ゴンちゃん

ヒトラーへの285枚の葉書のゴンちゃんのレビュー・感想・評価

ヒトラーへの285枚の葉書(2016年製作の映画)
4.2

1940年、ベルリンで、
オットー(ブレンダン・グリーソン)とアンナ(エマ・トンプソン)夫妻は、
一人息子ハンスの戦死の知らせを受け取り、
その後、政権批判を書いた葉書を街中に置くようになり、、、


監視社会の中、
お互いに心を閉ざし、
息の詰まるような生活を送る市民。
何がなんでも犯人を検挙しなければならないエシャリヒ警部(ダニエル・ブリュール)。
やりきれないですわー
。゚(゚´Д`゚)゚。

一見、この夫婦の小さな抵抗に見えますが、ナチや警察を混乱させるし、
また、小さな抵抗が集まっていけば、大きなものにもなっていくということができたのにね〜
ってなことも感じさせられました。


この邦題からして、ヒトラーに直接渡すのかと思いましたが、違いましたよ〜
この当時を描く作品の邦題って、やたらと「ヒトラー〜」を使うの多くありません?