ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
正直、ここまで心を動かされる作品だとは思わなかったのに出だしからもう名作の予感で嬉しすぎる誤算だった。
まだ今年も残り一ヶ月半ありますが、推定MY今年No.1、いやここ数年でもMY BEST MOVIEBかもしれない傑作。
本当はフィンセント・ファン・ゴッホの名画たちが125名の画家たちによって動き出すという映像体験ができるだけで満足だったのに、蓋を開けてみればアート作品という枠に留まらず脚本も素晴らしくて、絵画×サスペンス映画×アニメーションという全く新しいエンタメ芸術作品としての偉業を成し遂げたのではないかと思う。
フィンセントの描いた有名な肖像画たちに名優たちが重なり合い、息吹を与えられていく圧巻の映像だけで贅沢な気分が味わえるのはもちろんのこと、モノクロ絵画による映像によって過去を振り返りながら語られるストーリー構成はテンポも良く、フィンセントの周りを取り巻く人間たちのキャラクター演出もとても魅力的に描かれていた。
そしてなによりも、この作品作りに携わった画家たちの描く炎の動きごとに動くランプのあかりや、風に揺らぐ黄金色の稲穂、陽の光で色彩の変わる小径の小石も、湖の水飛沫にも生命の息吹を見つけることができたであろう純粋なフィンセントの眼差しと精神世界が時空を超えてフィンセントから届けられたような錯覚にさえなってしまう。
そしてこの映像が彼の孤独さ、繊細すぎる心の中の深層世界をこの作品の主人公でもあるアルマンと共に旅をしていくうちに何故か中盤から涙が止まらなかった。
こんな企画を思いついた監督がもう変態の領域だし、この企画が通り、協力した画家たちにも力いっぱいの拍手を贈りたい。

日本に原画が来るときは観にいくゴッホ好きな私だからこの作品に特別な思いを抱いたのかもしれないけれど、ゴッホについてよく知らない旦那に聞いたら素晴らしい!と超絶賛していたので私の独りよがりではないはず。
これは映画館という空間で堪能できたことがとても嬉しかったので是非とも上映館を増やしてもらいたい作品。
そして、目が足りないと思ったので是非ともまた再鑑したい。
この映画を、観ることが出来たことを幸せに感じるし、この作品に携わった人全員にありがとうを言いたい。今はそんな思い。

#映画ファン賞2017
ファン・ゴッホのタッチで描かれた油絵が動くという感動。そして知っている作品がモチーフのカットが出てくることによる興奮。
回想の白黒水彩画もかなり素敵。
絵がとにかく最高なのだが、ストーリーもまた良かった。
ゴッホの死の真相を探しながらも自分自身のあり方を探していく主人公が少しずつ変化していき、周りの人たちにも影響を与えていく姿に、一観客の自分も心が動いた。
感想を書くほどに陳腐になるので、とにかく一度観て欲しいと思う。
実はアルマンという主人公青年の自分探しの旅…、というのが主題だったように思うが。それより何より製作陣のゴッホへの愛と最後までやり遂げた狂気への畏敬の念だ。
ひろい

ひろいの感想・評価

3.5
ゴッホのぞわざわするタッチが映像になって動いているのが、ほんとにありがたいものを見せて頂いている〜!という感じだった。内容としては、自分も絵を描いている人間として、自分だったらこんな圧倒的孤独のなかで絵だけのために絶望したり生きたりそんなことに耐えられるかな…と落ち込みました。
画家のファンですが、ここまで作り込んでくれてただただ有り難うといいたい。形にして世に出たというだけで素晴らしいです。
asuka

asukaの感想・評価

4.5
油絵がぬめぬめと動くこの感覚なかなか味わえない。
ストーリーはもちろんだけど、絵が素敵すぎて。
見たことのあるモチーフが出るとなんだかにんまり。

これに関しては吹替もとてもよかった。
sawa

sawaの感想・評価

2.0
途中で飽きました
yy

yyの感想・評価

4.0
油絵のアニメーション
テクスチャーーって感じだった
鮮やかで動きが楽しめる映画
芸術的価値のある映画

このレビューはネタバレを含みます

好きな映画だった。
ゴッホの絵が動くのに感動した。

これをずっと見ていると、ゴッホの目を通して風景や人物を見ているような感覚に浸れる。これが不思議であり、また癖になる。

風景を上空から撮影したかのようなシーンがあった。これがすごかった、躍動感があった。
ゴッホは実際、この風景をどこからどのように描いたのだろう?
このように、静止画ではあまり気に留めていなかった気づきも生まれた。

ゴッホの絵に出てくる人物はみな活き活きと動く。彼らはみな人間らしくまた個性的だった。だんだん親しみが湧いてくる者もいる。見ていると自分がゴッホ作品の中に入り作中人物に会いに行ったような、そんな感覚になった。

それから郵便局長なんか見たことある顔だな〜、と鑑賞中ずっと思っていた。それで鑑賞後調べてみた。すると『ハイッ、こちらIT課』のロイだとわかった。(これはイギリスのおバカドラマ。)この人、こういう役もやるんだ!と意外で面白かった。作風もキャラも全然違って。郵便局長は登場時間が少ないながら、とぼけたようなユーモラスな雰囲気で印象的なキャラだった。

今回吹き替えで見た。最初主人公である郵便局長の息子の声があってるのかよくわからなかった。なんか投げやり(?)みたいな冷めた話し方なのが印象的だった。でも見ていくうちに、だんだんしっくり来て。キャラに合っていたと思う。それにしても、この人喧嘩強すぎるな。驚いた。

美術館で見るのとはまた違った芸術体験ができ、始終新鮮だった。

この映画は最初から最後まで、驚くほど手間ひまかかった作品。これを映画館で見られるなんて贅沢な時間だった。
>|