SING/シングの作品情報・感想・評価

SING/シング2016年製作の映画)

SING

上映日:2017年03月17日

製作国:

上映時間:110分

3.8

あらすじ

かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする…

かつては栄えていたにも関わらず、今や客足は途絶え、経営が全く上手くいかない状態が続く劇場の主宰であるコアラのバスタームーン(マコノヒー)。バスターは根っからの楽天家で(少しろくでなしなところもありますが)、自分の劇場を何よりも愛し、劇場を守る為なら何でもやろうと決心。そんな彼の望みが危機に直面した今、劇場にかつての栄光を取り戻すため、最後のチャンスである世界最高の歌唱コンテストをプロデュースする事に!感傷的に優しく歌うハツカネズミ(マクファーレン)、ステージに上がることに恐怖心を持つ内気なティーンエイジャーのゾウ(ケリー)、25匹のコブタの面倒を見る疲れ果てた母親(ウィザースプーン)、自らの家族である犯罪一家から自由になりたいと願う若いギャングスターのゴリラ(エガートン)、横柄な彼氏を捨ててソロになるべきか葛藤するパンクロッカーのヤマアラシ(ヨハンソン)など、それぞれの動物たちが、自らの未来を変える機会となることを信じバスターのいる会場に集結する。

「SING/シング」に投稿された感想・評価

がんばってる人(動物)を見ると泣いてしまう
友人宅でアマプラで鑑賞。
イルミネーション作品はミニオンしか見ていなかったのでペットと本作は前々から気になっていました。

率直な感想としては、ミュージカル単体としての面白さで持っているイメージ。
劇場復興の担い手でもある登場人物それぞれの葛藤やしがらみを乗り越える描写が薄味で共感しづらく、あれもこれもと要素を詰め込んだもののまとまりきらずに味がボンヤリしてしまった印象でちょっともったいない気がしました。
ファミリー層向けだとしても、使われる曲が割とそうでもなかったりするのでそこらへんもなんだかボンヤリした印象。

いっそフォーカスを当てるキャラクターを1〜2人に絞ってしまっても良かったかも。と素人ながら思ってしまいました。

ですが、後半のミュージカル部分はたっぷり時間を使っていることもあり見応え充分!中の人の歌唱力に圧倒され一気に引き込まれます。
あとはミニオンと同じく、無言で決め込んでくる不意打ちのギャグ要素がピクサーとかにはあまりない印象でイルミネーション作品の魅力なんじゃないかなとも思います。
(ふとした動きのキモさやタイミングの絶妙さ加減)
そこらへんも一緒に観て楽しめると思うので、フルCGアニメのMVが付いてくる豪華なカバーアルバムと思えばより楽しめるのではないかと思います。
ami

amiの感想・評価

3.7
声優陣が豪華すぎる。良かった
王道サクセスストーリーって感じで好きでした!元気になりたいときに観たい映画!
お調子者のキャラクターたちにひやひやするけど憎めないし、繊細な女性陣は応援したくなるし、ひとりひとりが個性的で楽しい。性格はもちろん歌がみんな素敵!

普段は吹替版あんま観ないしミュージカルっぽいのは尚更字幕で観てたんですが、これは吹替版も好きですね。(個人的にスキマスイッチが好きなのもあるけど笑)
音楽好きな人なら観て聴いて飽きない作品!
日本語で見た。
ブタのままさんときゃりー歌うキツネの5人組かわいい〜
Azusa

Azusaの感想・評価

3.8
日本語バージョンも観たくて
やっと借りた。
日本語も英語もどっちも良さある

単純な私にとってはかなり好きなタイプ
歌って、みんなが盛り上がってく感じ一緒にワクワクできる。

イカさんきれい
あい

あいの感想・評価

3.3
まぁまぁかなー
ShinyaInui

ShinyaInuiの感想・評価

3.9
ショーのシーンは、観ててとても楽しめました。^_^
観ると元気になる作品でした。
>|