ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

ちろる

ちろるの感想・評価

5.0
正直、ここまで心を動かされる作品だとは思わなかったのに出だしからもう名作の予感で嬉しすぎる誤算だった。
まだ今年も残り一ヶ月半ありますが、推定MY今年No.1、いやここ数年でもMY BEST MOVIEBかもしれない傑作。
本当はフィンセント・ファン・ゴッホの名画たちが125名の画家たちによって動き出すという映像体験ができるだけで満足だったのに、蓋を開けてみればアート作品という枠に留まらず脚本も素晴らしくて、絵画×サスペンス映画×アニメーションという全く新しいエンタメ芸術作品としての偉業を成し遂げたのではないかと思う。
フィンセントの描いた有名な肖像画たちに名優たちが重なり合い、息吹を与えられていく圧巻の映像だけで贅沢な気分が味わえるのはもちろんのこと、モノクロ絵画による映像によって過去を振り返りながら語られるストーリー構成はテンポも良く、フィンセントの周りを取り巻く人間たちのキャラクター演出もとても魅力的に描かれていた。
そしてなによりも、この作品作りに携わった画家たちの描く炎の動きごとに動くランプのあかりや、風に揺らぐ黄金色の稲穂、陽の光で色彩の変わる小径の小石も、湖の水飛沫にも生命の息吹を見つけることができたであろう純粋なフィンセントの眼差しと精神世界が時空を超えてフィンセントから届けられたような錯覚にさえなってしまう。
そしてこの映像が彼の孤独さ、繊細すぎる心の中の深層世界をこの作品の主人公でもあるアルマンと共に旅をしていくうちに何故か中盤から涙が止まらなかった。
こんな企画を思いついた監督がもう変態の領域だし、この企画が通り、協力した画家たちにも力いっぱいの拍手を贈りたい。

日本に原画が来るときは観にいくゴッホ好きな私だからこの作品に特別な思いを抱いたのかもしれないけれど、ゴッホについてよく知らない旦那に聞いたら素晴らしい!と超絶賛していたので私の独りよがりではないはず。
これは映画館という空間で堪能できたことがとても嬉しかったので是非とも上映館を増やしてもらいたい作品。
そして、目が足りないと思ったので是非ともまた再鑑したい。
この映画を、観ることが出来たことを幸せに感じるし、この作品に携わった人全員にありがとうを言いたい。今はそんな思い。

#映画ファン賞2017
MaRiN

MaRiNの感想・評価

3.8
芸術に映画を通して触れることができるのはとても楽しかった
megu

meguの感想・評価

4.9
心震えた。
動く油絵、すごい映画だったんだけど、寝ちゃった。悔しい。
こめい

こめいの感想・評価

4.0
とても良くできた映画。
実はゴッホの絵は観ていて疲れるのであまり好きではなかったのですが、今回の映画を観てとても好きになってしまいました。ゴッホの絵画に登場する人物があのタッチのまま動く、アニメーションのような造りには溜息が出るほど感動してしまいました。それに負けず劣らずストーリーも静かで少し悲しくて、とても心をつかまれました。好みの映画です。また観たい。

2017/11/29(水)映画館にて
きき

ききの感想・評価

3.5
動く油絵はたしかに斬新でみたことのないアニメーションだったけど、なんていうかちょっと単調で、もうちょっといろんなことできたんじゃないかな、とおもってしまったところが残念でもあり今後への期待でもあり。
Sakurako

Sakurakoの感想・評価

3.0
全てが絵で素敵だった、
美術専攻の私には勉強になった。
太郎

太郎の感想・評価

-
2018/02/18@109港北(吹替) #23
穂波

穂波の感想・評価

4.5
アルマンとともにゴッホを知る旅に出る
「動く油絵・ 動く芸術世界」
まさにその通り!ゴッホのタッチの油絵を動かすなんて凄い発想☆素敵な映像だった。ゴッホの想いや孤独。自殺とされているがその死には不可解な点があること。生前800点の絵を残したのに1点しか売れなかった現実…いろいろ想いを馳せる映画だった。
ゴッホの絵を見に行きたくなります。
>|