ザ・コンサルタントの作品情報・感想・評価

ザ・コンサルタント2016年製作の映画)

The Accountant

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:128分

3.7

あらすじ

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべて…

田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフに舞い込んだ、大企業からの財務調査依頼。 彼は重大な不正を見つけるが、なぜか依頼は一方的に打ち切られる。 その日から、何者かに命を狙われるウルフ。 実は彼は、世界中の危険人物の裏帳簿を仕切る裏社会の掃除屋でもあったのだ・・・。 年収10億円、天才的頭脳を持ち、最強のファイターでもあり、命中率100%のスナイパー。 本籍・本名・私生活、そのすべてが謎に包まれた会計士が、アメリカ政府、マフィア、一流企業に 追われてまで危険な仕事に手を出す本当の理由とは?

「ザ・コンサルタント」に投稿された感想・評価

序盤からの謎をちゃんと回収していって、種々の問題にもある程度の決着もつけ、概ね満足できる。頭を働かせながら見ている方が楽しめる。ベンアフレックの演技は素晴らしかった。
作品全体の評価というよりも、あるシーンの、ある決定的な金言に奮える。面白いけど、自分にとって核心的な作品になった。5.0!
WOWOWで録画した『ザ・コンサルタント』を見る。暗い影を引きずった、一見冴えない男が、実は凄い殺人マシーンだったという意味では、『ジョン・ウイック』の路線なのかな。でも、どちらかと言えば、発達障がいという非常にデリケートな問題に踏み込んでもいて、社会派の要素も感じられた。
主人公の人物造形は、よく描けていた。食事は3枚のパンケーキに3個の目玉焼きに3切れのベーコン。ホワイトボードに厖大な経理情報を書く際に、次から次へとマーカーペンを使ってはゴミ箱に投げ入れるところとか妙に格好良かった。
バスの中で鑑賞🚌
設定が面白かった!内容は普通(笑)
展開がすぐわかっちゃったのが残念。
ベンアフレックかっこいい♡
クワン

クワンの感想・評価

3.5
雨の休日。

ベン・アフレックって主人公顔では無いと思う。
地味だ。地味なのだ。
でも、本作のキャラクターには非常に合っている。

アナ・ケンドリックの魅力もっと観たかった。
J・K・シモンズたち刑事側との直接的絡みも観たかった。

主人公の葛藤が少年期とのカットバックで沁みてくる。
アクション25、サスペンス35、ヒューマン40のバランス感がいい。

そして、「ウォーキング・デッド」のジョン・バーンサルが非常にいい味を出し、そして、クライマックスのベン・アフレックとの邂逅がなかなか印象深い。

このレビューはネタバレを含みます

最初あまり集中して見てなかったのだけれど(笑)
途中から面白いのなんのって。
きちんと話が作り込まれててわかりやすいし、回収もちゃんとしてる。
ベン・アフレックめちゃくちゃ強いし。
そしてなんかしっとりとする心地よい空気…
見たあとの余韻がずっと残ってる良い映画だった。


途中、もしかして敵対する殺し屋は弟なんじゃ??と思ったらほんとに弟で、さすがにそこは、いやいやいやマジかwwwとなったけど、なんかほっこり。

え?続編制作ですって!?
えーどんな話になるんだろ!
バットマンでしか知らなかったから、バットマン同様強いけど対極的に人と関わりたいけどできない孤独感というかどこか迷子の子どもみたいな、頼りない雰囲気を醸し出すベンアフレックが新鮮。

自閉症っていうテーマのリアルさはどうか分からないけど今までにみたことのないストーリー性のアクション映画で満足。伏線もおおー!ってなる感動。
CMのせいでなんか爽快活劇かと思ってたけど全然違った。おろしろかったけど見たかったのはこれじゃなかった感。

繊細な話題を丁寧に描いた作品でした。
>|