白いかざぐるま

バースデーカードの白いかざぐるまのレビュー・感想・評価

バースデーカード(2016年製作の映画)
3.3
映画的な演出や盛り上がりは無く、ある家族の姿を淡々と見ているような感じ。

幼くして母を亡くす辛さと、子供達を残していくことになる親の悔しさ。
これは誰が考えても悲しいことだし、人気者で明るかった母親とそうではない自分を比べて自己嫌悪に陥ったり、大人になる過程での葛藤など前半は少し重めな展開。

それが後半は色々吹っ切れたのか、紀子ちゃんも大人になってからはお母さん譲りの明るさを発揮しだして、雰囲気も尻上がりに良くなり楽しい感じに。

普通にいい家族のいい話なんだけど、少し長かったかな。