ゴッホ~最期の手紙~の作品情報・感想・評価

ゴッホ~最期の手紙~2017年製作の映画)

Loving Vincent

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:96分

4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それと同時に募る疑問が一つ。ゴッホの死の本当の原因は何だったのか?そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

「ゴッホ~最期の手紙~」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.5
油絵がぬめぬめと動くこの感覚なかなか味わえない。
ストーリーはもちろんだけど、絵が素敵すぎて。
見たことのあるモチーフが出るとなんだかにんまり。

これに関しては吹替もとてもよかった。
Charles

Charlesの感想・評価

4.7
125名の画家が描く油絵で紡ぐとても敬意にあふれたアプローチが素敵だと思った。

大学の頃に美術がすきになったきっかけの人物。ゴッホの自伝映画はもう何本も見ているけれど、こんな温度感のものは初めてだった。
視点がアルマンだからなのかな。夏目漱石とかの明治の文豪的な死生観がゴッホにはあるんじゃないかと思う。
間違いなくこれは愛と私は思いたい。素晴らしい映画でした。
タカ

タカの感想・評価

4.1
今まで観たことの無い油絵で描かれたアニメーション
ゴッホのタッチで描かれていて、最初から最後まで美しく、ストーリーもサスペンス風で引き込まれる。
もっとゴッホの描いた絵画について知りたくなる映画。
Haru

Haruの感想・評価

3.9
絵が綺麗過ぎてどの場面でも絵を見ていまう。
内容が入ってこない(笑)
それでも最後の死んだ事実だけは真実でそこだけはしっかりまとめられてた。
この映画もゴッホの作品と同じなんだなぁ

中身はない。だから脚色する事で完成する。
今という時はこんなにも輝いているのに人は過去や未来に生きている
iri

iriの感想・評価

-
青色がきれい。
Aymi

Aymiの感想・評価

3.7
小学生の頃からの憧れの人。
本当に存在したんだと実感がリアルに湧いて
序盤で泣きそうになった。
でも人物が妙に写真っぽくて残念。
映像を写したのか、と萎えた。
巨匠には100人の画家を合わせても叶わない。
SK

SKの感想・評価

3.8
125名の画家たちでゴッホのタッチで描かれた油絵の映画。

62450枚の油絵がこうして動く油絵になるのは凄く感動したけど
チカチカと動く絵を1時間半見るのは少し疲れてしまった。
もっとゆったりとした形で観たいものだ。
幸

幸の感想・評価

3.5
ゴッホ風の美しいアニメーションと綺麗な音楽が良かった。

ストーリーはゴッホが自殺した真相に迫るというもの。主人公のアルマンが、いろいろな人へと聞き込みを行い、結局真相はよく分からない。けれど、いかようにも解釈して良いと思う。
ゴッホは別に自分の死の真相を他人に知ってもらいたい等とは思ってないだろうから。

「夜のカフェテラス」や「タンギー爺さんの肖像画」(題はうろ覚え)等有名な絵を観て楽しんでいるような、不思議な気分になった。やっぱり映画館で観たかったなぁ。
油絵によるアニメーションがとにかく美しい。ストーリーもミステリー調で面白かった。所々、ゴッホの描いた絵と全く同じシーンが出てくるのも面白い。
kamotaro

kamotaroの感想・評価

3.5
実写でも、、、
>|