ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
正直、ここまで心を動かされる作品だとは思わなかったのに出だしからもう名作の予感で嬉しすぎる誤算だった。
まだ今年も残り一ヶ月半ありますが、推定MY今年No.1、いやここ数年でもMY BEST MOVIEBかもしれない傑作。
本当はフィンセント・ファン・ゴッホの名画たちが125名の画家たちによって動き出すという映像体験ができるだけで満足だったのに、蓋を開けてみればアート作品という枠に留まらず脚本も素晴らしくて、絵画×サスペンス映画×アニメーションという全く新しいエンタメ芸術作品としての偉業を成し遂げたのではないかと思う。
フィンセントの描いた有名な肖像画たちに名優たちが重なり合い、息吹を与えられていく圧巻の映像だけで贅沢な気分が味わえるのはもちろんのこと、モノクロ絵画による映像によって過去を振り返りながら語られるストーリー構成はテンポも良く、フィンセントの周りを取り巻く人間たちのキャラクター演出もとても魅力的に描かれていた。
そしてなによりも、この作品作りに携わった画家たちの描く炎の動きごとに動くランプのあかりや、風に揺らぐ黄金色の稲穂、陽の光で色彩の変わる小径の小石も、湖の水飛沫にも生命の息吹を見つけることができたであろう純粋なフィンセントの眼差しと精神世界が時空を超えてフィンセントから届けられたような錯覚にさえなってしまう。
そしてこの映像が彼の孤独さ、繊細すぎる心の中の深層世界をこの作品の主人公でもあるアルマンと共に旅をしていくうちに何故か中盤から涙が止まらなかった。
こんな企画を思いついた監督がもう変態の領域だし、この企画が通り、協力した画家たちにも力いっぱいの拍手を贈りたい。

日本に原画が来るときは観にいくゴッホ好きな私だからこの作品に特別な思いを抱いたのかもしれないけれど、ゴッホについてよく知らない旦那に聞いたら素晴らしい!と超絶賛していたので私の独りよがりではないはず。
これは映画館という空間で堪能できたことがとても嬉しかったので是非とも上映館を増やしてもらいたい作品。
そして、目が足りないと思ったので是非ともまた再鑑したい。
この映画を、観ることが出来たことを幸せに感じるし、この作品に携わった人全員にありがとうを言いたい。今はそんな思い。

#映画ファン賞2017
Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

5.0
力量が凄すぎ。
DVDが欲しくなる。
doyle

doyleの感想・評価

3.6
ゴッホの死因について様々な証言が出てくるうえに、全て手描きとのことで、美術館にでも行ってるかのような映像から目が離せませんでした。手で水をすくう描写がリアル...!
tetsy

tetsyの感想・評価

4.0
全編絵で描かれているが違和感なく引き込まれた。
シラノ

シラノの感想・評価

4.0
FODのポイントでレンタルして鑑賞。


なんの予備知識もなしに観たんだけど、なんなんだこれは。

ゴッホの絵の背景や人物がそのままアニメで動いてるような?

アートアニメとでもいうんだろうか(;・∀・)

話は大して面白くもないんだけど、その技術はすごかった。

いやほんとに。


しかしゴッホって自殺だと思ってたんだけど、他の説もあったのね。

劇中でおじいちゃん医師が言ってたけど、確かに自殺で腹撃つのは不自然すぎる。

本気で自殺するつもりなら色々な映画でよくあるシーンみたいに、普通はアタマか口にくわえて撃つもんな(;・∀・)


あ、最後に全然関係ないけど絵画はベルナール・ビュッフェと城景都が好きです。
ゆうじ

ゆうじの感想・評価

4.0
ストーリーと言うより、ゴッホの絵画タッチで
描かれた映像に驚かされた😲
それも、ゴッホの作品が背景に使われてたり、
主人公の姿もゴッホが描いた彼を忠実に再現
してたり、今までに無い新鮮な作品だった♪
ごだ

ごだの感想・評価

4.5
目まぐるしく動く油彩画
ゴッホの絵の中で動く登場人物達
吹き替えの山田孝之
すごかった。画家さんお疲れ様。ゴッホの生涯は本で何となく知ってたけど、ゴッホの画風でそれを見るとまるで自分がゴッホになったかのようでいろんな感情が浮かんですごく感情移入してしまった。
ミ

ミの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ずっと観たかった、やっと観れた。
1時間半全部の映像が油絵調で描かれていて、話の内容の前にまずそこに惹かれて。ちょっと途中正直目が疲れたけども、実写では出せない異世界感、場面(回想と現実)のつなぎ方が独特で良かった。

アルマンがフィンセント(の死)について人に聞いて回ってみると、みんな言っていることがバラバラ。誰が真実を話しているのか、何が真実なのかわからないし、全て真実なのかもしれない、少なくともその人にとっては。強烈なキャラクターの持ち主は敵を作りやすいし噂もされやすい。フィンセントは人との関わりあいが苦手であったらしいから余計に理解されにくい。

噂話は曲がった真実を作り出し、真実がどうであろうと、他人にとってはどうということは無い。不思議な変わったヤツ、孤独な人間だった、ヤツならばこのような最期を迎えても別段驚くことはない、自分を銃で撃って自殺くらいしでかしそうだろ。そんなもんなんでしょう。変なやつが変な死に方をした、それでおしまい。

結局は、親に愛されない家族に馴染めない自分について悩み、何かを成し得ようと自分の中にあるなにかを表現するため自分のために絵を描き、自分のために支援して苦しむ弟テオについて悩み、本当に自分は絵を書き続けていいのか生きていていいのか、生きている限りは絵を描き続けてしまう、それでいいのか、苦悩し神経をすり減らした結果の死だった。

個人的にこの映画を観るもっと前に『さよならソルシエ』を読んでいて、こっちのお話は、フィンセントが現在語られている“炎の画家 ゴッホ”とはまるで真逆な人物だった風に描かれていて自分の中でそれが先行してしまったので頭がこんがらがってしまった。

全然まとまらない、、、
ゴッホについての他の作品も観てみたい。
>|