ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

ichi

ichiの感想・評価

-
171129 13:45〜
センチメンタル
Masayan

Masayanの感想・評価

3.5
【ピクサーの真逆を行く芸術的アニメーション】

レンタル解禁になったので早速友人勧めのこちらを。

噂通り全面油絵が動くアニメ! これだけですごい。
今までセル、CG、クレイといろいろアニメはあったけどまさに絵画が躍動するとはこういうことなのだと思う。

ストーリーはゴッホの手紙をめぐり彼の生き様や死の真相に迫る。サスペンス調ではあるが内容はドキュメンタリー、ゴッホの事がよく分かる。

完全オトナ向けでピクサーのような夢と希望のハラハラドキドキはありません笑

物語も演出もかなり玄人向けですが、芸術への関心を深めるには良いと思う。
Gatt

Gattの感想・評価

4.2
凄いとしか言いようのない映像世界!
下地で俳優の演技があるにせよ、全てがゴッホの油絵タッチ!

ゴッホの死にまつわる謎をゴッホの絵の世界観で追いかける。
これはもの凄い企画の映画です!
100人のアーティストによるゴッホのタッチで手描き映像。今までに見たゴッホの絵の中に居る。一つ一つの表情や動きも、油絵と光の動きでコマ全てが絵画。
場面展開のタッチが風に煙が流れるような変わり方をしていくのも、美しく編集されている。

また、映画の進化と凄さを見た。
堀江

堀江の感想・評価

4.8
ごめん内容とかほんとごめんどうでもよくてさ、すごない???すごいよねこれ???
冒頭からずーーーっと画面見てた。1秒も飽きない、すっごい!!!綺麗!!いい!!大好き!!描く側で想像したら吐きそうになる。

フィンセントがさ、部屋で洗面器みたいなやつに手を入れて、水面に顔が映って……ってシーンの、波紋に水滴が落ちてまた波紋が広がるところ、あのアニメーションがすごすぎて、もう凄すぎた。

星月夜とか夜のカフェテラスとか有名な絵が動画として出てきて楽しかった。
ゴッホが好きなので、
余計に楽しめました。
ゴッホの絵、生きざまに
興味がある人は見て損はないです。

詳しくない人が見て
どれほど楽しめるかは
わかりませんが、
ミステリーとしても
それなりに楽しめます。
Rinko

Rinkoの感想・評価

4.0
もうね、映画自体が芸術作品
世界中から選抜されたアーティスト125人が作りあげた動くゴッホの油絵映画。

青年アルマンが亡きゴッホの手紙を届けに行くのだが話は死の理由の解明へと展開していく。

自殺か他殺かあるいは事故なのか。
真実はどうあれゴッホ含めミステリアスな登場人物が多く良作。
100人の画家によって製作されたアニメーション映画。ゴッホの画風をそのまま再現した背景やキャラクターが滑らかに動き、まるで絵画の世界に飛び込んだ化のような感動を与えてくれる。

物語はゴッホの自殺から一年後、彼が弟に宛てて遺した一通の手紙から始まる。主人公は郵便局長の父から手紙を届けるよう頼まれ、やがてゴッホの死没した地オーヴェル・シュル・オアーズへと旅立つが……という話。ルーラン家とゴッホの関係など、大まかな背景を理解していないと最初は少し戸惑うかもしれない。

本作は伝記映画というより、むしろゴッホの死因をめぐる社会派ミステリーだ。物語はゴッホの周辺人物の聴取と検証が軸になっているのだが、誰もが何かしら秘密を抱えており一筋縄ではいかない。ゴッホの自殺によって陰鬱さが漂う田舎町オーヴェルに部外者の主人公が現れ、住民たちの影を暴いていく様はツイン・ピークスのようである。誰の証言が信用できるのか、何故ゴッホは死を選んだのか、最後の手紙には何が書かれているのか? そういった謎を解き明かしつつ、主人公はゴッホの生前像に迫っていく。

もちろん、ミステリ的な楽しみ方だけが魅力ではない。南仏の穏やかな景色や、月夜に彩られた夜のカフェテラスなど、ゴッホの作品に見られるモチーフが頻繁に登場するので純粋な絵画的鑑賞を楽しむのもよいだろう。『タンギー爺さん』や『悲しむ老人』をはじめ、『郵便配達人ジョゼフ・ルーランの肖像』や『ラ・ムスメ』といった有名肖像画の人物たちが生命を吹き込まれ、生きた姿で登場するのも嬉しい。ゴッホに興味がある方もない方も、他では決して味わえない絵画の世界を存分に体験してほしい。
>|