ジオストームの作品情報・感想・評価

ジオストーム2017年製作の映画)

Geostorm

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.6

あらすじ

未曾有の自然災害に襲われ続ける地球・人類を守るため、世界各国が団結。最新テクノロジーを搭載し天候を制御できる気象宇宙ステーションを開発する。それにより、もはや災害は過去のものとなっていた。 だが運用開始から2年後、地球を守ってきた“宇宙ステーション”はウィルス感染により大暴走。地球に猛威を振るい始めた。 不可解な異常気象を次々と引き起こす宇宙ステーションの暴走は止まらず、[銀座のど真ん中で降り注…

未曾有の自然災害に襲われ続ける地球・人類を守るため、世界各国が団結。最新テクノロジーを搭載し天候を制御できる気象宇宙ステーションを開発する。それにより、もはや災害は過去のものとなっていた。 だが運用開始から2年後、地球を守ってきた“宇宙ステーション”はウィルス感染により大暴走。地球に猛威を振るい始めた。 不可解な異常気象を次々と引き起こす宇宙ステーションの暴走は止まらず、[銀座のど真ん中で降り注ぐ直径 5m級の巨大 な雹(ひょう)][同時多発しすべてを飲み込むインドでの巨大な竜巻][リオデジャネイロでは常夏の海が瞬時に氷結化][香港の地底マグマによるビルのドミノ倒し]・・・と様々な超異常気象を作り出し、やがてそれら災害が同時多発で起きてし まう地球壊滅災害“ジオストーム”の発生まで残された時間はわずか。地球・人類は未だかつてない危機に遭遇してしまう。 人類滅亡までのカウントダウンが始まる中、宇宙ステーションの暴走を止める為に立ち上がったのは、その生みの親である天才科学者のジェイク(演:ジェラルド・バトラー)と、ジェイクの弟で天才政治家マックス(演:ジム・スタージェス)。 ジェイクをリーダーとした世界中の科学者が集まった宇宙チーム、そしてマックスを中心とする地上チームはこの地球の危機を救えるか―。

「ジオストーム」に投稿された感想・評価

正にポップコーンを食べながら観る映画!
『インデペンデンス・デイ』『2012』『デイ・アフター・トゥモロー』など何度も観たことあるようなシーン満載のディザスタームービー(災害映画)。


“もし天気が操作できて、その天気が制御できなくなったら?”ていう子供が純粋に考えたみたいなストーリー。(※褒めてます笑)


しかし意外とサスペンス要素がメインな感じで、ディザスターな部分はちょい出ししていく感じで、宇宙シーンが多め!

しかしサスペンスとはいえ、見え見えなストーリー展開なんで頭空っぽでボーッと観て楽しめる感じなんですね。さすが!笑

そして救ったあとは、尋常じゃない程の被害が出てるけど御構い無し!笑


まぁ〜ありきたりで新鮮味がないと言ってしまえばそうなんですが…!( ̄▽ ̄;)

なんか本当に「映画観たな〜」と思わせてくれる王道スタイルと言いますか、懐かしいあの子供の頃のワクワク感と言いますか!(゚∀゚)

そういったものを感じさせてくれる映画でしたね!

たまにこういう王道スタイルの映画を作ってくれるのも有難いし、観るのも大事だなと思いました笑


技術も進歩してるし、監督が『インデペンデンス・デイ』の脚本・製作をやってた人の初長編監督作品。

だからかなんか、大きいモノ(災害表現とか宇宙ステーション)と人間との対比表現が凄く迫力がある描写になっていて純粋に楽しめる。

特に宇宙シーンは良かったね!


役者陣のコメントでもあるように「“団結”とかテーマはあるが、理屈抜きで楽しめる娯楽品。」

正にこれですね、一言で言うと!笑

まぁディザスタームービーというものが割と好きな自分の個人的意見なんでね、前述した作品が好きだったり楽しめた方ならこの映画もイケると思います!


週末に映画館に行って、深いこと考えずに楽しんで、あんま頭に残らないけど気持ち的には満足してる。

そんな昔懐かしの気持ちにしてくれる映画でした!


個人的には少なくとも『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』よりは遥かに面白かったです笑



ちなみにIMAX3Dで観たのですが、オススメです!

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
世界に異常災害が発生し、人々は死の恐怖を感じていた。ジェイクは災害を予測し、防止する衛星ダッチボーイを開発。
3年後、ダッチボーイが突然異常動作を起こし、アフガニスタン、香港と攻撃をし、数百人の死者を出す。
ダッチボーイを修理する為、宇宙に再び飛び立ったジェイク。
ステーションに到着すると、何者かがジェイクの行動を観察し、殺そうとするふりをしていた。
犯人ら通信システムを管理している男が犯人で、黒幕はジェイクを指名した大統領の補佐官が犯人であった。
犯人は捕まり、ジェイク達も脱出しようとするが、脱出する術がなく、ここまでかと。その時、脱出用のポットを発見し、無事に脱出に成功する。
そして、無事に地球へと生還した。

【感想】
アルマゲドンとデイアフタートゥモローを足して2で割った感じ。映像は綺麗だけど、内容は薄く、あまり面白くなかった。
hiromix

hiromixの感想・評価

3.8
映像が綺麗。

天候を科学で操作する世界。近い将来、そうなるんだろうと思うとリアリティがあった。

ストーリーは下手だけど、ハッピーエンドにしてくれたのはいいね!

‭シークレットサービスのフィアンセ、カーチェイスが凄すぎる 笑
Tomomi

Tomomiの感想・評価

5.0
めちゃめちゃ面白かった……
予告の時点で面白そうだと思ってたけど、似てるような宇宙映画あるよな〜って思ってたらビックリ!

24のような、フライトゲームのような、黒幕を暴くまでの緊張感と迫力が最高でした。なんで映画館で観なかったんだろう。泣
ディーンデヴリン監督はエメリッヒ映画に関わっていたようでエメリッヒ映画を観ているよう。インデペンデンス・デイ、アルマゲドンあたりからのディザスター映画ブームのノリをそのまんま現代でやった感じ。私も当時はディザスター映画にハマったが、同じノリはちょっと飽きた感はある。集中力が切れてしまった。
you

youの感想・評価

3.2
絶望感がすごい。
あ

あの感想・評価

1.0
めっちゃおもんない笑
CORO3

CORO3の感想・評価

2.5
DVDで鑑賞。
公開当時は都合がつかずに劇場で観れなかった。
設定からドイヒーそうな作品で、楽しみにしてた。

ジェラルド・バトラーが科学者?
いつ「あーい、あむ、すぱるた!!」って言わないかと期待したぞww

未曽有の気象災害から地球を守るために、数千の人工衛星を打ち上げて、気候をコントロールできるシステム“ダッチボーイ”が作られた。

開発チームのリーダーだったジェイクは、許可なく行動したり、政府や役人への批判がたたって、リーダーを弟のマックスに取って代わられる。

それから3年。ダッチボーイの管理を開発を主導したアメリカから、国際機関に引き渡される間際、アフガニスタンの村が丸ごと凍り付く事故が起こる。
ダッチボーイの欠陥ではないかということで秘密裏に対処しようとするアメリカは、解任したジェイクをダッチボーイの運営を行っている国際宇宙ステーションに派遣する。

香港では大規模なガス爆発が起きるが、それもダッチボーイが気温を高くしたことが原因だった。

いろいろと何かを知ったと思われる人間が殺されていく。

ジェイクは、アメリカ政府、それも大統領の陰謀であると弟のマックスに伝えるが…

何だろう。予告編だけで良かったよこれ。
ディザスタームービーとしての映像が中途半端。そしてほぼすべて予告編で観たやつや…
予定調和な展開、オチもまぁそうだよねっていう完全に読めるのは久々かも。

そして、娘の話いる?まったく関係ないじゃん。

コンピュータウイルスぐらいでああなっちゃうセキュリティがぼろぼろのシステムなんて、現時点でも存在しねーよ。
しかも、再起動しただけで除去できただと?

ツッコミどころがマジすぎて、ドイヒーさを感じられず、残念だった。
劇場行かなくて良かった♪ww

2018-059
>|