテーマの繊細さと魅せ方の巧みさ。
しみじみ愛情深い映画。いいなあこれ。

これ以上ないほど詩人的な生活をしているのに、パターソンは最後まで他人に対して自らが詩人であるとは語らない。

他人に詩人だと思ってもらうことは彼にとってなんの意味もなさないのだろう。

詩人と「詩を書く人」という言葉の間にはなにか違いがある。

詩人という言葉は、詩を書く人、以上の意味を引き連れている気がする。

きっとパターソンもそんな思いがあるんじゃないかしら。

それとも、ただ最愛の人にだけ秘密を留めておきたいというだけ?

少しでいいから一緒に話してみたいよ、パターソン。
アダムドライバーの、乗客の会話で微妙に笑ってるのが絶妙過ぎてそれがすべてです。
まだ

まだの感想・評価

3.5
日常を題材に詩を書くことを趣味にしているバスの運転手の平凡な7日間のお話。

心地よい映画でした。

変化し続ける中で刺激を受ける人生もありだけど、主人公みたいに変化を求めない生活の中でささやかな喜びや驚きを感じる人生もアリだなぁとか思ってました。
るしお

るしおの感想・評価

3.8
ジムジャームッシュ実は苦手だったのだけど、これはよかった。
あの家いいな。
奥さん(恋人?)はちょっと苦手なタイプ。
最後の詩でなるほどなあと思った
彼はこの生活以外何もいらないのだ だからこそ変化を求めるローラに惹かれているし、いとおしくてたまらないのだろう
DVDで鑑賞したが、少しずつ中断を入れながら見た 幸せが続くことは退屈なのだなと
ノートの新しいぺージを開いた時に、前のページのペンの後が残っているシーンが好き