SING/シングの作品情報・感想・評価

SING/シング2016年製作の映画)

SING

上映日:2017年03月17日

製作国:

上映時間:110分

3.7

あらすじ

「SING/シング」に投稿された感想・評価

経営難に陥った劇場のオーナー・ムーンがかつての栄光を取り戻すために歌唱オーディションを開催し、そこに集まった個性的な参加者たちと起死回生のショーを目指すアニメーション。

チャンスは掴みにいくもの。

ミニオンズのスタッフが手掛ける、動物たちを登場人物に描いた作品。
日本のきゃりーぱみゅぱみゅなどを含む、世界中の新旧ヒットソングで彩られた、どん底からの復活を目指す物語は夢と希望に満ちた素敵なエンターテイメントでした。
個人的にはハリネズミの女の子とブタのお母さんが良かった。
マシュー・マコノヒーの日本語がかわいい。

各々の現状に悩みを抱えた登場人物たちが、人生を変えるために自ら行動を起こす姿は胸打たれた。
わりとブラックなユーモアも多く、大人の方が共感したり、楽しめるような気がします。

“どん底まで落ちたら あとは昇るだけ”
“父さんに見せたかった”

待ってるだけではチャンスは来ない。
バカにされようが、失敗しようが、最後まで自信を持って成し遂げるリスクを背負える者にしか、成功を掴むチャンスは来ないんだよなと思った映画でした。
まり

まりの感想・評価

3.9
吹き替え版を見ました。

一度失敗するけど、何とかもう一度頑張って大成功っていう、王道だけど間違いない話で面白かった!!

キャラクターも可愛いし、みんな歌うますぎるし、声優が豪華だし、絵も綺麗で見てよかったです!

一緒に見る人を選ばない映画だなと思いました。
あお

あおの感想・評価

3.7
ロジータだいすき
りん

りんの感想・評価

-
子供できたら家族みんなで観たい。
特徴ある仲間がどんどん増えていって、いろんな挫折を乗り越えていくシンプルだけど心揺さぶるストーリーだった。
面白かった。
今更見た。
ライブとか公演をやるって大変な事、
ただ動物が歌って踊っての映画じゃなかった。
ラストのライブシーンは楽しかった。
家族向けということで、子どもが喜びそうなシーンが多め。
大人でもそれなりに楽しめるかと。
飛び抜けた所のない平均点な作品
>|