yoshishi

SING/シングのyoshishiのレビュー・感想・評価

SING/シング(2016年製作の映画)
4.2
字幕版で鑑賞
期待値が低かったっていうのもあるけど、いざ見てみたらとんでもない傑作だった!!!

というのも、プロモーションがスラップスティックな感じだったし、どうせズートピアとかモンスターズインクの二番煎じだろうと思っていた。
そしたら意外や意外、作り込みがしっかりしてるし、キャラクターもいいし、面白いし、感動するし、展開も思っていた感じと全然違った。

メインキャラクターが多い気はしたけど、伏線のフォローがしっかりしてるし、それぞれの問題をしっかり解決してくるあたりは作り込みがしっかりしてたなという印象。
映像も良かったかなって思う。カメラの動きが時にエキサイティングだったし、煙ったシーンにはすごくリアリティがあった。電話する場面で画面をスプリットにしたりするなど退屈にさせない工夫があった。

音楽の力ってすごい。一体感が生まれるし、挫折した人、内気な人の気分を変え、前向きにさせることができる。シンプルだけどこんなことを感じ取れた。

ユニバーサルが制作に関わっているからなのかあんなに著名な音楽を使えるのはすごいなって思った。
バックトゥザフューチャーのパロディが何個かあったからファンの私には嬉しかった(笑)

日本もあんなスラップスティックな感じにせずに、プロモーションしっかりすればもっと話題作になったはずo(`ω´ )o