ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価・動画配信

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

yuzuki

yuzukiの感想・評価

5.0
映画を見た帰り道はじめて涙目になりながら家まで帰った。この世にこの映画が存在しているんだと感じるだけで感動してしまう…
贅沢すぎる
こんな映画を1,000円ちょっとでみれるなんて、やばすぎる
なんも言わずにみて感動しろ!
みさき

みさきの感想・評価

4.5
1時間半、動くゴッホの絵、なんて贅沢な時間✨
uri

uriの感想・評価

3.9
一秒一秒が贅沢な映画
真子

真子の感想・評価

3.7
この独特なゴッホならではならではの
タッチの絵画を
アニメーションにしてしまうなんて。
なぜ作り続けるのか?
芸術とは何なのか?
ずっと問いかけてくる。
majizi

majiziの感想・評価

3.9
ゴッホの死後、弟テオへの手紙を巡りながら死の直前の軌跡をたどる物語。

出てくる登場人物は、みんなゴッホの絵のモデルになった人たち。

観たことのある油絵が動くという不思議な感覚。

景色も全て、ゴッホのタッチで目がチカチカするほど。これは凄い!
アニメーションの膨大な作業がうかがえる。

物語はゴッホが選択した死について、謎を紐解くように進む。

壮絶な最期だったけれども、毎日ひたすら絵を描いていた彼の思いは誰にもわからない。

どこまでがフィクションで事実なのかはわからないけれど、とにかく画面の迫力が圧倒的。

ゴッホの絵画のエネルギーが渦巻いていて、映画を観たというより作品をずっと覗いているような、まるでその中に入り込めそうな映像。

私は今までゴッホの絵ってなんかちょっと怖くて好んで鑑賞するわけではなかったけれど、物語を通すとそんな風には感じなかった。やっぱり絵画ってその時代や作者の背景を知ることで理解は深まり、より楽しめるのだなと感じた。
きぃこ

きぃこの感想・評価

5.0
もしも名画が動いたなら……と思うことはあれど、もともと描かれた人々や景色には血が通い動いていたのだと。絵を再び動かすことで、描き留められた人々と、描いた彼自身を、手に届きそうなところにまで手繰り寄せてくれる作品。
>|