ジェイソン・ボーンの作品情報・感想・評価

ジェイソン・ボーン2016年製作の映画)

JASON BOURNE

上映日:2016年10月07日

製作国:

上映時間:123分

3.6

あらすじ

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、世間から姿を消して生活していたボーンの元に、CIA の元同僚であるニッキ―(ジュリア・スタイルズ)が現れる。 彼女は、「CIA が世界中の情報を監視・操作する事を目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したという」という情報を告げ、さらにボーンの過去にまつわる「衝撃的な真実」を明かす。そしてその真実は、新…

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が消息を絶ってから何年もの歳月が経過したある日、世間から姿を消して生活していたボーンの元に、CIA の元同僚であるニッキ―(ジュリア・スタイルズ)が現れる。 彼女は、「CIA が世界中の情報を監視・操作する事を目的とした、恐ろしい極秘プログラムが始動したという」という情報を告げ、さらにボーンの過去にまつわる「衝撃的な真実」を明かす。そしてその真実は、新たな戦いの始まりを意味していた―。 ボーンは再び姿を現すこととなり、追跡を任された CIA エージェントのリー(アリシア・ヴィキャンデル)は、彼が最も求めているものを提供すれば、再び CIA 側に取り込めるのではないかと考え始める。 しかし“史上最も危険な兵器”であるボーンは、追跡者が想像すらできない、ある目的を持って動いていた...。

「ジェイソン・ボーン」に投稿された感想・評価

ラスベガスのカーチェイス

カーファイトは圧巻!
御座成りなカーチェイスは
退屈で苦手
今回も
また始まったか〜
だったが
中盤から
ハンズアップ!
ヒュー!ヒュー!
ポー ポー

感謝です
楽しめました。ボーンシリーズの面白さを考えながら観ました。

無敵のヒーローではなく、たまたまCIA所属の普通の人には変わりないですが、強かさだけは群を抜いてるところに好感を持てます。
また、大人の事情を楽しむ映画ですね。今作も漏れずに。
表向きの目的進めて、水面下では真実が隠れてるなんて、社会の縮図ですね。

また次回作が出たら、見てしまいますね…
Jiji

Jijiの感想・評価

3.0
あれ?歌ってる人変わった…!?
伯言

伯言の感想・評価

3.8
無敵ジェイソンと一般人の迷惑を顧みないスタント、アリシア・ヴィキャンデルの知的な美しさと計算できるエンターテインメント、トミー・リー・ジョーンズは存在感も演技も普通に素晴らしい。
天狗jet

天狗jetの感想・評価

4.0
1~3作目が好きすぎて、なかなか食指が出なかった今作。
でも思っていたよりは酷くなかった。

序盤の熱を帯びたデモのシーンから引き込まれました。
手ブレを上手く使用した臨場感溢れる映像は健在。
これだけでも嬉しい。

正直、話自体は今迄のシリーズに対して付け足しの感じが否めない。
その代わり、世相を積極的に取り入れていました。

出演陣で続投している方は減ってしまっていますが、
新たに加わった方も、結構クセが有って観ていて楽しい。

シリーズ恒例ともいえる緊張感のあるカーチェイス。
ですが緊張感よりも派手さが目立ちました。
そこが私的にはちょっと残念。
あんな車を盗んだら、そりゃあ追いかけられるって(笑)。
tomomo

tomomoの感想・評価

3.6
年取っても強い。
まだ続きそう。
PIXY

PIXYの感想・評価

3.7
ジェイソン・ボーンってこんなに喋らないキャラだっけ?役柄一人のシーンが多いから仕方ないけどほとんどセリフがなかった印象。
アリシア・ヴィキャンデルやっぱいいな知的な役で細身で可愛い最後は調子にのっちゃったかな。
ボーンシリーズは最初の一作目を観てないから最初から観たいな。
yuu

yuuの感想・評価

3.8
父親の死の真相。ラスベガスでのカーチェイス。トミー・リー・ジョーンズ。
>|