Satsuki

ヒトラーへの285枚の葉書のSatsukiのレビュー・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)
-
正義のために葉書を書き続ける中で、ゆっくりじわじわ追い詰められる感じがすごくハラハラした、けどナチス映画特有の痛いシーンはないし、大きなドラマもない静かな映画
ドイツが舞台なのにずっと会話が英語だったのはちょっと不自然だったな