ゴッホ~最期の手紙~のネタバレレビュー・内容・結末

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿されたネタバレ・内容・結末

すごく手の込んだ映画。ゴッホの画風で映像が展開していくのは単純にすごいと思った。
内容としては、アルマンが主人公としてゴッホの死の前の期間を聞き込んでいくが、終わってみるとゴッホがまともな人間のように描かれてるのが少し違和感を感じた。耳を切り落とした冒頭の部分のイカれ具合に比して後半では弟を思い自分への葛藤のあまりに死を受け入れるゴッホの姿は収まりを重視したフィクションのような感じ。

全編油絵でギットギトと思いきや後味スッキリの謎映画。
しかし映画館で見ないと損しまっせ系、特に吹替を強く勧める。字幕で見たってフランス人達が喋るのは英語だぞ!
ハンドペインティングによる映画製作が凄い。ただただ凄い。
ストーリーとしては、結局ゴッホの死の真相は分からないのだけれど、動く絵の衝撃と、これを作り上げた画家たちの熱意と労力に感服する。
制作期間4年
125名の画家が描くゴッホタッチの油彩画6万点以上で紡がれる絵画映画
動く絵とは正にこのこと
要所要所でゴッホが描いた構図が出てきて、それを見つけてはニマニマしてしまう
ストーリーも1枚の手紙をきっかけにゴッホの死の真相を紐解いていくという内容で、ゴッホの人柄や生活の様子なども描かれていて面白かったです
1つ難点を挙げるとすれば、絵を見てると字幕が読めないという事
何度か巻き戻しながらの鑑賞でした
吹替があればそちらの方が視野が散乱せずに集中して観られるかもです
ゴッホへの愛がたくさん詰まった映画、素晴らしい作品です
オーディションで選ばれた125名の画家の中には日本人画家もいるそうですよ
一見の価値ありです
びっくりした。
ゴッホの絵が動く。



日常のまばゆい感じ。
ゴッホにはこんな風に世界が見えるのか。

「夜明け前にも"特別な光"を求めてきていたよ。」



ストーリーはミステリー?で
芸術家の信念?ゴッホの信念みたいなのが最後に感じれた。

「作品で人々を感動させ
深く 優しく感じていると言われたい。」



今度のゴッホの展覧会絶対に行く〜!
素晴らしい作品
ゴッホへのリスペクトと愛が感じられる。
オーデションで選ばれた125人の画家によって作られた作品で、最初は目が疲れると思ったけどよく見ると表情や動きが本当に細かく、ゴッホの世界、時代に飛び込んだようなそんな体現してる感覚になっていた。
ゴッホの闇が描かれている、
ずっとゴッホは自殺したと思っていたけど、この作品を見たらそうではないと思えた。でもゴッホは他者に撃たれとしても死の人生も受け入れてしまったのであろう悲しみを強く感じ、刺さる
8年間で800の絵を描いても生前売れたのはたった1点、テオの援助を受けながらもなかなか認められず苦悩は相当なものだったのだろう。生前もっと早く評価されてたら人生変わっていただろうな
でもあの作品たちはその苦悩と共存していたからこそ生まれた傑作なのかもしれない。画家は死んでも絵は残り生き続け後世に残り人々の目に触れる。ゴッホの言葉「作品で人々を感動させ 深く優しく感じていると言われたい」8年間は無駄じゃなかったことを証明した。作品、芸術は生きた証、人生そのもの、それを失わせたくなくてテオは貧困なのに援助していたと思うと泣ける。
ストーリーも良かったし、時間もかかっただろう絵画のアニメーション、見た後寂しさが襲ってくるのだけど、心に残るドキュメンタリーのような作品に出会えた
今まで持っていたゴッホという画家のイメージを覆されたし、もっと知りたくなった。
死の真相を知ることはもうできないけれど…
もし不幸な事故が起きたのだとして、それにより命を落とさなかったら、もっとたくさんの作品を残していたに違いないし、生きているうちに評価されたかもしれないと思うと切ない。
全編ゴッホの絵で作られています。作った人の情熱に敬意を表します。
【エンタメ】★★
【映画評価】★★★★

表現方法の完成度の高さから映画評価を高めにつけさせてもらいました…!
なんといっても物語の核となるゴッホにちなんだ(?)油彩表現が印象的な本作。
オープニングクレジットで「おおお!」となり、まさかの本編まで同じテイストだったのには驚かされました(笑)
……が、正直画面のインパクトにひっぱられて序盤は物語が頭に入ってこない始末(^^;)油彩、すごいはすごいんですが、目がチラついて集中できなかったのは残念です。。

ゴッホについてほとんど知識のない状態だったので、「へーそうだったんだ!」と学ぶことが多かったです。逆に言えば、もっと絵の知識があったら別の視点から面白く観れたのかなぁとも。

そういえば冒頭のテロップで「この映画は100人の画家が~」的なことが書かれていたので、「これ全部描いた(パラパラ漫画)なのか?!」とも思ったんですが、最後のキャスティングをみるからに実写+ペインティングも多くありそうですね。(むしろそれがメインなのか?)
最後の解説的なエンドクレジットはとってもありがたかったです(^^)

独特の表現方法は今までにない完成度だなぁと感心しましたが、全体的なテンポはゆっくりめ&人にはオススメしずらい作品ってことで全体評価は落ち着きめです。
ストーリーが始まるまで の少しの時間だけで物凄い満足感と、感動。

ストーリーが始まるまでに"絵画の映画であること"にはスッと慣れた。
"絵画が話す"のに慣れるのに時間がかかった。(普段絵画鑑賞の時も 自然の音や雑音はいつもイメージしていて ハッキリとした声はイメージした事がなかったからかな

誰が見ても楽しめるような、サスペンスストーリーとしての仕上がり。
絵画のままの遠近感◎
映画の現在で語られる過去の方が描写が実写的に感じる。敢えてなんだろうな○
音の使い方◎

不思議で心地よい違和感。
自分の感覚的に絵画と音がマッチしなかったからなのか、
言語なのか、
わからないけど。

アーシャローランがアーシャローランすぎる

新しい映画ジャンル?新しい形だなと。
作成に関われた人達が羨ましくなる。
>|