ジオストームの作品情報・感想・評価

ジオストーム2017年製作の映画)

Geostorm

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.6

あらすじ

未曾有の自然災害に襲われ続ける地球・人類を守るため、世界各国が団結。最新テクノロジーを搭載し天候を制御できる気象宇宙ステーションを開発する。それにより、もはや災害は過去のものとなっていた。 だが運用開始から2年後、地球を守ってきた“宇宙ステーション”はウィルス感染により大暴走。地球に猛威を振るい始めた。 不可解な異常気象を次々と引き起こす宇宙ステーションの暴走は止まらず、[銀座のど真ん中で降り注…

未曾有の自然災害に襲われ続ける地球・人類を守るため、世界各国が団結。最新テクノロジーを搭載し天候を制御できる気象宇宙ステーションを開発する。それにより、もはや災害は過去のものとなっていた。 だが運用開始から2年後、地球を守ってきた“宇宙ステーション”はウィルス感染により大暴走。地球に猛威を振るい始めた。 不可解な異常気象を次々と引き起こす宇宙ステーションの暴走は止まらず、[銀座のど真ん中で降り注ぐ直径 5m級の巨大 な雹(ひょう)][同時多発しすべてを飲み込むインドでの巨大な竜巻][リオデジャネイロでは常夏の海が瞬時に氷結化][香港の地底マグマによるビルのドミノ倒し]・・・と様々な超異常気象を作り出し、やがてそれら災害が同時多発で起きてし まう地球壊滅災害“ジオストーム”の発生まで残された時間はわずか。地球・人類は未だかつてない危機に遭遇してしまう。 人類滅亡までのカウントダウンが始まる中、宇宙ステーションの暴走を止める為に立ち上がったのは、その生みの親である天才科学者のジェイク(演:ジェラルド・バトラー)と、ジェイクの弟で天才政治家マックス(演:ジム・スタージェス)。 ジェイクをリーダーとした世界中の科学者が集まった宇宙チーム、そしてマックスを中心とする地上チームはこの地球の危機を救えるか―。

「ジオストーム」に投稿された感想・評価

かん

かんの感想・評価

3.7
かなりのめり込んだ。

災害系あるある。
始まりは空の異常気象で、終わりは空をみんなで見上げるっていう。
空で始まり空で終わる。

昼間のだったし、人少なかったし、最高だね。ぼっちの映画も大好き。
ネタとては面白いお手軽アルマゲドン系映画。

ストーリーはアプリ参照って事で。要は衛星で地球上全ての天候コントロールしたら、それが暴走して地球がヤバイ→タイムリミットは残り僅か→政治家に嫌われてチームから外された元衛星設計者しか救える人はいない。って感じで地球滅亡の危機を救いに少数チームがタイムリミットある中頑張りますっていう。ええ、よくあるやつです。

そんな中、宇宙側の主役に地球の政府側で働く弟が居て、兄弟の絆だったり、弟の恋人のシークレットサービスが居て恋愛(薄め)だったり、そもそもの黒幕を探すサスペンス風味だったり、割と色々詰ってます。この辺もよくあるやつです。あ、主役には小さい娘が居ますのでその辺もええ、ベタな感じです。勿論地球に置いてく奴です。

この系統の映画はどんな地球滅亡する危険を描くか、がポイントにはなるんですけどもこの場合それが面白い。そもそも衛星で天候を完全にコントロールしてるっていう設定を生かし、「マリンスポーツしているビーチに超絶寒波が襲い波から全て凍りついていく」とか「砂漠のドバイに津波が襲う」「雪の世界のモスクワが蒸発していく」とか。宣伝や予告で流れてる映像ですね。でも逆に言うとその部分しか面白い所が無いのですよね。宣伝の所だけ面白いっていうと個人的には某プロデューサーを思い出しますが。

そんな面白い天候異常シーンがあるこの作品。それ以外はどうかというと。とても解り易いです。先にキャラクターがよくある感じと書きましたが、展開もよくあるやつです。観てて解り易い程「悪人顔してる人は実際悪い」「犯人っぽい人は本当に犯人」「主役の予想は全部当たる」個人的に良いキャラだったのは大統領位でしょうか。それなりに追い詰められ、それなりに親しい人を和解し別れ。ギリギリでどうにか滅亡の危機からは救われる。そういやビーチの女性最終的に助かったんでしょうか?

全般的に漂うこのお手軽感。別に悪いわけでは無いのですが。「天気災害絵的に面白いなー」以外何も残りません。頭からっぽにして気楽に見れる作品ではあります。どれだけ予想した展開になるか、と考えながら見たら面白いかもしれませんね。
MASA

MASAの感想・評価

3.4
天災モノのお約束な映画

平穏な生活を襲う天災をおっさんがどうにかする王道なストーリー

目新しさは皆無だけど、深く考えずに頭空っぽで観るにはちょうどいい作品


こういう映画って何かにつけてカウントダウンがあり、絶対ギリギリでどうにかする
そして歓喜するNASAの人達。
このテンプレを何回観たことか…


10年前はフィクションだったけど、最近の異常気象を見てると現実でもありえそうな気がしてくる

津波で溺れ死ぬのはやだなぁ

このレビューはネタバレを含みます

【ストーリー】
世界に異常災害が発生し、人々は死の恐怖を感じていた。ジェイクは災害を予測し、防止する衛星ダッチボーイを開発。
3年後、ダッチボーイが突然異常動作を起こし、アフガニスタン、香港と攻撃をし、数百人の死者を出す。
ダッチボーイを修理する為、宇宙に再び飛び立ったジェイク。
ステーションに到着すると、何者かがジェイクの行動を観察し、殺そうとするふりをしていた。
犯人ら通信システムを管理している男が犯人で、黒幕はジェイクを指名した大統領の補佐官が犯人であった。
犯人は捕まり、ジェイク達も脱出しようとするが、脱出する術がなく、ここまでかと。その時、脱出用のポットを発見し、無事に脱出に成功する。
そして、無事に地球へと生還した。

【感想】
アルマゲドンとデイアフタートゥモローを足して2で割った感じ。映像は綺麗だけど、内容は薄く、あまり面白くなかった。
hiromix

hiromixの感想・評価

3.8
映像が綺麗。

天候を科学で操作する世界。近い将来、そうなるんだろうと思うとリアリティがあった。

ストーリーは下手だけど、ハッピーエンドにしてくれたのはいいね!

‭シークレットサービスのフィアンセ、カーチェイスが凄すぎる 笑
Tomomi

Tomomiの感想・評価

5.0
めちゃめちゃ面白かった……
予告の時点で面白そうだと思ってたけど、似てるような宇宙映画あるよな〜って思ってたらビックリ!

24のような、フライトゲームのような、黒幕を暴くまでの緊張感と迫力が最高でした。なんで映画館で観なかったんだろう。泣
ディーンデヴリン監督はエメリッヒ映画に関わっていたようでエメリッヒ映画を観ているよう。インデペンデンス・デイ、アルマゲドンあたりからのディザスター映画ブームのノリをそのまんま現代でやった感じ。私も当時はディザスター映画にハマったが、同じノリはちょっと飽きた感はある。集中力が切れてしまった。
you

youの感想・評価

3.2
絶望感がすごい。
>|