レゴバットマン ザ・ムービーの作品情報・感想・評価

レゴバットマン ザ・ムービー2017年製作の映画)

The Lego Batman Movie

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:105分

3.9

あらすじ

ゴッサムでは大きな変化が起ころうとしていた。ジョーカーの敵意むき出しの乗っ取り計画から街を救いたければ、バットマンは一匹オオカミの自警団をやめ、ほかのヒーローたちと協力して戦わなければならない。バットマンはロビンと一緒にどのような戦いを繰り広げるのだろうか!?我々が予想もしないスーパーキャラクターも登場し、「レゴ ムービー」のスケール、ストーリー、キャラクターの数、すべてを上回る、レゴバットマン…

ゴッサムでは大きな変化が起ころうとしていた。ジョーカーの敵意むき出しの乗っ取り計画から街を救いたければ、バットマンは一匹オオカミの自警団をやめ、ほかのヒーローたちと協力して戦わなければならない。バットマンはロビンと一緒にどのような戦いを繰り広げるのだろうか!?我々が予想もしないスーパーキャラクターも登場し、「レゴ ムービー」のスケール、ストーリー、キャラクターの数、すべてを上回る、レゴバットマン ザ・ムービーが出来上がる!

「レゴバットマン ザ・ムービー」に投稿された感想・評価

レゴのムービーシリーズの中でも、数あるバットマンの諸作の中でも、トップレベルのできばえで、いやはや、恐れ入りました。

まず映像表現ですが、レゴムービーをご覧になったかたならご存知のように、まるでレゴの玩具をストップモーション撮影したとしか思えないような、完璧にアナログなライティングと質感とモーション。CGなのにCGに見えない。これ相当レベルの高いことやってます。

序盤で、戦いに勝利したバットモービルが、隅から隅までレゴで構築されたゴッサムシティを駆け巡るシーンなんか、息を飲む美しさです。

またストーリーのほうもよく出来ています。アクション、ギャグ、メタフィクション的な語り、すべてがローラーコースターのようにめまぐるしく展開。

といってもすべてがガチャガチャと進行するわけではなく、メリハリのある脚本で、メロウなパートでは、スーパーヒーローの孤独、ヒーローとヴィランの相似形な関係、ヒーローにとって家族とは、といった本質的なテーマが分かりやすく(ギャグとともに)語られます。

子ども向けと敬遠されがちな題材で、かつ子どもには理解できないような内容を含んでいるので、あまり話題には登らない作品かと思いますが、ぜひいちどご覧ください。
maki

makiの感想・評価

3.5
ヴォルデモート出てきて笑った(笑)
街が割れてもパチってはめるだけで直っちゃうのがレゴ!
いろんなものがつまってる。
とりあえずセレンディピティ観よう。
レゴ、可愛い
吹替で。
バットマンもDCコミックス関連もほとんど見たことないのですが、普通に面白かったです。
レゴでやるとポップでコミカルな感じになります。
えな

えなの感想・評価

3.7
バットマンシリーズ観てると思ってしまうモヤモヤを笑いにしてて楽しかった。普段字幕派だけど吹替のほうが面白い。
子どもと鑑賞。小ネタ満載で、めちゃ面白い。小島よしおのロビンが良い。バットマンの声がすごく低くて渋いのに言ってることがくだらないのがまた最高。
af

afの感想・評価

4.0
めちゃくちゃ面白かった!
バットマン自体初めて見るので過去作ネタは分からなかったんだけどそういう共有や前提知識がなくても大丈夫なやつだった
なんでレゴなんだろう?と思ったらわりとレゴならではの演出やら解決策(特にラストwww)やらあって可愛くて良かった
可愛いといえば「やべっ」て感じで去っていく怪獣がお気に入り
全編コメディ調だけどバットマンが恐怖するものは何かっていうところとその克服の過程きっちり描いてて良かったしジョーカーも良かった…
のかみ

のかみの感想・評価

3.8
ロビンとジョーカーがかわいい。
LEGOも侮れぬ

実写版よりはかなりポップでカラフルに仕上がってはいるが、テーマはバットマンの孤独というギャップが面白い。

ヒーローとして戦うバットマンは常に家族や大事な人を失うリスクと共にある。それ故にバットマンは常に自ら孤独の道を選んで来た。その辛さがアニメながらに無駄なセリフ無しに表現されていて良かった。

全体的に子供向け感は否めないが、とても楽しめた。
>|