イチロヲ

紅夜夢のイチロヲのレビュー・感想・評価

紅夜夢(1983年製作の映画)
3.5
大病を患っている夫(山本伸吾)を養うために、富豪の慰み者にされている夫人(親王塚貴子)が、一途な恋心を向けてくる放浪者(小林稔侍)の援助を受けながら、逞しく生き延びようとする。かつて実在した人物、高橋お伝の半生を綴っている、日活ロマンポルノ。タイトルは「こうやむ」と読む。

実在の高橋お伝は、殺人および窃盗により、明治9年に拘留、同12年に斬首刑になっている。本作では、拘留されてから時系列を遡るかたちで、お伝が自身の半生を語っていく。明治期を再現している舞台セットの完成度は言わずもがな。多彩な小道具にも目を引かれる。

「たとえ今はダメな男であっても、その男の芽が出るまで、献身的に尽くしていく女性」の数奇な運命。好きな男と一緒に居たいだけの女と、ダメな自分にクヨクヨするばかりの男の、心のすれ違いを主軸にしながら、当時の貧民層の生活困窮がもたらす、ネガティブの連鎖が描かれる。東映での仕事が多い名和宏が出演しているのも見どころ。

結果論になるが「年季が開けるまで廓で働いたほうが良かったのでは」なんてことを思ってしまう自分がいる。本作のお伝は容姿端麗な女性として描かれているわけだし、夜鷹なんてやっているほうが不自然。この「演者の容姿とやっていることのギャップ現象」はノンフィクションに付随するものなので、どこかで割り切りが必要ということだろう。