ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

現代の技術ってスゴイ
Mei

Meiの感想・評価

5.0

これを見てそれまでのゴッホのイメージが一変した。

絵を描く者としてこれは必ず観るべきだ。
まさにこれこそが心で見る映画だと思った。
ゴッホ風絵画で始まり話に入り込めるのか? 心配ありつつも興味深く集中できたー
ゴッホ絵画好きです
同じ時代に街に生きてたら"周りに流されず"ゴッホの本質を見れる側の人でありたい…
ayako

ayakoの感想・評価

4.2
所々現れる名画の再現度がすばらしかった。

ゴッホのタッチで描かれたアニメーションの中、アルマンと同じ立ち位置で一緒にゴッホの追体験をするというすごく、贅沢な時間を過ごせて幸せな気持ちになる。

当たり前だけど、どこを切り取っても、絵画。そして、再生すると絵画が呼吸をしている。ゴッホの愛に溢れた素敵な作品だった。
aym

aymの感想・評価

5.0
予備知識もあまりなく、もうすぐ開催されるゴッホ展の予習として観賞。
想像以上の素晴らしい作品でした!!!
100名以上の画家が、ゴッホの世界観で油絵を描き完成されたというのがまず凄すぎる。
絵をしっかり観るためにも個人的には吹替版をおすすめします。普段は字幕版派ですが、この作品に限っては吹替版でよかった!と思えます。
夜のカフェテラスが動画になってるよ!とか、観ていてすげぇ!と思いっぱなしでした。
実生活で孤独だったからか、絵の中に自分の居場所を見つけていたというのも、ゴッホの絵には寂しさを感じると言われる所以なのかもしれません。
けれど、そのような内に秘める部分に共感するのは時代など関係なく普遍的だと思うし、彼が愛され続ける理由の一つなのだろうと思います。
この作品でより一層、ゴッホ展が楽しみになりました。
山田孝之
ゴッホの絵画タッチのアニメーションという事だけでも見応えがすごい。

絵画は一枚の巨大な感情の塊だと
思ってるんですが、
それがアニメーションとして動くのだから、
超エモーショナルでした。

特に夜のシーンは美しくて、
夜よりも夜らしいようなそんな感じがしました。

映画の色彩構成としては見慣れたものではなかったので、序盤は結構目がチカチカしました。

小学校の頃ゴッホが好きで、
画集や伝記などを読んでいましたが、
彼の書いた手紙のことは詳しく知りませんでした。

" I want to touch people with my art:
he feels deeply, he feels tenderly"

というゴッホの書いた手紙の一節を見て、
こんなにもささやかで美しい希望を持って絵を描いていたんだな、と思い、愛おしい気持ちでいっぱいになりました。
>|