ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
正直、ここまで心を動かされる作品だとは思わなかったのに出だしからもう名作の予感で嬉しすぎる誤算だった。
まだ今年も残り一ヶ月半ありますが、推定MY今年No.1、いやここ数年でもMY BEST MOVIEBかもしれない傑作。
本当はフィンセント・ファン・ゴッホの名画たちが125名の画家たちによって動き出すという映像体験ができるだけで満足だったのに、蓋を開けてみればアート作品という枠に留まらず脚本も素晴らしくて、絵画×サスペンス映画×アニメーションという全く新しいエンタメ芸術作品としての偉業を成し遂げたのではないかと思う。
フィンセントの描いた有名な肖像画たちに名優たちが重なり合い、息吹を与えられていく圧巻の映像だけで贅沢な気分が味わえるのはもちろんのこと、モノクロ絵画による映像によって過去を振り返りながら語られるストーリー構成はテンポも良く、フィンセントの周りを取り巻く人間たちのキャラクター演出もとても魅力的に描かれていた。
そしてなによりも、この作品作りに携わった画家たちの描く炎の動きごとに動くランプのあかりや、風に揺らぐ黄金色の稲穂、陽の光で色彩の変わる小径の小石も、湖の水飛沫にも生命の息吹を見つけることができたであろう純粋なフィンセントの眼差しと精神世界が時空を超えてフィンセントから届けられたような錯覚にさえなってしまう。
そしてこの映像が彼の孤独さ、繊細すぎる心の中の深層世界をこの作品の主人公でもあるアルマンと共に旅をしていくうちに何故か中盤から涙が止まらなかった。
こんな企画を思いついた監督がもう変態の領域だし、この企画が通り、協力した画家たちにも力いっぱいの拍手を贈りたい。

日本に原画が来るときは観にいくゴッホ好きな私だからこの作品に特別な思いを抱いたのかもしれないけれど、ゴッホについてよく知らない旦那に聞いたら素晴らしい!と超絶賛していたので私の独りよがりではないはず。
これは映画館という空間で堪能できたことがとても嬉しかったので是非とも上映館を増やしてもらいたい作品。
そして、目が足りないと思ったので是非ともまた再鑑したい。
この映画を、観ることが出来たことを幸せに感じるし、この作品に携わった人全員にありがとうを言いたい。今はそんな思い。

#映画ファン賞2017
nia

niaの感想・評価

4.0
~記録~
Cocoa

Cocoaの感想・評価

3.5
映像が全てゴッホのタッチで動く。制作過程を想像するだけで目が回るような絵的にトンデモナイ映画。ストーリーは置いておいて、嫌な金持ち役の印象があるDouglas BoothとGame of thronesでドラゴンに矢を当てた嫌われ者のJerome Flynnは絵画化されてもすぐわかった。
これ全部油絵とかマジかよってなる
ゴッホの事がもっと知りたくなる
英語で見たらよく分からなかった
shiori

shioriの感想・評価

4.0
ゴッホ独特のあのタッチの絵で、ストーリーが進んでいく。
見づらいのでは?と思っていたが全然そんなことなかった。過激なシーンも絵なら耐えられたし。
エンドロールで表示された、「作品で深く人を感動させ、深く優しく感じていると言われたい」という言葉に泣けた。
MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

4.1
ストーリーはもちろんのこと、何と言ってもその映像にただただ圧倒された。全編が油絵による映画で、そこに登場する全てのキャラクターに魂が宿っていた。と言っては大袈裟かな。でもそれぐらい凄かった!ゴッホにまつわる映画だからこそ成立していた。スクリーンで観られてよかった!
Nekikikiki

Nekikikikiの感想・評価

3.6
技術としては面白いしすごい事
膨大な時間と苦労も。
ゴッホの筆致とっても独特で
復元が大変だったはず

隣で観てた女の子が泣いてた。

確かに、静止画(絵画の限界)でしかなかったあの絵が動いてる!(動画の強み)と思うとちょっと嬉しい。

でもひたすら暗い。
所作一つから
フランスの田舎の雰囲気
空気感はバッチリ。
でもひたすら救いがない。

画面はひたすら
ゴッホの色使いで
明るいけど
変な汗かく。

関係ないけど
色弱の人用のメガネで
ゴッホの絵を見ると
これまたとんでもなく美しい
ごご

ごごの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

キャッチコピーは「愛か、狂気か。」だけど、正直まるっきり愛にしか感じられなかった。
ガシェ医師からテオが梅毒の末期であることを聞いて死を選んだゴッホだけど、遅かれ早かれ死ぬ運命にあったテオの死期を早めたのは、間違いなくその愛する兄の死だろうなと思うと悲しくなる…

にしても油絵のアニメーションが本当にすごい。ストーリーだけを追ってると忘れがちだけど作画に意識を持ってくと気が遠くなりそう。
risa

risaの感想・評価

4.0
映画館でみれて良かったな〜!だった映画。
映像をずっと観てたくて字幕を絵と同時に追うのが困難だった。
>|