アナイアレイション -全滅領域-の作品情報・感想・評価

アナイアレイション -全滅領域-2017年製作の映画)

Annihilation

製作国:

ジャンル:

3.5

あらすじ

生物学者で元兵士のレナ(ナタリー・ポートマン)の夫は、米国の海岸地帯で拡大を続けていた不可解な現象が起こる謎の領域"エリアX"の調査へ行くことになります。しかし調査隊は音信不通の行方不明に。そんな中、エリアXから夫だけが生還するも、瀕死の重傷を負っており意識不明の昏睡状態に。レナは、夫の身に何が起きたのか、真相を解明するため自ら調査隊に志願してエリアXへ。そこで調査隊は、生態系が突然変異を遂げて…

生物学者で元兵士のレナ(ナタリー・ポートマン)の夫は、米国の海岸地帯で拡大を続けていた不可解な現象が起こる謎の領域"エリアX"の調査へ行くことになります。しかし調査隊は音信不通の行方不明に。そんな中、エリアXから夫だけが生還するも、瀕死の重傷を負っており意識不明の昏睡状態に。レナは、夫の身に何が起きたのか、真相を解明するため自ら調査隊に志願してエリアXへ。そこで調査隊は、生態系が突然変異を遂げて生まれた異様な景色と生物を目撃することに。それは見た者の生命と精神を脅かすほど美しく危険な領域。彼らが目にした想像を絶する真実とは!?

「アナイアレイション -全滅領域-」に投稿された感想・評価

anankeigo

anankeigoの感想・評価

4.1
Netflixオリジナルでは1番良い。
イッサ

イッサの感想・評価

3.0
伝えたい事をエンターテイメントにしにくくなってきてるのかな。
なんか見えたビジョンをそのまま作品にしました!っていう感じ?そんな映画が増えてる気がする。
この作品から読みとる教訓とかそういうものは特に無いと思う。


ある領域においての人間の変異。
別の何かに変わっていく。
そして地球外生命体の存在。目的すら謎のままただそこにいる。

もう既に何処かでそんなことが起きているのかもしれない、ニュースにならないだけで。


あのナタリー・ポートマンも歳を重ねたんだなと表情を見て思いました。
いちき

いちきの感想・評価

2.7
メッセージと比べてみてた

そうみちゃったからつまんなかったのか
alexilalas

alexilalasの感想・評価

3.0
若干のチープ感。
ガーランドはオスカー・アイザック推しだね。
S

Sの感想・評価

2.8
サイレントヒルのsfバージョンぽい。
もう少しsfぽさよりホラー要素強めて欲しかったな。
cg駆使して作った映画。
喋る怪物は怖かった。
話は面白いかもしれないけどcg感強すぎたので少し評価低めに。
シマー内の世界観がすごくいい。
ゲーム化とかしてほしいくらい。

ただのお気楽SFかと思って観たら意外とテーマがあるっぽくて面白かった。

ただ隊員の行動がなあ…。
もっと銃とか撃つべきだったんじゃないか…。

ナタリーポートマンはいつ見ても美しい。

鑑賞後にアレックスガーランド監督作品だったことを知って納得。
福

福の感想・評価

5.0
現実離れした世界を見事に現実に交えながら描いており、ありそうで無いような不思議な気持ちだった。そのありそうな感じも余計に怖かったが、発想が面白く、とても良かった。
終盤の方の音楽がかっこよすぎてめちゃくちゃ好きだった。
「エクス・マキナ」の監督であるアレックス・ガーランドが監督と脚本をつとめた作品。前作の「エクス・マキナ」で発揮されたこの監督独特の美意識は、この作品でも生かされており、不思議な空気感が流れるSF作品となっている。当初は、パラマウント映画配給の作品として製作されたらしいのだか、テスト試写で製作側と考え方の違いが生じ、世界での配給権をNetflixが手に入れたという曰くつきの作品(但し、アメリカと中国はパラマウントがそのまま配給)。

前作「エクス・マキナ」は自分としては、年間ベスト10にも入れた作品なので、この新作には大いに期待していた。それだけに、Netflix配信で観られるなんて、かなり得した感じだ。海に面した半島が、シマーと呼ばれる謎のエリアで覆われ、そのなかでは生物が異常な発達を遂げていたり、探索に行った人間が未帰還となったり、不可解な現象が起こっていた。物語はその調査に出かけるチームの話だが、なぜかメンバーは女性ばかり、このあたり「エクス・マキナ」と同じアトモスフィアを感じる。

シマーのなかで次々と起こる異常現象がなかなか興味深い。基本的にはその謎に挑む探索の物語なのだが、そこに主人公(なんとナタリー・ポートマン)をめぐる人間関係も投影され、謎がまた謎を呼ぶ展開ともなっている。結末もそれほどすっきりするものではないが(ここらあたりがパラマウントと揉めた原因か)、むしろそのほうがこの作品にはふさわしい。「アナイアレイション」とは「全滅」という意味らしいが、タイトルと考え合わせると、最後もなかなか意味深に取れる。期待を裏切らぬ作品。
生命の怖さと美しさ
あ

あの感想・評価

3.2
うるせ〜〜〜〜〜〜
いらない描写が多すぎる
>|