ずどこんちょ

SING/シングのずどこんちょのレビュー・感想・評価

SING/シング(2016年製作の映画)
3.5
オリジナル版も良いけど、吹き替え版も良いです。私は吹き替え版で鑑賞。
どちらもキャストが豪華。長澤まさみが失恋後に泣きながらテイラー・スウィフト歌った時には器用な女優さんだなぁと再認識しました。あと猛風の中、美声を轟かせる安定したエンターテイナーの山寺宏一さんね。大橋卓弥の演技力については温かく見守っていましたが、MISIAの内気な少女の演技は意外にも上手で驚きました。個人的なお気に入りキャラは、ルフィでお馴染みの田中真弓が演じたイグアナのミス・クローリーですね。癒されましたし、笑いました。
ところで、DVDには特典映像としてミニムービーが入っていたのですが、本編とは無関係の各キャラクターたちの愛らしいミニムービーが見られました。本編主役のバスター・ムーンではなく、各キャラクターが主人公となっていて、スピンオフ映画みたいで楽しい。世界観が広がってワクワクします。
映画を見終わった後は、ぜひ忘れずにご覧ください。