キミシマムTHE裕君

ゴッホ~最期の手紙~のキミシマムTHE裕君のレビュー・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)
4.0
フィンセント・ファン・ゴッホが自ら命を絶ってから1年。郵便配達局長の息子アルマンはゴッホの最後の手紙を彼の弟に届けるために旅に出るが……

ポスト印象派画家の大巨匠といえばこの人
!!フィンセント・ファン・ゴッホ!!
の死に迫るアニメーション映画。
ゴッホにわかだったので小一時間ネットで勉強してから鑑賞。(便利な時代だ)


ー我々は自分たちの絵に語らせる事しか出来ないのだー


晩年のゴッホが弟に送った手紙にこう書いている通り、ゴッホの描き方そっくりに125人の画家たちが油絵を62450枚書いて実写映像に被せて作った執念の作品。
気の遠くなるような作業量が目に見える映像の圧倒的な質感!ゴッホの絵がそのまま動いているよう!自分はにわかだけど!
「夜のカフェテラス」「ターギー爺さん」「星月夜」……他多数。
彼の代表作を思わせるシーンを多々映し出しファンを唸らせていたことでしょう!
そして映像だけでなく、物語も意外とサスペンスしていて楽しめる!
彼の死の真相に迫っていくようなミステリーテイストの展開には飽きず楽しむことが出来た。
ただこちらはゴッホを小一時間調べていたからすっと内容が入ってきたものの、何も知らない人が見たら少し不親切かもしれない。そもそもオランダ人とかフランス人の名前覚えづらいしな。

吹き替えのキャストもかなり良かった。
主演のアルマンは山田孝之。
声優としてもかなり才能を発揮したんじゃないか!?上手いです!!
ただヒゲ濃くて目元がハッキリした顔立ちの主人公だったのでそれこそ山田孝之の顔がチラついてしまった。真の声優は自分を殺してほしいですね(笑)
あとはイッセー尾形や三宅健太など確実に脇を固めている感じが良かったです。

とにかく素晴らしい映像。
意外なストーリー展開。
この作品からゴッホという人間を知るには丁度いいのではないでしょうか。
欲を言えばゴーギャンの話がもっと知りたかった!
コアなファンには物足りないかな??


〜オマケ〜
上野にある美術展
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
を映画鑑賞後すぐに行きましたが、やはり本物の絵の存在感と印象は段違いでした……。
特に
「画家としての自画像」
「サントマリーの海」
「ポプラ林の中の二人」
「オリーブを摘む人々」
「渓谷」
辺りが心を奪われて口を開けたまま数分見てたりしました(笑)
油絵ってしゅごい…………


アート好き、ゴッホのファン、そして今まで見たことないアニメーション映画を観たい方にはオススメの作品。